09年01月
12月分 ← 一覧 → 02月分

戻る

日記にリンクを張る場合はアドレスの最後に「#日付」と入力すれば、その日に飛びます(01〜31)。
(例:200111.html#28→01年11月28日)


01月30日(金)

 mixiより、『エルミナージュDS』話。

エルミナージュDS 2009年01月29日23:26

 3D迷宮を探索するたのしいRPGである、このゲーム。ベースがウィザードリィなのは言うまでもないが、操作系統やシステム周りはさすがにかなり手が入ってる。ちなみに、エンパイアシリーズで既に搭載されていたシステムもありそうだが、俺はエンパイアは遊んだことないからわからん。あと幾つかはXTHにもあったことを書いておく。

 では、手が入ってる要素を幾つか書いてみよう。システムに限らず、従来のWizとは違う点も。

・都市ならどこでも魔法が使える
 いちいち回復を行うのに迷宮に行く必要がない。宿屋でも魔法が使えるので、馬小屋に宿泊したら即座に回復する冒険者の姿が目に浮かぶ。そしてそれを苦々しげに睨む宿屋のオヤジも目に浮かぶ。

・まとめて鑑定システム
 酒場や迷宮でのキャンプ時、ビショップがいればまとめて鑑定ができる。未鑑定アイテムの一覧が表示されるので、アイテムの受け渡しどころかキャラ選択の必要すらない。ちょう便利。

・奇襲時でも魔法が使える
 Wizではできなかったが、エルミナージュではできる。かなり驚いた。こっちがやる分にはいいけど、敵に不意打ちされたらヤバいんじゃねえのか……と不安になるが、システム的に対策できる……らしい(敵の奇襲率を半減させる能力とかがある。他にも何か対抗手段がありそうだと予想)ので、そのあたりでしっかりやれ、ということか。まあ最悪リセットがあるし。

・オートマッピング
 別に新しいシステムとかじゃないんだが。基本オートマッピングで、Yボタンを押せばすぐにマップの閲覧が可能。また、とあるアイテムを持っていれば、下画面に自分の周囲のマップが表示される(初代の女神転生の、マッパー使用時みたいな感じ)。じゃあデュマピックの存在意義は何さと思ったら、その階の完全なマップを表示するというものだった。

・呪文名変更システム
 これは以前も書いたが、呪文の名前を変更できる。というわけで、こちらを参照しつつ、呪文名変更に1時間くらいかけてしまうわけだ。ちなみにメイジ魔法Lv1のカティノは対象が1グループから1体に変更されていたりする。
 あと余談だが、カティノが微妙に弱体化していることもあってハリトがやや強くなっていたりする、ような気がする……威力がやや上がっているような。

 まだ最初の迷宮で探索を続けている最中。敵のメイジからハリトを食らって魔法使いが焼死体となったり、敵の後衛にいた狩人から弓矢で射られて戦士が矢ガモ(懐かしいネタだなあ)ならぬ矢戦士になったりとかしてパーティ半壊。全滅は避けられたけど内心ビビった。

 まあいつもの展開です。いつもそんななのか俺。

 ところで。『ウィザードリィ』において、先制攻撃時に魔法が使えないってルールは最早周知の事実だが、確か昔のPC版(アップルII版だったか?)だと先制攻撃時でも魔法が使えた、とかいう話をどっかで見たような記憶がある。確か『クロちゃんのRPG千夜一夜』だったか、そのあたりの本で読んだ記憶があるんだが、どうだったかな。

エルミナージュDS 最初の迷宮クリア 2009年01月30日00:44

 最初の迷宮を突破。

 最初の迷宮は王からの試練のようなもので、ここを突破してからがこのゲームの本番。このゲーム、ワールドマップが存在し……ええと、『ウィザードリィ外伝III』みたいな感じで幾つか迷宮が存在すると思ってくれ。または『ロマサガ3』みたいな。

 で、上記のように最初の迷宮を突破し、次なる迷宮へと挑むことができるようになったのだが……いきなり大量に迷宮が開放されて驚く。いや普通こういうのって低レベルなものから順々に開放されていくものじゃないのか。しかも王様も「いきなり難しいとこに行くなよ。死ぬよ(意訳)」とか言ってくれるし。これって変愚で言う竜窟スカムみたいなことできるってことだよなきっと。まあ怖いから行きませんけど難しいとこは。

 とりあえずは最初の迷宮で戦うことにしよう。まだ未探索の箇所が結構あるし、そのあたりを埋めることにする。ついでに予備メンバーの方々も育てることにしましょうか。

 ハイパー余談だがこのゲームでは職業の中に使用人が存在し、英語表記(迷宮で画面下部に表示されるアレ)だとMaidと表記されておりつまりメイド。エマとかシャーリーとかのアレなわけですが、これ、最初の迷宮で敵としても登場しまして、その名もレッサーメイド。
 ……そりゃねえっす。でもある意味「らしい」気もする。ゲーム後半になるとマスターメイドとかいうのが出てくるんだろうか……出てくるんだろうな……。

