2000年10月
9月分 ← 一覧 → 11月分

戻る



 10月31日(火)

 とりあえず、ICQはめでたく復活。やりぃ。これでまたネット上の友人達とアホな話ができます。いや、アホな話ばっかりしていたわけでは決して。いやだから白ワンピとかでなくて。だから黙れそこ。


 あとちょっと前に部屋の整理してたら、オウガの同人誌を数冊発見。読んでいるうち、久しぶりにやりたくなったが、手持ちのオウガシリーズを思い出してみると…

SFC版     →本体を出すのが面倒
64版      →SFC版同様
PS版(初代のみ)→ロード長すぎ
SS版(Tオウガのみ)→訊くんじゃねえ

 ってとこです。でもこの手のシミュレーションをやりたくなったんで、やっと先日買ったジオコン4の封を解いてインストール〜。これでこの人に打ち首にされることもないでしょう。


 でもやるのはミスティックアーツだったりするんだこれが。
 やっぱ打ち首ですか俺。



 10月30日(月)

 ぐったり。

 えー、昨日書いたとおり、Winの再インストールは完了しました。以前はオフライン時にIEでHPを見ると何故か画像が表示されないという現象がありましたが、それもきっちり直りました。イエー。

 でも今度はICQがヘンです。

 どうヘンなのかと言うとまず接続してくれない。パスワード入力後はずっと接続中が続く。で、ICQを開いてもメッセの送受信ができないどころか、メッセージウィンドウを開くこともできない。当然履歴も見れない。
 仕方ないのでICQ道場などで調べるつもりなのだけど、独力でどうにかできるとも思えないので、もしここを読んでいる人で原因がわかる人がいたらBBSなりメールなりで教えてプリーズ。

 ちなみにこうなってしまった経緯は、まずWin入れ直しのためにICQフォルダのバックアップを取って、Winを入れ直し、そしてICQフォルダをプログラムファイルに移したらこうなってしまった。なおバージョンは2000a…と表示されているが、ベータ版だったような気もする。

 最悪、ICQの入れ直しも覚悟してはいるが…もしそうなった場合、俺と一度でもICQで話した人のところに「俺と話したときのログをくれ」という内容のメールが届く可能性があるので注意。
 もしメールが届いたらよろしくお願いします。


 でも真面目な話、ネットで知り合った友人と話したどうってことない会話のログは、下手なファイルなんぞよりもずっと重要だと思うのだよなあ。割と本気で。



 10月29日(日)

 Win再インストール完了。


 やりっしゅ!!色々とやりっしゅ!!あれこれと書きたいけど今はネットやりたくてしょうがねえので勘弁!!とりあえず手伝ってくれた白楽に感謝!!  では!!



 10月28日(土)

 どうでもいいっちゃあどうでもいいんですが、昔やっていたドラマ(確かテレビ朝日系列だったような気がする)で、EDテーマが「あ〜りが〜たやありがたや〜、あ〜りが〜たやありがたや〜」ってやつ、誰かタイトル知りませんか。知ってたら教えてくれーい。BBSとかで。


 で、日記。本日は休みだったんでダラダラと過ごしました。

 とりあえずゲーセン行ってハウスオブザデッド(1)、二丁拳銃プレイ。
 インカム倍増!火力も倍増!敵の数も倍増!!(←ややウソ)

 でも命中率は半分以下に。

 そんな感じ。でも面白いです。しかもやってて自分に酔います。マヌケです。
 2ボスが辛いんだよ…コウモリが一気に7匹来る(ことがある)んだ。流石に一人では対応できません。
 あと怒首領蜂。何度かやって1コイン火蜂突入直後ゲームオーバー、そしてコンティニュー→クリア。今年中にはクリアしてやる。


 それと、ウチのマシンのブラウザ(IE)がどうもヘンである(オフライン時に画像が表示されない)ことを以前書きましたが、どうもwinの再インストールしかなさそうです。そうでなくてもIMEがヘンだったりする(いや、元々ヘンだが…更にヘンなのだ)ので、入れ替えの時期だろうということで。
 …うう、気が重い…。



 10月27日(金)

 昨日は9月末同様、ジオのサーバーダウンにより更新できず。まったくもう、昨日入る予定だったヒット数が全部ムダになったではないか!!

