2007年06月
05月分 ← 一覧 → 07月分

戻る

日記にリンクを張る場合はアドレスの最後に「#日付」と入力すれば、その日に飛びます(01〜31)。
(例:200111.html#28→01年11月28日)


06月28日(木)

 藤原伊織『テロリストのパラソル』、の角川版を読了。面白かったよ。

 ……最近、本を読んでもこれ以上の感想を書けない。なんつーか本の中身を整理して読むことができなくなっている気がする。面白いのは確かなんだが。どーも最近の俺は、理解することを放棄して勢いだけで本を読んでいるような気がしてならんのだが、これは読む本の難易度が以前に比べ上がってきているためにそうなっているのか。それとも俺がどうにもおバカさんだからなのか。
 要するに、俺は俺が読んだ本をきちんと理解できている自信がないのだ(←そんなことを考えてしまう時点で、その本は面白くなかったんだと言われると反論できないが)。それが悪いとは思っていないが、あまりに適当に読んで「ハイ終了〜あぁ面白かった〜」ではいくらなんでもダメだろう、とも思う。世間の評価に流されているだけなんじゃないかと不安になってくるのだ。
 とりあえずまた時間を置いて再読してみる予定ではある。

 ちなみにここ最近の間に読んだ本にはこの状態になっているものが結構あり、『幼年期の終り』『戦闘妖精・雪風』『グッドラック 戦闘妖精・雪風』などが該当。どれも面白かったとは思っているし、再読するつもりもあるんだが……。うーむ。

 本日の買い物。小説『ひまわりの祝祭』、同じく『人類は衰退しました』。前者は『テロリストのパラソル』と作者が同じなので買ってみた。後者は作者の人がエロゲ関係では結構有名なシナリオライターさんらしいので気になっていたのだが、評判いいようなので購入。

 明日は「最近のゲームのBGMは控えめなのが多い気がする」とか、そんな感じの話でもしてみる予定。


06月26日(火)

 本屋に行ったら『ローゼンメイデン』の8巻が出ていたんだが、これが異常に薄くて泣けた。トホーイ。雑誌連載だけではページが足りないというのはわかっていたから、せめて書き下ろしとかでもうちょいページ数稼いでくれるかと思っていたのだがー。よもやそのまんまで出すとはー。……この連載、別の雑誌に移籍して続いてくれると信じてはいるが(ちなみに根拠はない)、なんか微妙に不安になったよ、あの8巻を見たら。
 頼むから早く別の雑誌で続きを連載して欲しいものよ……一説に拠れば週刊マガジンで隔週連載を始めるとかいう噂だが、どうなんだろうなあ……。あ、あくまで噂ね。

 世間で話題の『モンスターハンターフロンティア オンライン』(以下MHF)など遊んでみた。

 少し前まで、俺はこのシリーズに対して全く知識がなかった。何しろ無印〜PS2版『2(DOS)』が人気の頃までは、「なんか人気らしい」程度にしか知らず、ゲームの中身は「『PSO』みたいなゲームなんだろうなあ」程度か思っていなかったくらいだ。そう、俺はこのゲームを(ネトゲには腐るほどある)三人称視点のクリックゲー程度に思っていたのだ。(俺の大好きな)ハック&スラッシュ要素を持った(俺の大好きな)アクションゲームだなんてちっとも思っていなかったのだ。あ、一応断っておくと、『PSO』はネトゲの中では大分好きなほうです。
 が、PSP版の二作目が世間で人気になり、俺のようなアンテナの低い奴にも情報が届くようになるにつれ、それなりに興味も湧いてきて、遊んでみようかなーどうしようかなー、と迷ったりしていて、そんな時期に『MHF』の情報が耳に入り、折角だから遊んでみるかと思ったわけだ。途中までは無料で遊べるわけだし、体験版としても都合が良かろう、と。雑な俺にしては珍しいことに、クライアントもきちんと事前にDLしていたりしたのだ。

 そいで本日ようやっとプレイしてみた。ちなみに昨日は素晴らしいログインゲー(あまりに酷い込み具合のため、ログインできるかどうかを競う状態を指す言葉)と化しており遊ぶ遊ばないどころではなかった。
 で、早速プレイしてみたわけだが、とりあえずだ、キーボードで遊ぶゲームじゃねえというのはよくわかった。

 俺ァてっきり、普通のTPSみたいな操作系統かと思っていたら全然違うのな。マウスでカメラ移動、左クリックで攻撃というスタイルなんだろーなー、とか思っていたら、マウスで移動方向の指定、左クリックでキャラの移動なのなー。一応生肉取得クエストはクリアして、マイハウスでハンマーを振り回してはみたが、操作があまりにキツくて正直少々辛かったわい。