 で、現在、予備メンバーを引き連れて最初の迷宮で何度か戦闘を行ったんだが、闘士がすげえ強くてビビる。両手にバンテージ装備させればそれだけで2回攻撃できる(!)し、しかもそれとは別に攻撃後に追加攻撃が発動することがあって(ゲーム中では“連撃”と表記される)、はっきり言って現時点では主力と目していたドワーフ戦士が貧弱に見えてくるほどに強い。


01月28日(水)

 またしても転載。手抜き癖がつくのは良くないなーとは思いつつも。

雑記 2009年01月26日23:58

・ブレイブルー。スコアアタックにてレイチェル撃破。画面にカエルが出ていたらとにかく警戒し、こちらの攻撃がヒットしてもカエルが近くにいたら逃げること。カエルを潰したら積極的に攻めること。このあたりを意識したらなんとかなった……が、それでもかなり強いよこいつ。

・幻霧ノ塔。「味方が核撃を撃つのが先か、敵がブレスを吐くのが先か」な6Fを突破し7Fに入ったが、7Fは6F以上に「味方が核撃を撃つのが先か、敵がブレスを吐くのが先か」だった。

 ふとDSの電源を落としスロットからソフトを出してケースにしまい、『エルミナージュDS』の封を切ってソフトを出しスロットに差し込んで電源を入れ、訓練場でキャラメイクをしようとしたところで種族と職業の豊富さに戸惑ってマニュアルを読んでいるうちに眠くなった。

 「あーもういいや幻霧、もうエルミやるよ俺」とか考えたが、しかし幻霧の音楽(これは本当にいい)とテキスト(これも本当にいい)の人の名前だけは確認したいという気持ちもある。あー。


エルミナージュDS 2009年01月27日01:08

 とりあえずキャラメイク、とその前に事前に作ってあるキャラを一通り消す。ただしビショップだけは残す。アイテムを剥ぎ取ることもできたが敢えてやらず。
 で、キャラメイク。見知らぬ職業は多いし見知らぬ種族も多いので、過去に使い慣れた連中を思い出しつつ以下のような構成に。

人間戦士
ドワーフ戦士
ノーム僧侶
ホビット盗賊
フェアリー魔法使い
エルフ魔法使い

 あと予備メンバーとして、ワービースト(獣人)の闘士(BCFのモンクみたいな職業だろうか)と、デビリッシュ(半悪魔)の使用人(魔法とは別に、さまざまな回復手段を持つ職業っぽい。よくわからんが)を作成。ヴァルキリーも作るべきだったかなあ、とか思いつつ最初の迷宮へ。

 『幻霧』はかなりひどいこと書いたけど、続けてはいたりする。まあ上記のようにテキストの人と音楽の人を確認したいがためだけであって、それ以上の理由は全くないのだけれど。


01月26日(月)

 『斑鳩』『ブレイブルー』話。mixiより転載。

DC版斑鳩の進捗状況 2009年01月18日19:57

 今更だがガシガシ遊んでいる。

 実を言うと俺は家庭用の斑鳩はほとんど遊んでいない。写真を見てもらうのがわかりやすいのだが、

難度ノーマルだと4面までしか進んでおらず、スコアの日付を見てもらえればわかるが02年(つまり家庭用発売直後)のものがほとんどだ。しかも本日やっとDC版のハイスコアを更新したのだが、それまで1位だったスコアは7年前(正確には6年と4ヶ月前)のもの。ちなみにプレイ時間は10数時間程度で、プロトタイプモードも出してない。
 とは言ってもアーケードではそれなりにやっていたので、プレイそのものをやってないわけでもない。家庭用ではまだ最高で4面までしか行ってないが、家庭用の環境に慣れさえすればもう少しでALLにも手が届くと思っていたりはする。

 1面と2面はほぼAC版に近いスコアが出せた。3面はやっぱり問題点が多く、4面はそこで終わっているくらいなので察してください。

 しかしプレイしていて感じるが、昔に比べ集中力が落ちたような気がする。アーケードでもそう感じることが多く、ステージの合間(集計画面)に気を散らしすぎないようにしないとあっという間にプレイがグデグデになってどうにもこうにも。
 家庭用を遊ぶときならば、酒を呑みつつのプレイを行うことである程度集中力を上げられることに気づいたが、呑みすぎるととんでもなくグデグデになるのが難点だ。

 当たり前です。

雑記・斑鳩とブレイブルー 2009年01月19日21:18

・斑鳩。AC版、残2ALLで2650万。

 大体いい感じのプレイができたとは思う。ただし5面での死亡率がおそろしいことになっていて、開幕で1機、中ボスその2(蛇)で1機、田鳧で1機、黄輝ノ塊で1機と合計4機を失う有様。田鳧と黄輝はしゃーないとしてもあとの2つはどうにかなさい。
 細かいミスを減らせればこのくらいのスコアは安定させることができそう。

 今ならはっきりとわかるが、かつて出した自己ベストのスコアである2800万オーバー、ありゃあマグレだ。間違いない。あんなにも安定しない状況で出たスコアはどう考えても実力によるものじゃない。今は全体的に底上げを狙うことで2800万前後を安定させたいが、そのためにはまず2600万前後のスコアを安定させることから始めよう。