どこかの有名サイトがウチにリンク張ってたかも知れないのに!

どこかのヒマな人がウチでリロードしまくってくれたかも知れないのに!!

どこかのエロサイトが「エロエロです」なんて書いて張ったリンクが、間違ってウチに張られてたりしたかも知れないのに!!!


 あるわけねえか。

 でも昨日ウチに来ようとした人はトップでリロードしてください。来ようとしてない人もリロードしてください。ついでに9月末の分もリロードしてください。更にとどめとばかりにあと10回くらいリロードするといいことがあります、俺に。


 とにかく今日の日記。ちなみに昨日の日記の続きなので、昨日の分を先に読んでおくように。


 今日も今日とてどれみ鑑賞。昨日は4話までしか観なかったので今日は5・6話鑑賞〜。
 5話の次回予告、本放送時はプレゼント(主題歌のシングルだった)があったため短縮版だったのがDVD版では長くなってたよ。みんなちゃんと観ておくように。命令。

 …でもジオコンはまだインストどころか、封も開けてないの……。

 だ、だって!俺まだLienすらまともに終わってねえしファントムだってやりてえしFFIXだってあるし最近ダライアス外伝やりたくなってるし!!ああッ斬首場が、斬首場があ!!



 10月26日(木)

 DVDドライブ、接続完了ッ。

 さあどれみですよ!!どれみを観ることができるのですよ!!それでは、レッツ鑑賞!!!
 …ああああああやっぱいいわこれ!!どれみ可愛いしはづき可愛いしあいこ可愛い!(←ダメ人間)。しかも面白いし楽しいし可愛いのはさっきも言った通りだし、買って良かったよぅ〜〜〜。

 でもこうして一話目から通して観ると、本当にどれみは序盤からクオリティの高い話が続いていたことがよくわかる。基本値が高いんだよなあ、面白さの。良作ですよ本当に。

 そして2巻は11月に発売だそうです。もう購入大確定。イーヤッハァ!!

 でもジオコンは未だインストしてねえの。

 早くしねえと打ち首の刑が待ってますヒィィ。



 10月25日(水)

 まず、某氏へ私信。ガレッガ話はちょっと先送りにします。そのうち語るので、気長に待っててくだされ。


 では日記。本日は代休を取ったので会社は休み。で、その休みを使って白楽と新潟市へ。そして、

「ジオコンフリクト The End of Reincarnation」(¥6,580)
DVDドライブ(¥11,000)
DVD版おジャ魔女どれみ 1巻(¥6,460)


を購入。大量消費。なんか衝動買いっぽい…。物欲番長に一歩近づいた気分。
 でも最初の品を購入したことは、「買わないと市中引き摺り回しの上打ち首」などと脅してきたこの人にとっては大満足でしょう。ちゃんと買ったぞオラア!

 でもまだジオコンインストールしてないしドライブ繋いでないし当然どれみも観てません。明日に全部やる予定。


 で、それはさておいて、今朝の外出予定時刻の出来事。
 予定時刻の9時半。白楽が俺を迎えに来たが、そのとき俺は寝てました。やむなく白楽、家に入り俺の部屋の襖をノック、その音で俺は起きたのですが、新潟へ向かう途中その話題が出て。

「まさかお前に寝込みを襲われるとは思わなかったぞ。」

白楽「…ちゃんとノックしただろ。俺だってそっちがヘンなことしてたら嫌だったからな。」

「ヘンなことって何さ。」

俺&白楽「…………。」

 ヘンなことって何でしょう、いやーん。深読み禁止。


 最後に、新潟からの帰り際に寄ったPalo(パロ)ってゲーセンでの、
本日の怒首領蜂。

 結果から行こう。2−4ボスまでノーミス、2−6ボスでボム6つ持ったまま死亡、火蜂発狂でゲームオーバー。即コンティニュー、ボム6つ使いノーミスクリア。
 …ボム使って死んでたら、1コインクリアできてたよ絶対…。
 あと少し、あと少し!