 とりあえず360の有線コントローラーを繋いで非公式ドライバ使って設定を済ませてしまおう(公式よりも非公式のほうが評判いい)。面白いかどうかはまだわからんが、明日も遊んではみる予定。


06月25日(月)

 先日再購入した『バレットウィッチ』。以前「最初のステージを繰り返しプレイして、主人公の武器レベルを上げれば面白くなる」という話を聞いたので試してみた。……成程、確かに火力が上がって雑魚を蹴散らせるようになり、それなりに楽しくはなる。だが、うむ、やっぱり撃ち合いがつまらねえのは同じだ。

 このゲームの撃ち合いのつまらなさは、主人公の火力の低さゆえに敵が死ににくいってのもあるが、敵の所在がわからねえってのもあって(画面が暗いのが主な理由。しかも明度の調整はテレビ側で行うしかなく、かなり明るくしないと暗くて仕方ない)やっぱ基本的なところでこのゲームは微妙だ。いや確かにFPSやTPSは「撃たれてる!? どこからだ!?」というのも緊張感をもたらすためには必要だったりするが、このゲームって割と常時そんなだからなあ。「あーまたかよもうー」みたいな気持ちのほうが強くなるんだ。

 進捗状況は現在3面中盤。前回買ったときはちょうどこのあたりまで進めたところで売ってしまったが、今回は最後まできちんと遊ぶ予定。……でも評価が上がることはなさそうな予感がするぜーするぜー。とりあえず主人公のアリシアのDLコスチュームがエロいので、それを眺めつつ頑張る予定ではある。個人的には女教師よりも女子高生のほうが好みだ。誰も聞いてねえかそんなこと。

 あと先日知ったが、なんで今になって夢のクレヨン王国のシルバー王女ファーマシィーのぽぷりのフィギュアが出るんだ。いやとりあえずAmazonでウィッシュリストに放り込んではおいたけどさあ。

 だがむしろそれ以上に翠星石フィギュアが気になっていたりする。ここ最近はフィギュア購入欲が失せていたんだが(買う気がないだけで見るのは好き)、これはちと……欲しい……。


06月24日(日)

 俺は血の気が多い人なので何度か献血をやっていたりする。本日も無駄に余っている血を抜いてもらうべく献血に向かったのだが、施設内にやたらジャリが居て気が滅入る。確か前回行ったとき(今年1月)もこんな状態だったと記憶しているのだが……。
 いや別に家族連れで来ることが悪いわけじゃないんだが、どう見ても献血できない年齢の小学校低学年のジャリが居やがるのはなんなんだ。施設内はやたらと込むわジャリはうるせえわですげえ居心地悪い。はっきり言って心底ウゼえ。親も親だ、施設を無料の漫画喫茶か託児所か何かと勘違いしてねえか。確かに菓子も自販機も無料で食い放題飲み放題だが、そりゃ献血する人間のためのものだ。アホなジャリをほったらかしにできる場所でも漫画喫茶代わりに利用するためのものじゃねえんだバカ。ンなこともわかんねえのかクソ親共めがお前らなんざ存在自体邪魔なんだよクソッタレ死ね死ね死ね死ね死んじまえ。

 ……などと思ったわけだが、この状況はある意味献血が一般化してきたことの表れなのかも知れない、とふと思う。一般化してきたからこそこういう勘違いしたバカや状況を理解できないアホやそもそも以前の問題になるであろうその場のルールを考慮することなんぞ全くないクソが増えるわけで、ある意味ではこれは正しい方向に向かっていることの証明であると言えなくもない。
 そしてそれは決して悪いことばかりでもない。献血を受ける側にしてみれば、自分が献血を受けるに適した血があるかないかが重要なのであって、それが聖者の血だろうが献血施設で何の疑問もなく携帯電話いじるようなもうフォローのしようもねえようなバカ親の血だろうが関係ないわけだ。とにかく量さえ確保できればそれで助かる人も増えるわけで、それは確かに歓迎すべき事柄であると言える。そう考えると、このウンザリする状況というのもそれはそれでアリなのか、という気も湧いてくる。

 でも俺はクソジャリやそのクソ親なんぞがうようよいる場で献血を待つというのもアホらしいしウンザリするので、今後は献血を控えようかと思う次第。少なくとも今まで行き着けにしていた施設ではもう献血しねえ。どいつもこいつも手前の喉笛でも掻っ切ってその血を差し出せばいいんだクソ共めが死ね死ね死ね死ね。

 あと昨日紹介した『OverLord』の体験版を遊んだので、その感想。
 えーと、俺は全身鎧(海外デザインのごっついやつ)が出てくるといちいち喜びすぎだと思いました。あと謎クリーチャーが出てくると喜びすぎだと思いました。つまりこのゲームはステキでした。これに更に半裸マッチョも出てくると完璧なのですが、体験版の時点ではそこまで出てきませんでした。でもきっとゲームが進むと出てくると思います。