・ブレイブルー。スコアアタック。乱入される。負ける。俺はバリアガードをもう少し使ったほうがいいと思った。あと毎回毎回、相手がバーストを使ってから自分もバーストを使えたことを思い出すのはどうかと思った。一人用でもバリアとバーストを使っていくことを意識しましょう。

斑鳩とアスペクト比 2009年01月21日00:08

 我が家の斑鳩を遊ぶ環境だが、

・DC版……モニタ横置き縦画面モード(上方向スクロール。画面の左右が黒くなってるやつ)を、16:10のワイドモニタにてフル表示出力。本来、DCは4:3の比率で表示されるのを、横に引き伸ばす格好で表示するわけだが、こうすることで画面を少しばかり大きく表示できる。

・360版……モニタ横置き縦画面モード。つまりDC版と同じ。ただし、本体の設定で画面出力が16:9でなされる。これをゲーム側の設定で16:10にして表示。

 今まではこの設定で遊んでいた。
 ふと思いつきで360版の本体のシステム設定に入り、画面比率を4:3に切り替え、モニタをフル表示出力。この状態で斑鳩を始めたら……やっぱり画面が少し大きくなった。本来よりもやや横長で、縦に潰れたような画面になってしまうんだが、正直こっちのほうが見やすいな。今後はこちらで遊ぶというのも手だなあ。

 ちなみに本日の戦績はグデグデでした。

ブレイブルー スコアアタック 2009年01月21日22:05

 相変わらずハクメン使用。なんか調子よく乱入もされず、9人目のレイチェルに到達するもボッコボコにされる。画面は常に大砲とカボチャとカエルが飛び交い、気付けば下C→カエル→落雷とか食らいまくってさあ大変。噂には聞いていたがこれほどとはー。

 スコアアタック後半に登場するレイチェルはプレイヤーキャラのそれとは性能が異なり、

・落雷が避雷針なしでも出せる
・しかも三連で発生する
・それとは別に通常の落雷もある
・レイチェルを殴ってもカエルが消えない(←ひどい)
・常時超技ゲージが上昇

確認できただけでこのくらい。多分攻撃力と体力も高いと思う。
 ひどいのは確かなんだが、しかし今時こんなCPU仕様のキャラは結構珍しい気がするのも確か(90年代半ばくらいはこんなのばっかだったけど)で、それなりに楽しかった。

雑記・斑鳩 2009年01月23日23:21

 AC版、残3ALLで2730万。

 5面までノーミス、1面と2面は全チェイン、3面はボス寸前までチェイン継続と、現時点での目標にかなり近いプレイができた。3ボス前のスコアは確か1400万ちょい、4面鶚内部の下り開始時(黒交喙と白交喙が出てくるあたり)のスコアは1700万オーバー。

 3面まではまだまだ詰められそうな点は多いが、今は無理にチェインを増やすことよりも、チェインを切らさないことを目標にやっているのでこれでいい。このくらいのスコアを安定して出せるようになるべくがんばりましょう俺。4面と5面は……まあ緊張していたというのもあるので今はこれで良しとする。5面のミスを減らしていくことが現時点での目標、とりあえず緊張感に慣れることから始めましょう。

 上記の転載部分には掲載されていないが、昨日は友人宅にてDC純正レバーのレバー部分を三和製レバーに交換。交換作業は恙無く終了、家に帰ってDCを起動させ確認。動作は良好。DC版自己ベストの1600万オーバーも出ていい感じ。


01月20日(火)

 さて俺は17日の土曜に秋葉原などに行ってきたわけですが、そこでの購入物を羅列。

・『悪魔城ドラキュラ 蒼月の十字架
・同人誌『Floor25 vol.8
『Toらぶる』の金色の闇のフィギュア
・サンワ製レバー
・D-sub15ピンケーブル(両端がメス)

 秋葉原は誘惑が多すぎて危険です。最初の3つはまあいいとして、レバーとケーブルは……前者はDCの純正レバーを交換するためであり、後者は……我が家にはVGAの入出力切り替え機があったことを思い出した(友人が譲ってくれたのだ)ため購入した。入出力切り替え機を用いれば、いちいちケーブルを差し替えずとも1台のPCモニタでXbox360とDCとの両方を出力できるぜヒャッハー、と思い、足りなかったケーブルを買ったわけだ。
 で、その環境を整えた……はいいんだが、切り替え機の接触がイマイチなせいか時折色がおかしくなる。しばらくは我慢して使っていたが、どうにも不満でならんので結局切り替え機をとっぱらい、遊びたいハードの15ピンケーブルを繋ぐことにした。が、モニタのD-sub端子の位置が悪く、差し替えるのがどうにも面倒だったので少し考える。……そうだ。モニタ側のケーブルは固定して、ゲーム機側の端子に両面メスの端子(こういうやつ)をつければいいんだ。
 図にするとこんな感じ。

モニタ〜〜〜ケーブル〜〜〜両端メス端子〜〜〜ケーブル〜〜〜ゲーム機

 これで両端メス端子と、ゲーム機側のケーブルとを繋ぎかえるだけで2台のゲーム機の出力を切り替えられるようになりました。ともあれ、これで我が家ではDC版もXboxLiveArcade版も手軽にVGA出力で遊べるようになったわけであり、よっしゃよっしゃ。