 10月23日(月)

 んー。今日は怒首領蜂も調子悪いしちょびっツはノートが出てねえし。怒首領蜂は最近ずっと調子悪いです。1コイン火蜂(←ひばち、と読む)まで行けないです。当然今日もダメでした。ううむ。

 怒首領蜂はさんざやってるんだから、そのうち家に帰って寝ると夢の中に怒首領蜂の妖精とか出てこないだろうか。当然白ワンピ。でもってシューティングの腕を上げて差し上げましょうとか言うんだけど、俺は自力で上手くなりたいとか言うと感動して私の全てを貴方に以下略とかどうだろう。

 最近この手のネタばっかですまん。



 10月22日(日)

 どうもまだ情緒不安定は続いているようです。以前に比べれば大分マシになってはいるのですけど。


 さて日記。本日のどれみ#。
 まずあいこメインの話であったことから、こちらの方は言うまでも無く大満足だと思われます。それはそれとして、今回もいい話でした。  予想通りにあいことレオンの勝負がメインに描かれ、問題のパトレーヌ部分は本当にラストにしか出てこなかったのが好印象。しかもレオン、意外と熱血バカ(誉め言葉)であったことが判明し、俺内での好感度がちょっと上昇です。ミーはbP、ユーはbQ。あとなんやかんや言いつつ、いちいち勝負に付き合うあいこもポイント高いです。絵もコロコロしてて可愛かったし、前回に引き続き今回もレベル高かったなあ。

 そして次回、どれみ#もう一つの鬼門、健康診断!と思わせて、ぽっぷの4級試験も一緒に行われるようで中々に期待できそう。それにしてもここに来てぽっぷメインの回が急増なのは最終回での話数合わせのためでしょうか。とか考える俺は嫌な大人でしょうか。

 あと、未だにビデオは直ってません。でも「まあいいや」って気持ちがあるその理由は、恐らくDVD版を買うからだというのが、俺としてはなんだかなあな気分です。しかも旧シリーズは確かもうDVD版が発売されているはずだよなあ。観れる環境がないくせして買ってしまいそうだ。まあ、きっと今年中にはDVDドライブ買うと思うが。


 昨日の話。ゲーセン話。白楽とスターフィールドに行き、何気なくダンジョンズ&ドラゴンズ・タワーオブドゥーム(一作目)を遊んでみる。俺はいつものように戦士を選び冒険の旅にゴウ。

 戦士は戦うのがお仕事。剣を振り回しモンスターを薙ぎ倒しますが、しかし!戦士、体力ピンチ!回復アイテムのポーションもどこにもありません!!しかし戦士は慌てません。回復魔法・キュアシリアスワンズの魔力の込められた指輪(アイテム蘭では「CSWリング」と表示されます)を使えば簡単に体力回復です。アイテムを調べ始める戦士、そしてリング発見!いざ使用!!

 「やってやらー」ぴかー。

 コンティニュアルライトの指輪(「CLリング」と表示。強烈な光で敵の視力を奪う)でした。
 いやん大失敗!?しかし戦士は慌てません。アイテムを調べ、別のリングを発見!これだ、これなら!!

 「やってやらー」どごーん。

 ファイアボールの指輪(「FBリング」と表示)でした。戦士、慌ててます。でも敵にダメージを与えて状況が好転!と思いきや敵はヘルハウンドです。火炎系の攻撃が効く訳がありません。戦士、大慌てです。マヌケです。
 そんな戦士を見て白楽が一言。

「おまえの性格そのまんまだ。」

うるせえこの野郎。



 そしてチャットログ10追加。読んでねー、感想あったらよろしくー。



 10月21日(土)

 はいー、では昨日のQOHダイジェストー。

 まずはozがどこぞで見つけたというブロッキングムービーを鑑賞。その感想。

とんでもねえ。

 どんなものをブロッキングしていたかというと、

レミィのジャンプ中→めくりジャンプ中
(密着して)セリオのミサイル(発射タイミングが一定のため、密着するとブロッキングが(比較的)簡単)
セリオのミサイル(離れて)
マルチのミサイル
芹香のメテオストライク
楓の連続技(内容は忘れてしまった)