 いやそうでなくて。
 デスアダー様はぴちぴちのズボンで上半身裸であとマント着用でないとダメであって(ザ・デュエル仕様)、『OverLord』の主人公はこれには全部該当しないわけで、デスアダー様とはちょっと違うよね、と思いました。

 いやそうでもなくて。
 体験版は確かに面白かった。基本的にチュートリアルだけで終了してしまうので退屈といえばそうなんだが(余談だが、チュートリアルだけの体験版というのはゲーム内容を伝える上では最悪に近いレベルでダメだと思う。操作を覚えました→終了、って何さ)、羊を襲ったりカボチャ畑を破壊したりするマヌケな様が楽しく、そのあたりで救われてる感じ。あと体験版のラストで先のシーンが幾つか出てきたんだが、それ見る限りいい具合にドタバタしているゲームっぽくって面白そうだった。

 『ピクミン』に近い、という話を聞いたが、俺自身は『ピクミン』をプレイしたことがないため比較できず。俺自身が過去にプレイしたゲームで比較するなら、見守る範囲の小さい『ロードモナーク』という印象だった。総じて悪くはない印象。買うかどうかはちとわからんが、チェックはしてみよう。

 本日の買い物。『バレットウィッチ』プラチナコレクション版、電撃Re:Play。前者はちと気になっていた部分があったし、プラコレ版が出たことで安くなっていたので再購入。後者は電撃PSの付録の小冊子だが、すっかりこちらが目当てになっている。ここ数号の電撃PS本誌はロクに読んだ記憶がないぜ。


06月23日(土)

 本日は怖い怖いと連呼しつつもプレイを継続している『SystemShock 2』の現状とか途中まで進めての雑感とかでも書こうかどうしようか、と迷っていたが、俺的重大ニュースが飛び込んできたためそちらのことを書くことにする。

 そもそものきっかけは4Gamerで見た『OverLord』とかいうゲームの体験版の記事。復活した魔王様が色々と悪さをするという内容のゲームらしいのだが、9枚掲載されているスクリーンショット、このうち左上のやつが俺の目にはどう見てもデスアダー様にしか見えずさあ大変! デスアダー様の超技デスバーンはガード硬直中の相手を投げることができるぞ! そんなこと言われても困るか! すまん!!
 他のスクリーンショットに目を向ければ、上段中央のやつでは「Destroy the Farm」、つまり「農場を破壊せよ」とか言ってて、その更に右隣ではかっこよく左手掲げつつカボチャ畑大破壊で、見た目すげえゴツいのに何ショボいことやらかしてますかアナタ! つくづくデスアダー様にしか思えなくなって参りました!

 で、つい今しがた某氏の日記を見ていたら360の北米アカウントで体験版のDLが可能になっているとのことで早速落としてみる。北米マーケットの体験版は日本からはDL不可になっていなかったかしらん、と不安になりつつ試してみたら通った! 現在60%!!

 ああ楽しみだああ楽しみだ。今からカスタムサントラ用になんか悪そうなBGMを探しておかねば。とりあえずスターウォーズのダースベイダーのテーマあたりが妥当か。あと『ドラクエ』のラストバトル関係も良さそうだ。

 ところでデスアダー様の全身鎧姿を眺めていたら思い出したが、『KingdomUnderFire:Circle of Doom』はどうなったんだろーか。確か以前は7月発売予定だったはずだが。延期したのか? 調べてみたらどーもそれっぽいな……。一応PC版はQ2(第二四半期)発売予定のようだが。


06月21日(水)

 雑談とか近況とか。

 『幼年期の終り』読了。終盤の展開に少々ついていけなくなりかけたが、それでも面白かった。いずれまた読み直そう。次は途中で止まっている『月光とアムネジア』あたりに行こうかと思うが、しかし先日手元に『極大射程』が返ってきたのでこちらを再読予定。そしてスワガーさんの人間離れしたスナイパー能力に呻く予定。

 対してゲームはそこまで気力が湧かず。一応『プリンスオブペルシャ クラシック』はクリア、次はタイムアタックに取り掛かる予定。

 先日、かねてから買おうかどうしようか迷っていたヘッドホンを購入。早速使ってみるぜとばかりに『SystemShock 2』をヘッドホンでプレイしてみるが、自分で撃ったショットガンの音が怖い有様で隊長これダメです。


06月19日(火)