 あとHeyにて、『トラブルウィッチーズ』のロケテを確認する。軽くプレイするが、なんかタルいなあという印象。やり込むと違うのかもしれんが、どうなんだろこれ。ちなみに俺は同人版は体験版だけ遊んだことあったような気がしたがよく覚えてない。


01月18日(日)

 本日もmixiより転載。

『斑鳩』関係

DCレバーとか雑記とかメモとか 2009年01月14日01:11

 DC版斑鳩のために、わざわざDCの純正レバーを購入。投売り600円くらい。が、これ一部ではよく知られていることだがレバーの構造が狂っていて、レバーを入力してからニュートラルに戻した際の反動が大きくて、入力した方向と反対にレバーが入ってしまう(格ゲーならば、しゃがみ状態からニュートラルに戻すとジャンプしてしまう)。対策としてはレバーそのものを交換するのが一番手っ取り早いのだが、使用するレバーによっては改造というか内部を削る必要があり、また俺は代用品となるレバーを持ってない(比較的近場に買える場所があるのだが……)。というわけで今は緩衝材代わりにティッシュを詰めて対応……するが、やっぱなんか……感触がおかしいというか……。デパートのゲームコーナーとかに置いてある、年単位でメンテをやってない筐体のレバーみたいな感触になってしまって、ぐむう。
 あと俺はDCからキャプチャーボードを経由させ、PCモニタに画面を出力しているのだが、動いているオブジェクトに横縞が入る。インターレースとかそのあたりの関係なのだろうか。ちなみにインターレースについてはこちらを参照
 一応、DC用のVGAアダプタも持ってはいるのでそれを使えば直接PCモニタに出力することも出来るんだが……今現在PCモニタの入力端子に開きがないのよな。360と切り替えて使うようにすればいいんだが、そこまでやるなら素直に360版だけ遊べば足りるしなあ……押入れにしまってあるPCモニタを引っ張り出してDC専用にするという荒業も思いつくが、うーん。

 XboxLiveArcade版の斑鳩も遊ぶ。こちらは直接モニタに出力しているだけあって綺麗だし、レバー(SS用レバーをXbox360用に改造したもの)の具合も良好良好。今やるならこちらをメインにすべきかなあ。
 今はまだゲーセンとの細かい環境の違いに慣れることを目標にやっているので、戦績はグデグデ。1面後半、鯵刺前の虎鶫編隊をきちんと撃つことが出来ないくらい。このあたりはじっくりいこう……焦ってリトライとかやると絶対にうまくなれない、と自分に言い聞かせつつ。

雑記・斑鳩とブレイブルー 2009年01月15日23:00

 斑鳩。AC版、残1で2450万。

 3面後半(テロップ後)以降と4面の安定が今一番の課題か。3面後半はほぼ間違いなくチェーンが途切れ(交喙編隊&シャッターと虎鶫のあたり)、下手するとミスる。4面は何もかもマズいので、とりあえずの目標としてスタート〜鶚内部〜稲妻レーザー砲台(中ボス1)まで安定して繋げられるようにしましょう。鶚内部後半の下りがどうも怪しい。あと稲妻レーザーの中ボスまで来るとすげえビビるらしく、ここで一気に3機くらい死ぬのは本気でどうした俺。

 ところで俺はこの土曜に秋葉原に行ってきたのだが、明日はそのあたり含め斑鳩関係の話でも。収穫はいろいろあったが、同人誌『FLOOR25 vol.8』を購入できたのが嬉しい。


01月16日(金)

 本日もmixiより転載。

『ブレイブルー』関係

ブレイブルーと思ったらサムライスピリッツ 2009年01月10日07:37

 ちょっと暗くてエコノミーだと見えにくいけど。

 ブレイブルーかと思いきや中身はサムライスピリッツだったという。どちらも一発入れた後はそれなりにコンボゲーではあるんだが(ハクメン側もそれなりのコンボはあるわけだし)、初手を当てるまでが観ていてたまらん。
 つうかコメント見るとそれなりに楽しんでる人が多いっぽいのよな。ギルティの流れを汲むこのゲームで、ああいうジリジリした間合い取りを楽しむ人が多いというのは少し意外。

DCレバーとか雑記とかメモとか 2009年01月14日01:11

 ブレイブルーも遊んでいるが、以前に比べ乱入されることが増えた気がする。プレイする人が増えたのか、それともカモられているだけなのか。なんか後者のような気がしてならん。3本先取設定の店なんだが、3タテされるのが当たり前だぜ。
 まあ負けるのはまだしも、そのあと派手に動揺してしまうのは我ながらどうにも情けない&困る。ブレイブルーを遊ぶ→乱入される→当然負ける→斑鳩を遊ぶ→動揺しているので全然ダメ、というコンボが成立するのがどうにもこうにも。とりあえずハクメンはもう少しコンボを覚えたほうがいいと思った。

・投げの後の追撃のコンボ(これはロクなのがない気がするが)
・2Bヒット後のコンボ
・当て身投げ後の追撃(5Dか6Dか2Dかで追撃を変える必要のあるキャラがいるような気がするんだが?)