 昨日のノートパソコンの続きだが。ユーティリティを消してもダメ。となると他にネット接続前にインストールしたソフトのどれかが怪しいのだが、無線LANドライバを消して再起動かけてもダメでファイアウォールを消してみてもダメ。起動の都度デスクトップが真っ黒だ。ちなみにネット接続前にインストールしたソフトは全部で以下の通り。

・無線LANユーティリティ(除外)
・無線LANドライバ(除外)
・ファイアウォール(ZoneAlarm。除外)
・アンチウィルスソフト(AVG)
・アンチスパイウェア(S&D)

とまあこの5つ。うち3つは既に削除してみたわけだが効果がなかったわけで、残るはアンチウィルスとアンチスパイウェアなわけだが、この二つが悪さをしているとはちと考えにくいし、何よりそろそろ疲れた。大して利用価値のないノーパソなんぞにそこまで労力を割く気にもなれん。大体俺がこのノーパソを使うのは、恐らくデジカメの画像を取り込むときくらいしかない(俺のメインPCはOSがWin2000のため、一部のデジカメだと画像を移動させることができない。対してノーパソのほうはXPのためそれが可能)。

 というわけで、このノーパソを使うときは毎回起動時F8キー連打→VGAモードで起動を選択することに大決定。すげえダメっぽいが別に俺も誰も困らないからいいやもう、俺は『Prince of Persia』がやりたいんだよ! まだクリアしてねえんだよ!! 60分経過しちまったよ!!

 あと我らがIGSの新作『オリエンタルレジェンド2』の公式サイトを紹介しとこう、西遊記を題材にしたD&Dみたいなゲーム。期待。


06月18日(月)

 昨日書いた『いや☆ぼーん P』の話だが、ちと説明不足だったと思うので追記。

>・全体的に耐久力が高い敵が多い
>・敵に接近するとショットの攻撃力が上がる
>・システムに溜め撃ちが存在する

の部分だが、これらの要素はつまり「敵配置を覚えて接近戦を仕掛け、適当に撃ちまくるのではなく溜め撃ちを計画的に使う必要が生じる」ということになる、と言いたかったのだ。ともあれ、このゲームの完成が楽しみだ。

 ところで少し前の話だが、父上様が新しいノートパソコンを買った。結果、以前使っていたノーパソが俺のところに転がり込んできたんだが……ゲームするにはスペックが弱いし(2Dゲーなら余程のものでない限り問題ないけど)、HDDの容量小さい(20G)からデータ保存用として使うにも具合が悪いし、とりあえずネット環境を構築するかーと無線LANを組んでやったら何が悪さしてるのか知らんが起動時に画面が真っ黒になる(Windowsロゴまでは出るが、デスクトップが表示されない)という現象が。この現象は以前も起きたのだが、どーも原因は無線LANのドライバかユーティリティが原因らしく、つまりこれはこのノーパソをスタンドアロン(ネットに繋がらず、他のパソコンとも繋がってない単独状態のこと)で使えということかー。ダメダメだー。
 ちなみにグラフィックのドライバは最新の模様、少し古いバージョンを導入してみたが状況は変わらず。ぐむう。

 とりあえずユーティリティを消してみる予定。ユーティリティを消してもドライバは残るから、ネットには繋がると思うが……。
 しかし仮にそれで上手くいったところで全然使うアテもないというのに何やってんだ俺。いいんだよそれなりに楽しいから俺。


06月17日(日)

 映画『300(スリーハンドレット)』を観てきた。スパルタな半裸マッチョがいっぱい出てきて大乱戦な映画である。我ながら酷い解説だが実際そうなんだから仕方ない。
 で、感想なんだが……えーと、戦闘はすごかったです。それ以外の進軍とか政治的な駆け引きのシーンについては、時折寝たためよくわかりませんでした。いや寝不足気味だったってのもあるし、つまらんとは言わんが。でもトータルでは「悪くはないけどちと微妙」というところ。

 先日少し話題に出した『いや☆ぼーん P』の感想だが、レーザーをびゅんびゅん撃ちまくる爽快感がステキで良いのだ。主人公にはレベルが存在し、敵を倒すごとにレベルが上がるのだが、レベルが上がるとレーザーの発射本数がどんどん増えていって、最終的には画面のそこかしこでレーザーが飛び交うようになり、非常に豪快で楽しい。
 ただ、それは同時にやや大味な部分になっている気がしないでもなく、これが悪い方向に進むと「適当にやっていてもレーザーが勝手に撃ってくれるゲーム」になりかねない。そのあたりが不安ではある……のだが、

・全体的に耐久力が高い敵が多い
・敵に接近するとショットの攻撃力が上がる
・システムに溜め撃ちが存在する

といった要素を見ると、作者の人も豪快さを前に出しつつも雑なだけのゲームにはしないよう気を遣っているのが見えてくる。今はまだ調整不足の感もあるが(ボムが溜まりすぎるとことか。まあこれは「クリアしたい人はボムれ。稼ぐなら使うな」ということなのかも)、個人的にはかなり期待。