あたりかなあ。あとコンボじゃないが、左向きだと前C>疾風が上手く出せないのは本気でどうにかしなさい俺。どうも焦って逆ヨガ部分のコマンドの入力をミスってるくさい。

雑記・斑鳩とブレイブルー 2009年01月15日23:00

 ブレイブルー。最近はずっと一人サムライスピリッツでありハクメンである。しかしこいつ、いくらサムライスピリッツみたいな戦い方になるっつってもやっぱりブレイブルーのキャラなわけで、牽制技の後は連続技ができないとどうにもダメージが安い。つーわけでそのあたりを最近は練習しているんだが、牽制一発からヒット確認しつつ連続技に持っていくのって地味にレベル高いスキルだよな。他のキャラならチェーン(ガトリング)を繋ぎつつヒット確認すればいいけど、ハクメンはそもそもチェーン自体ないし(だから一人サムライスピリッツなんて言われるわけだが)。

 んじゃあせめて小攻撃を複数回ヒットさせて、その間にヒット確認……とも思ったが、しゃがみ小攻撃を目押しで2発以上当てるのもそれなりに難しいのですよ俺には。連打だと繋がりにくいのですよ。となると通常技でのヒット確認を捨てて、常に必殺技まで出してしまい(当然ガードされても問題ないやつを選択する)、そこらでヒット確認をするのも手かなあ、とか考えてみたり。
 世間には威力を捨てて安定度の高い連続技しかやらない人ってのもいるしなあ……立ち回りさえしっかりできれば多少の火力不足は問題ないという考え方もアリなのよな。いや俺はコンボスキルも立ち回りもダメダメなんですが。

 したらばのハクメンスレより。

<<
752 名前: 名無しさん [sage] 投稿日: 2009/01/14(水) 02:36:26 yv.mhNrY0
J2Cループできる人うらやましいw
未だに出来ないから6C>超必やら5C、ザンテツ単発だけで立ち回ってるぜ〜
勝てるからいいけど…やっててよかった月華&サムスピw
>>

こういう人もいるわけだ。この人がどの程度強いのかはわからんけど、そういう戦い方もアリっちゃアリだろう。特にハクメンは通常攻撃力がかなり高いから、無理に高火力のコンボを狙う必要はそこまで高くない、とも言える(できたほうがいいのは間違いないけど)。6C>疾風で4500オーバー、相手によるけど全体力の1/3〜半分ほど減ります。当て身投げからなら4900とかもう何この斬鉄閃。

 まあ、今は必殺技まで出し切りつつヒット確認を行う、という方向で考えてみよう。紅蓮あたりならガードされても問題ないかなあ。

コメント まはまん 2009年01月16日 00:10

 ブレイブルー話はなんか言ってることが一貫してないな。要するに、

・牽制で振った通常技のヒット確認からの行動の切り替えをどうしようかな。単発の通常技のヒット確認は難しいよね→じゃあもう必殺技まで出し切っちゃおう
・ガードされても問題ない上に高威力な連続技は俺の腕では難しいので、威力が低くても安定度の高い連続技を使っていくほうがいいかも

という2つのことを言いたかったんだね、と思ってください。2B>214B(1ヒット)>236A(壁バウンド)>6C、という超簡単な連続技でも2400オーバー。

 ブレイブルーは今日も遊んできた、何気なくスコアアタックモードを遊んでみたらCPUキャラがいい感じに攻めてくるので、難しいけど面白い。ちなみに5人目のノエルまで行ったが、こいつストーリーモードだとほとんど手出してこないのに、スコアアタックだとチェーンリボルバーからフェンリルとかにガンガン繋いでくるのな。リボルバーに対する練習になる。まあ対戦やる気はほとんどないんですけど。


01月15日(木)

 mixiのほうに書いているゲーム話をまとめて転載。枠の中の文章が転載部分。

『悪魔城ドラキュラ』関係

悪魔城ドラキュラ ジャッジメント 2009年01月08日00:25

http://www.konami.jp/gs/game/dracula_wii/

 Wiiで発売される、ドラキュラシリーズのキャラが戦う3D格ゲーである。なんかやっちゃった感が漂うのは気にしないことにする。

 で、公式サイトなんぞ眺めていたら、参戦キャラの中にサイファとグラントがいて驚く。うわー『悪魔城伝説』以来の登場じゃねえのか(シリーズには詳しくないので違ってたらすまん)、懐かしいなと思いとりあえずサイファの紹介をクリックしてみたら流れるBGMがまた『悪魔城伝説』のそれでちくしょう欲しくなるじゃねえか。
 しかしグラントの外見は……ううむ。元々の絵だとただの盗賊にしか見えなかった(参照。パッケージだと左下の短パン男がグラント)から変更は仕方ないんだが、ジャッジメントのほうはほとんどアンデッドにしか見えんぞ。でも動画を観たらBGMが悪魔城伝説の時計塔の曲(確かClock Workだっけ)だったので全部許す。
 とりあえずサントラは押さえるべきという気がしてきた。