06月14日(木)

 XboxLive版『Prince of Persia』だが、これ、ゲーム中に音楽が鳴らない。これはこれで構わないのだが、少々寂しい気がしなくもないので、脳内音楽再生機能を駆使してSFC版の音楽を(脳内で)流しながらプレイしていたりする。

てけてれてけてれ(略)てーてれれれーてれれれーてーてて(戦闘)
でんでけでんでんでんでんでーん(戦闘勝利音)
てーれーれーれーガチャンガチャン(死亡音とその後も無常に動き続けるギロチン音)

などなど。

 ところでこれ、今ステージ3だか4だかあたりまで来たんだが、敵が明らかにオリジナルより強いな。昔SFC版を遊んだときの記憶が確かなら、敵の攻撃を弾く→弾いたら攻撃ボタン押しっぱなし→敵の隙にこちらの攻撃が確定ヒット、という戦法がほぼ全ての敵に通用したはずなんだが、今作はこれが全然通用しねえ。弾いて斬りかかったらそれを更に弾かれたりするのだ。戦闘に関しては半ば別ゲームになってるなこりゃ。ただそれは欠点ではなく、戦闘をきちんと遊べる形に進化させた印象があるので、このあたりも良リメイクだと思う。実際、オリジナルはセオリーがわかった途端戦闘が作業になっていた面があったからな。
 いやこれはしかし上手くしたものよ……。リメイクに関わったスタッフは相当オリジナルが好きだなこりゃ。

 あと『いや☆ぼーん P』なる横シューの体験版を遊んだのだが、これが個人的にかなりツボっぽいので明日あたり詳しく書こう。光学兵器ラヴな人は遊ぶと幸せになれます。あ、ウチの環境だけかも知れないけどパッドはIDが1になっているもの(0ではない。つまり2P側のパッド)の入力を受け付けているようなので注意。


06月13日(水)

 ペルシャ! ペルシャが来たよ!! 公表されても本当に配信されるかどうかは怪しくて、配信されたと思ったら海外のみで、日本でも配信されたと思ったら「具合悪いからしばらく配信は止めるよ」とか言われちゃったりしてもうユーザーはすっかり疑い深くなっているXboxLiveArcadeだが、ペルシャが来たよ! 本当に来たよ! ところでドラキュラの再配信はまだですかそうですか。

 体験版遊んだらいい感じだったから本編DLしていくらか進めたんだが、個人的には良リメイクの予感。あのツーテンポ遅いジャンプを筆頭とした、全体にあったもっさり感が解消されてるー。いやあれはあれで味だった、というかあのラグを覚えた上でそれを見越しつつ操作していく感覚(これはABA氏の日記に好例が幾つかあった)も楽しかったが、今の時代にそのまま出してもどうかと思う部分ではあったので、すいすい動くように変更したのは良好といえようて。垂直のぼりから後ろ方向へのジャンプのときにバク転できるようにしたとか。いちいち振り向かなくていいのね。

 戦闘もなにやら面白くなっているらしいので楽しみだ。積みゲーマウンテンから漂う妖気がちと怖いけどやるよー。ジャファーを細切れにしちゃうよー。


06月10日(日)

 やあみんな! 遊びたいゲームが快適に動かないという理由でPCを新調するみんな! そして新調したら目当てのゲームは動いたものの他のゲームで不具合が発生しちゃうみんな! 俺は先日の『SystemShock 2(以下SS2)』に引き続き、本日『Aliens vs Predator(以下AvP)』を遊ぼうとしたら不具合が出たよクソッタレが!!

 ゲームを起動させデータをロードしようとすると、画面に「アンタのグラボはメモリが足りてねえ。描画設定を下げてくれ」とか言われてメニュー画面に戻されるというもの。描画設定を最低にしてもエラーが消えず、そもそも今の環境は以前普通に『AvP』が動いていたときとは比べ物にならんほど強まっているので、こりゃ今のグラボ(NVIDIAのGeForce7300GT)の問題かと目をつける。早速2ちゃんのスレなどチェックしたところ、「画面が真っ黒になる問題に対しては、ドライバのバージョンを下げる」という対処法があることを知る。

 早速公式に行ってそれらしきファイルをDLしたはいいが、何やら違うファイルをDLしたらしく上手く動かず、もっぺん公式に行って古いドライバを探すが最新のものしか見つからず、もう疲れたよパトラッシュ。大体、今のドライバのバージョンは9で、『AvP』を動かすためには6あたりまで下げねばならないらしく、そんなことしたら『AvP』は動いても他の箇所に問題が増えそうで怖いし、そうでなくともグラボ自体がゲームに対応してないとアウトだし、とどめにドライバを探すこと自体に疲れた。

 もういい。諦めた。いやVer6くらいのドライバの在処を知っている人がもし居たら教えてもらえれば有難いがしかしもう俺は探すことを諦めた。どうしても『AvP』がやりたくなったら2ndマシンで動かすことにする! そしてメインマシンでは『AvP2』を遊ぶことにする! 最初からそっち遊べ俺!!

 ちなみに『AvP2』は未開封だったりする。何やってますか俺。

 しかしこのGeForceというグラボは……どうなんだ。俺は今までRadeonを使っていたが全然こういう不具合に遭遇しなかったんだが。いや、俺がRadeonを使っていた時期が、ちょうど俺の遊びたいゲームを快適に且つ不具合なく遊べるスペックに該当する時期だったというのもあるんだが……しかしそれでもGeForceに切り替えてから問題が増えている現状を鑑みると、どうしてもGeForceに対する不信感を抱いてしまう。次にグラボ買うことになったらRadeonにしようかしらん。そのときにはまた時代の差による問題が発生しそうだけど。

 最近の買い物。漫画『狐とアトリ』。武田日向という方の短編集。絵柄が可愛く中身も読める良い漫画。前半は読みきり2本(+番外編)、後半は『やえかのカルテ』という漫画の番外編。後者は個人的にはそんなに好きではないが、前者はお勧め。面白かった。

 なお作者の方は現在ドラゴンエイジPureなる雑誌にて、『異国迷宮のクロワーゼ』なる漫画を連載中。全体的に読んでいて頭が痛くなる傾向のある本誌の中では、数少ない面白く読める漫画。えらく可愛げな絵柄のため人によっては抵抗ありそうだが、これまたお勧め。

 ところで今年の夏ワンフェスに向けてまうーな人を作ってる人とかヒメを作ってる人とか居るようで。多少無理してでも参加することが確定しました。

 明日は『SS2』の中盤近くまで進めての感想など。


06月08日(金)

 Xbox360で発売される『シャドウラン』。一風変わった要素を多々含んだFPSである。個人的に期待していたものの、基本的にマルチ対戦(しかもチーム戦)が中心のゲームでありシングルプレイがないという話だったので、見知った相手と協力プレイするのは好きでも見知らぬ人とプレイするのは抵抗のある俺としては購入を見送ることに大決定。となった。
 ……んだが、マーケットプレイスにて体験版が配信されたとのこと。気にはなるし折角だから……と遊んでみた。

 ……とりあえずの感想としては面白いと思うが、「これなら普通のFPSのほうがいいよ」とか言う人が少なくなさそうな気配。やや余談だが身内には壮絶にウケ悪そうだ。透視や回復、蘇生、テレポートなどを絡めた戦いが面白いのは間違いないんだが(透視で壁向こうに敵を多数発見→壁越しテレポート→グレネード投擲→すぐテレポートで離脱とか)、敵にそれやられるとすごい勢いで殺されてトホホだ。

 しばらくはBOT(CPUプレイヤー)相手に練習するか、もしくは身内対戦で慣れるべきなんだろうか。当たり前っちゃ当たり前なんだが。


06月07日(木)

 ウィザードリィ関連スレ特集。つっても再紹介ばっかりだが。

ウィザードリィなんてやってられるか
名スレ。

モナードリィ(Monardry) スレ
ララ・ムームーのエロ画像キボンヌ
●ウィザードリィはエロエロだったよね?【Wiz】
マーフィーズゴーストのエロ画像ください!
この手のスレはRPG板の本スレよりも居心地いいことがしばしば。

******************

86 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ 投稿日: 02/01/16 16:39 ID:???

別にハァハァもしないで、この板このスレを毎日見にくる俺はアフォゥか?

ところで、盗賊が赤い色の池に飛び込んだはいいが
ゴムのアヒルをうっかり履き忘れて溺れてしまい、
それに気がついた仲間の内誰が彼を救助に行くか議論しているところ、
池の底から水死体が上がってきて静寂の中虚しく泡がはじけた時の画像キボン

113 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ 投稿日: 02/01/17 14:19 ID:???