雑記・ゲームサイドなど 2009年01月09日00:15

 ゲームサイドを立ち読み。

・ドラキュラシリーズ特集。読んでたらGBAかDSのドラキュラを遊びたくなった
・でもその前にXBLA版の月下の夜想曲を遊ぶべきだと思った
・ドラキュラジャッジメントには黙示録のキャリーが出てもいいのになあと思った。つーか私的にはマリアよりキャリーのほうが好きなんです
・VHS氏のニンジャコマンドーの文章がノリノリで楽しかった

 今は控えろと思いつつも、前々から携帯機のドラキュラはどれかやってみたいなーと思っていたのよな。そこにきてこの特集だからたまらん。確かDSの最初のやつとかは無理やりタッチペンを使わせようとして狂った操作系統になっているという話を聞いたことがあったが、まあ気が向いたらどれか買ってみよう。GBAのやつとかは今ならかなり安いだろうし。

雑記 2009年01月10日09:01

 DSのドラキュラの『ギャラリーオブラビリンス』。男女二人の主人公を切り替えつつ探索を行うゲームだそうだ。……ここまでの情報で何か心に引っかかるものがあったのだが、ああそうだ『大魔司教ガリウス』だと思い至る。あのシリーズは3作目で終わってしまったが(シャロムだっけ、3作目。確かMSXで出ていたが)。
 ギャラリーオブラビリンスは公式サイトを見ると、二人の主人公の性能がぜんぜん別物っぽくって好印象。こういうの好きなのよ。

 で、今の俺はすっかり『蒼月の十字架』『ギャラリーオブラビリンス』あたりを筆頭に携帯機のドラキュラを買う気が強まっております。こうなるのが怖かったからゲーム系のアンテナを下げていたというのに俺! 積みゲーの山を見ろ俺!
 でも多分蒼月の十字架は買うと思う。

 携帯機のドラキュラに関しては、最初のやつ(『蒼月の十字架』)は操作性狂ってるなんてことはないよ、との意見を頂いたので訂正しとく。タッチペンを使うシーンがあるのは確かだが、そんなに無理矢理使うようなものでもないとのことでした。しかも、クリア後に解禁されるモードが悪魔城伝説を思い出させる内容との情報も頂いたので、『悪魔城伝説』が好きな俺としては買うしかねえー。……まあしかし今は『幻霧ノ塔』が先か。でも蒼月の十字架あたりはもう底値っぽいし、押さえておくのもいいかも知れんなあ。

 明日は『ブレイブルー』か『斑鳩』関係の話をまとめて転載予定。


01月09日(金)

 『幻霧ノ塔』。数日前の話だが、6Fに突入した。が、世間で言われているバランスの悪さが牙をむいてきた。

・味方の数が少なく、敵の数が多め。そのため、殴って一匹ずつ処理するのが面倒
・必然的に魔法に頼ることになる。前衛の使い道は盾役くらい
・呪文抵抗の高い敵とかもいない(悪魔や魔法生物にもダメージ魔法がバンバン通る)ので、やっぱり前衛の使い勝手が悪い
・魔法が全体的に痛い。こちらのHP量に対して魔法やブレスのダメージが割と大きめ
・それは敵に対しても同様なので、魔法使いがターンの最初に行動すればかなり有利に戦える
・と思いきや、味方の全体攻撃魔法はやたらと失敗する。『Wizardry』のBCFみたいに、逆流して味方にダメージが来ないだけマシと言えばそうだが
・魔法ダメージやブレスダメージ軽減の効果がある防具が全然ない。一応、魔法抵抗を高める呪文はあるが、はっきり言って効果を実感できない
・結論「強い魔法を先に撃て」「失敗しないように祈れ」

 ……あー、なんなんだろこれ。

 比較で話をするが、『Wizardry』の戦闘バランスは確かにキツかった。加え、Wizardry自体、戦闘が運に左右される局面は結構あるゲームで、しかも戦闘で創意工夫を凝らす余地のあまりないゲームなんだが、でも面白かったんだよな。戦闘そのものは良くも悪くもシンプルなんだが、基本的に敵とエンカウントする箇所が決まってる(玄室エンカウントね)ので、自パーティの戦力と、エンカウント箇所の数とを考えて、「どの程度戦えるか」「どの程度まで戦うか」「どこで引き返すか」を常時考え、進退を柔軟に切り替えて探索を行うのが面白かったのよ。

 戦闘そのものよりも、戦闘を含めた「理想的な探索計画・探索戦略」を組み立て(意識してか無意識にかはともかく、これは多くのWizプレイヤーがやっていたはずだ)、その上で探索を行う。しかし上記のように戦闘によるランダム要素に振り回されたり(「ヤベえです僧侶がいきなり死にました」「どうすんだよ回復ねえよ!」「しかも帰還ポイントまでは果てしなく遠いのです」みたいな)、その上で可能な限り「理想的な探索計画」に近づくように戦術を駆使したり、または計画・戦略そのものを切り替えたりすることで対応していくのが面白いのだ。