?ぶきを鑑定したらヌンチャクで、もの凄い勢いでがっかりしているBis(Elf-G-L11-Old17-Female)の画像キボンヌ

******************

** 邪悪なる魔術師ワードナの事務所 **
ソーンの日記
キャラネタ板より。前者の元ネタはシナリオ#4の小説、か? 小説もスレも面白いので一読を。


06月06日(水)

 6月6日である。俺はこの日を迎える都度、「ドラえもんの絵描き歌は『6月6日にUFOが〜』だったかな」などと思い出してしまうのだが、それについてはどう思うかね諸君。そんなこと言われても困りますかそうですか。

 眠いのでダラダラと。

 もうあちこちで言われているが、FC版『Wizardry』などの作曲を手がけた音楽家の羽田健太郎氏が死去なされた。またひとりこの世から去ってしまわれたか……。今は↓

聴きつつこれ書いてます。いい曲だ。……いい曲だ。

 『テストドライブアンリミテッド』を遊んでいたら見知らぬ人からフレンド登録の依頼が来た。ゲーマータグを確認してみたら米国の人だった。無下に断るのもどうかと思ったので受けてはおいたが、いきなりチャットに誘われたりそれを断ったらファッキンジャパニーズとか言われたりやたら悪評つけられたり悪意のあるメッセージがガンガン送られてきたりしたらどうしようともうワクワク、もといドキドキ。

 『ロマサガ3』始めた。キャラはモニカを選択。これ、最初(ゴドウィンが反乱起こすあたり)は普通のRPGだと思っていた(悪い意味ではなく、あくまで印象として)けど、なんつーか全然普通のRPGじゃないな。上手い言葉が見つからないが、普通のRPGの大きめなイベントシーンを繋いで、その間のこまごましたシーンを全部切り捨てたようなゲームという印象を受ける。すごいなこれは。

 Nao_uの日記の6/5にて、Wiz関係の四方山話へのリンクがいろいろと。俺自身はFC版Wizは『III』しか遊んだことないので多くは語れないのだが、あちこち巡ってみても本当に『III』は評判がいい模様。かなり昔にどこかのサイトだか攻略本だかで見たが、FC版『III』は当時PC版『V』にしか登場していなかったモンスター群を登場させたり(サキュバスやデーモンロードなどはこれに該当する)、また6階の隠し通路部分(デーモンロードに出会うためのあの通路。あれはFC版にしか存在しない)などを設定したことが高く評価されていたのを思い出す。……FC版『I』〜『III』と、外伝の『I』〜『IV』をセットにしたやつとか出ねえかなあ……。いや正直外伝『III』はちっとも欲しくねえけど。
 あと俺はクリアまで遊んだ外伝は『I』しかない(『III』は中盤まで遊んだが嫌になった。戦闘バランスは狂ってる印象しかねえし、迷宮の構造もいやらしいばっかりで探索していて全然面白くない。『II』は中学生(高校生だったかも知れず)の頃に中盤まで遊んだが、詰まったためストップ。『IV』は触った程度)のだが、外伝IIのよもやま話読んだ以上は遊ばねばなるまいて。今なら当時の記憶はほとんどないから新鮮な気持ちで遊べると予想。……でもサンドクラッドの強さだけはイヤというほど覚えているぜ……通常攻撃で1ターン1キル、例えそれを耐えても毒でやっぱり1ターン1キル。死亡即リセットを許さない(そんなことしてると永遠に勝てないから)あの強さは印象深い。皆もそうだろ?

 翠星石のギャルゲーですぅ
 なんだこの愉快痛快ギャルゲーは。


06月04日(月)

 ここ最近はニコ動のイトケンメドレーばっかり聴いている。


 で、これを聴いているとどうしても出てくるゲームを遊びたくなるのが人のサガ。かみは バラバラになった!

 そうじゃない。とにかく遊びたくなるのだ。該当するゲームは幾つかあるが、俺としては『ロマサガ』を遊びたくなってきて仕方が無い。
 というのも、俺は世間の評判の良さから『ロマサガ』シリーズが気になってはいたものの、実を言うと遊んだことがないのだ。いや、一応『3』だけは人から借りて遊んだのだが、当時俺は既にRPGめんどくさい病が発病していたためか、プレイしていてよくわからなくなってきて投げてしまったのだ。そしてそのまま今に至る。一応、ワゴンセールにて『ロマサガ3』を確保してはあったが、封を切ることすらないままSFC本体共々押入れにしまってあり出すのも面倒くさいのである。

 が、ふとスイッチが入ったか何かで押し入れからソフトを出して本体も出してコントローラーも出して、とここまで来たところでACアダプタが無いことに気付く。押し入れの発掘に取り掛かり、フィギュアの箱やらソフトの箱やらソフト本体やらを掻き分けて、まとめて箱に放り込んでおいたGBソフトやらSSソフトやらワンダースワンやらを掘り起こし、ついには最古層であるメガドラ2やらツインファミコンの層にまで到達するが、しかしそれでもACアダプタは見つからず、そして心の声が俺を苛むのである、「なんでお前はもうちょっと整理できませんか」「なんでお前はこんなにゲームばっか買い込んでますか」「しかもこの中できちんと遊んだのはどの程度ですか」「なんでお前のうのうと生きてますかこのクソオタ」「もう死んじゃえよこのダメ人間」と。