 余談だが、このあたりの楽しさはローグライクにも通ずるところがある。過去の経験からある程度戦略の目処をつけ、そこから「理想的な探索計画」を立て、可能な限りそれに沿うように戦術を展開していく。しかしローグライクはランダム要素の多いゲームなので、状況によって柔軟に戦術・戦略を切り替えたり、切り替えざるを得ないことはよくあるが、それはそれで構わない。その切り替えを行うとき、多少なりともプレイヤーは「先を見据えた戦い」を展開しているはずなのだ。そして、この「先を見据えた戦い」は本当に面白いのだ。

 未だ自分のなかではっきりと答えが出ない命題のひとつ「Wizardryの面白さは何か」。恐らくその答えのひとつは、この「先を見据えた戦い」の中にある。Wizardryの魅力を語るときにキャラの死亡率の高さが語られることはよくあり、それは確かに魅力のひとつだとは思うが、それはあくまで一要素に過ぎない。それを含めた様々な要素が紡ぐ大きな面白さはきっと「先を見据えた戦い」、その中にあるはずだ。今の俺はそう考える。

 話を戻そう。『幻霧ノ塔』だが、このゲームにはその「先を見据えた戦い」の余地がない。最初に書いたように、6Fあたりまで来ると完全に魔法偏重ゲーになるので、「全体魔法を撃てるかどうか」しか考える余地がない。魔法を撃てるなら無理してもOKだし、撃てないならそれが引き上げ時、となる。うっかり魔法の詠唱に失敗したり、敵に先手を取られるとそのまま全滅してゲンナリするわけだ。

 で、何が言いたいのかというと、そろそろプレイが本気で辛くなって参りました。移動と戦闘のテンポの悪さで細かいストレスが溜まりに溜まり、俺の頭の中は「『エルミナージュ』やりてえよう」「『GALZOOアイランド』やりてえよう」とかそんな言葉でいっぱいです。
 あーもう投げようかしら。

 ……とか考えていたんだが、一旦プレイを止めて一日経ったら少し落ち着いた。
 移動・戦闘の細かい箇所でストレスが溜まったり、戦闘バランスなどでゲンナリ気味なのは確かなんだが、ここまでやったんだからもうちょい……という気持ちがあってなんとか続いている。あと、「やってるとどうにもイライラしてくるゲームを、力任せにでも捻じ伏せたい」という気持ちが湧いてきているというのもある。
 6Fの戦闘バランスが魔法偏重すぎることは上に書いた通りだが、とある方からのアドバイスもあり、それを逆手に取る方向で育成を開始する。要するに全員が攻撃魔法を使える状態を目指す。事前に前衛の戦士には魔法使い技能を取らせていたので、ティルトウェイト(仮名)を使えるくらいのレベルになったら装備品を戦士用から魔法使い用に切り替える予定。今は経験値稼ぎの真っ最中だが、折角なので適当にクエストもこなしていくことにしよう。全員が魔法を使えるようになれば、せめてもう少しはなんとかなるだろうと期待しつつ。

 あ、上のほうで書いた「Wizの面白さ」についての部分はあくまで個人的なものなので、他人に押し付けたりするつもりはないのでそこんとこよろしく。あのゲームはシンプル過ぎるほどにシンプルではあるんだが、それでも人によって楽しんでいるポイントが全然違っていたりするあたり、ものすごく深いところがあると思う。


01月08日(木)

 すぐ下の日記で『斑鳩』熱が再燃していると書いた。ゲーセンでもそれなりに遊んでおり、また家庭用もXboxLiveArcade版を遊び、更にはDC版も引っ張り出してしまった。

 さてその家庭用だが、斑鳩を遊ぶときはレバーを使っているのだが、どうにもAC版に比べて操作がやり辛い。何か上手い手はないものか……と考えたのだが、低めのテーブルを用意してその上にレバーを置くことで大分AC版に近い感覚で遊べるようになった。……つうか以前はそうやって遊んでいたんだから、今回も最初っから同じようにやれよ俺。膝の上にレバーとか置いて遊ぶな俺。
 しかしそれでもやっぱりAC版に慣れすぎてると違和感があるな……いや別に移植度とかの話じゃなくて、多分モニタとの距離が問題なのだと思われる。

 俺は『バトルガレッガ』ではミヤモトを使っているのだが、以前ゲーセンでガレッガをやっていたときに友人から「ミヤモトなんて足の速いキャラをよく扱えるな」と言われたことがある。そのときはそんなに速くもないよ、とか思ったのだが、他人がミヤモトを使っているのを観てその速さに驚いたことがある。自分で遊ぶときと人が遊んでいるのを観るときとでは、体感速度が全然違うのだ。
 で、話を斑鳩に戻すが、3面後半シャッター地帯でそれと同じ状況になっておりトホホ。家庭用だとゲーセンで遊んでるときとは比較にならんほど体感速度が速いのよ……鴫が背後からくるところが突破できねえー。まあ慣れるまで頑張ります。

 あと最近、ゲーセンでは『ブレイブルー』も遊んでいたりする。先月の日記で少し話題に出したが、なんだかんだであれ以降ずっと遊んでいたりするのだ。ちなみに使っているキャラは、レイチェル→バング→ハクメンときて本日テイガーも使ってみた。どのキャラ使っても面白く感じるのよな……発売前は全く期待してなかったのだが、いざ遊んでみたら中々に面白く、楽しめている。ちなみに対戦は全くやる気がない……つっても面白いつまらないの話ではなく、俺が見知らぬ人との対戦をあまりやりたくないというだけの話なんだが。