 そんな心の声に色々とダメージを受けつつもなんとかACアダプタを発見し(比較的新しい地層にて発見)これから遊ぶところ。今度は以前のように途中で投げないと良いのだが。
 ……とか言って、今は他に遊んでるゲームも多いため、どれもこれも中途半端に手をつけたままほったらかしにして別の新作に取り掛かるという「最後はきっと全部積むでしょうモード」に入りそうで怖いのだけれど。


06月03日(日)

 ちと前にブログだのmixiだのとゴチャゴチャと書いたような気がするが、結局以前と同じ状況に落ち着きそうな気配。mixiの日記を書かない方向ではなく、それを上手く再構築する方向に進むのが一番いい気がしてきた。残ったブログは……どうしようか。残しはするが、多分手はつけないなあ。

 それはそれとして『フェイス/オフ』など鑑賞。以前『時をかける少女』買ったときに一緒に買った。で、観ているわけだが、何度観ても刑務所でトロイとアーチャーが出会うシーンは良いな。あのシーンはニコラス・ケイジとジョン・トラボルタの演技もいい。

 ところで俺が以前観たやつ(確かビデオの吹き替え版だ)だと、あのシーンでトラボルタは指輪を見せつつ「これ、なーんだ!」と叫んでいたと思うのだが、あのときの声優さんは誰だったかなあ……。今観ているDVD版だと、トラボルタは神谷明氏なんだが。ちなみに上記のセリフは「じゃあこれはどうかな?」になっていた。

 あとニコラスは大塚明夫氏だった。何気にいいメンツそろってるなあ。

 ゲーム近況。『Vampire the Masquerade』はちまちま進行中。ただ英語の文章量が多くて読んでて疲れる……今は『SystemShock 2』を優先させるべきか。あと以前から何度か紹介していた『トラスティベル 〜ショパンの夢〜』は恐らくスルー予定。『テストドライブ アンリミテッド』と『ニードフォースピード モストウォンテッド』を買ったというのもあるし、それ以上に体験版を遊んだ限りどーも積みそうな気配が濃厚なので。あくまで体験版での話だが、中身は本ッ当に普通のRPGだったしなあ。ただ、それでもあの雰囲気には心惹かれるのでチェックは続ける方向で。


06月02日(土)

 映画『ザ・シューター』(音出ます)観てきたよー。初日に観てきた。

 で、感想だが……覚悟していたほどには悪くなかった。確かに原作から差し引かれたシーンはあるし、残ってはいるものの残念なことになっているシーンも幾つかあったが、つまんねえということはなかった。ただ、俺は「原作は既読、ただし結構時間が経っているので忘れている箇所も多い」という微妙な立ち位置の人なので、最近原作を読んで気に入った人が観に行くとがっくり来るかも知れない。

 個人的に気になったのは、主人公であるスワガーがスナイパーとして活躍するシーンが少なめなこと。「映画版でもちゃんとスナイプしてたじゃん?」とか言われそうだが、原作に比べると明らかに減ってるのよ、狙撃シーンが。それに関連して、(反転)丘での戦闘(反転終了)が変更されてたことは正直残念だった。いやあのシーン自体は確かに残っているが、原作と映画版とでは全然スワガーの戦い方が違っていてなあ……。映画版が悪いわけじゃないが、あれは原作が良すぎたのでどうしても気になった。
 それと物語終盤の展開の早さもやや気になった。妙に語り足りない状態でガンガン話が進むもんだから、スワガーの行動がいまいち突飛な印象になってしまって、まるで勢い任せに行動しているかのように見えてしまう。あと人間関係というか心理的な描写は減っているが、これは削って正解だったように思う。無理に詰め込もうとしても入りきったとは思えないし(原作が上下巻であることを考えると尚更)、アクション部分を中心に据えたのは正しい判断。

 やや不満のほうが多い感想になったが、これは俺自身(忘れている箇所があるとはいえ)原作ファンだからであって、最初に書いたようにデキそのものはそこまで悪くはない。少なくとも上映時間の間退屈することはなく楽しめた。恐らくこの話を最も楽しめる流れは、映画→原作だと思うので、原作未読の人は敢えてそのまま映画を観に行くことを推奨しておく。そしてそのまま原作を読んで違いを楽しむといい。

 あとSteamの新アカウントにて『Vampire the Masquerade:Bloodlines』を購入。前のマシンとは全然違って滑らかに動くことに感動。今度こそSteamのパスを忘れないようにしよう……。


05月分 ← 一覧 → 07月分

戻る
inserted by FC2 system