 明日は『幻霧ノ塔』の進捗状況と雑感などを書く予定。


01月06日(火)

 とある方から得た情報だが、『シルバーガン』がXBLAに出るかも知れない、らしい。まだあくまで「かも知れない」の段階なので過剰な期待はしないように。

 ……とか言っておいてナンだが、本音を言えば出て欲しいところだ……SS版ベタ移植でも構わんから出て欲しい(このゲーム、というかサターンのゲームに関してはベタ移植はむしろ難しそうな気もするが)。いや俺は手元にサターン遊べる環境があるけどでも出て欲しい。あと井内氏の日記のほうでシューティングを作るかどうかの話があった。1/6の日記なんだが、これ読む限りは「RS3を含めシューティングを作るつもりはあるけど、今はまだ他に色々やることにするよ」みたいに見えるな。まあ気長に待つことにします。
 最近俺は『斑鳩』熱が再燃していてそちらが楽しくてしゃーないので、無理に今出さなくてもそれでいいや、という気持ちもあるし。ちなみに現在の最高記録はアーケード版で2580万オーバー。過去のベストスコアは2800万ちょいだったはずだが、どうやったらそんなスコア出せたのか自分でもよくわからない。


01月04日(日)

 ゲーム話。『幻霧ノ塔ト剣ノ掟』と『エルミナージュDS』。

 さて、公式サイトを見てもらえればわかるだろうが、『エルミナージュ』が『Wiz』を原典(または原点)としたゲームであることは間違いない。だが、Wizが原典なだけあって、版権絡みの問題で呪文などの名前はオリジナルのものと異なっている。しかし『エルミナージュ』には呪文の名前を変更できるシステムが存在し、つまり自分で名前を書き換えればホーラ『Wiz』と呪文がいっしょだよ! と喜びつつ遊べるわけだ。

 で、『エルミナージュ』のWikiを眺めていたらWizardry風呪文表があって笑う。みんな考えることは一緒だー。
 あと下のほうには別ゲーの呪文に合わせた名前もある、幻霧ノ塔っぽいのとかドラクエ・FFっぽいのとか。にしてもこうして見ると、やっぱ幻霧ノ塔の呪文名は凝ってるなあ。

 そして更にエルミナージュのWikiを眺め、FAQの項目(一部ネタバレっぽいことも書いてあるので注意)を読んでいたらちょっと興味深いことが書いてあった。以下転載。

<<
どんなゲームですか?

Wizの亜流ですが良くも悪くもWizの系譜を受け継いだゲームではあります。
面白さを感じるかは個人の問題ですのでわかりませんが、
基本ユーザー丸投げな自由度の高いシステムが不親切と感じるようでしたら、あまり向いていないと思います。

理不尽なほど奇襲を受けて墓を眺めたり、石の中へ飛んで消滅してみたりする事は日常です。
なにをすれば良いか、どこの敵がたくさん経験値を貰えるか、どこの敵が強力なアイテムを持っているのか、
「そうこ」や「ぶき」「いべんと」というキャラに荷物を持たせて酒場に放置してみたり、
良くも悪くも自分でプレイスタイルを選ぶことが出来るのがElminageなのです。
こんなゲームですので、不親切・説明が足りない等を重視される方には向きません。
>>

 こういうのを読むとやりたくなって困る。こういうことがあるから最近はゲーム系のアンテナを可能な限り低くしているというのに俺のバカ! 今は幻霧をやれと言っているだろう俺!
 ところでやや余談になるけど、『幻霧ノ塔』は個人的にはシステム周りで不親切なのはあんま問題じゃないのよね。あくまで移動と戦闘で「めんどくせー」と感じることが多すぎるのが問題なのであって。つくづく勿体無いなーと思わされるゲームだ。

 あともうひとつ、エルミナージュWikiから転載。DS版のほうのトップページより。

<<
どんなゲームですか?

まずはここを読もう。
そして琴線に響くものがあれば、何は無くとも買おう。遊ぼう。
もし、もう少し具体的なところを知りたいなら、初心者ガイドを覗いてみるのもいい。
>>

 このリンク先のテキスト読んでズギャアと来る人ってどの程度いるのか知らないが、これ書いた人とはいつか一緒にメシ食ったり酒呑んだりしたい。「あと一回だけ戦闘やったら帰ろう」とか思っていたらそこで中ボスが出てきて、しかもセーブしたのが数時間前でリセットするわけにも行かず、必死に戦ってボロボロになりながら勝利を掴んだとか、そんな話をしたり、またはされたりしたい。


01月01日(木)

 あけましておめでとう御座います。皆様今年もよろしく。

 本日はゲーセン行って『斑鳩』やったり、『幻霧ノ塔』を半ば意地だけで進めたり(5Fがもうすぐ突破できそう)、PCの壁紙をアニメ絵の女子キャラ(ぱんつ絵)にしたりしてました。ダメだこの人。


12月分 ← 一覧 → 02月分

戻る
inserted by FC2 system