 中でも凄いのが、ロボコンビのミサイルをブロッキング。ノーデスモード(F4キーのあれ)を使っているため、ミサイルを発動させたマルチ・セリオはすぐにパワーゲージが回復し始めるのですが、ブロッキングの量が多すぎるため回復がおっつかないのです。そんなスピードでブロッキングを行っているというわけです。
 また、相手の跳び込みをブロッキング→ジャンプして空中投げで返す、なども。揃いも揃って人間じゃねえ。


 そして全キャラ使用勝ち抜き戦、戦闘開始。メンツは俺(瑠璃子&ティリア使い)とfeeさん(千鶴&智子使い)、oz(オールラウンダー。メインは瑞穂&志保&セリオ&理奈)と内藤雷太氏(智子使い)。2チームに分かれてのチーム戦、結果は勝ったり負けたりといい塩梅にシーソーゲーム。最後はoz&内藤雷太氏組の勝ちとなりました。それでもみんなメインキャラはそれなりに勝ってましたー。そしてその後は野試合突入。

 印象に残ったのは坂下の強さ。飛び膝踵落とし(竜巻+ボタン)が強い強い。異様な相殺判定でどんな攻撃もカウンター。相殺ダメージ蓄積効果もあってヤバイ威力。あとガードキャンセルでないと反撃できないので、GCが弱いキャラはキツイです。そのほか流星脚も出した瞬間から相殺判定があるのがとんでもないです。それを思い知ったのが、芹香vs坂下戦。以下状況説明。

 双方の体力は限界、画面端に追い込まれた坂下バックジャンプ。そして芹香もバックジャンプからEX雷を出しますが、暗転直後に再度暗転、坂下がEX流星脚を仕掛けます…だか遅い!

雷に包まれる坂下!
しかしあろうことか、

流星脚出際のモーションで雷を全段相殺!!
そのまま空中の芹香を蹴り飛ばし坂下勝利。

 こんなです、坂下は。…つええよ。


 弱キャラ限定戦なども行いましたー。各々自分が扱えないキャラを10人選んで対戦(総当り)。勝った側が次のキャラを使い、先に10人使い切ったものが勝ち、というルール。
 これが中々に面白かった。普段使いなれないキャラを使うことでそのキャラの動きだのなんだのが見えてきますし、自キャラを相手にしたときの感覚なども掴む事ができたのでありまする。

 みんな扱い慣れないキャラを使うので、仲間の動きを真似て動いていました。中には壮絶に減らせる連続技などを知っている者もいました。しかしそれでも、みんな普段使ってないキャラを使う以上「何かイマイチな動き」になってました。
 基礎の重要さ、というのを知ったのです。どんなに凄い連続技を知っていても、どんなに知識があっても、それを実践できねば意味はないし、できたとしてもエリアルを確実に決められないだとか普段の立ち回りが上手くできないだとか、そういう部分で差が出ると感じた次第。

 やっぱり一朝一夕には上手くはなれない、経験の量こそが、底力になるのですな。
 というわけで、まだまだ俺には精進が必要なようです。



 10月20日(金)

 相殺は「そうさい」と読むんだ!

 さて、本日はfeeさん宅にてQOHをやってまいりました〜…のですが、ちょっと時間が遅すぎるため明日にでも詳細を語らせてもらいます。

 では、本日はこれにて。



 10月18日(水)

 白楽との会話。一部誇張あり。


白楽「なあ。ちょびっツって、パソコンが女の子の形をしてるんだよな。」

「ん?ああ、そうだな。」

白楽「じゃあさ。自作機の、パーツショップとかってどうなってるんだろ。」

「?…(想像中)…!!!」

白楽「やっぱりCPUは頭だろうから、生首が並んでたりするんだろうか。いや、もっと細かく生体パーツで、眼球とか声帯とかに分かれて売られているんだろうか。」

「となると、同様に腕や脚も…!!」

白楽「自作機の工房とかはどうなってるんだろうか…生首やら腕やら脚やらが、ベルトコンベアで流れてきて…。」

「それをがちゃがちゃとハンダ付け…場合によっては眼球なども…!!」

俺&白楽「うっわあああああああああああああ!!!嫌あああああああ!!!!


 しかし一番嫌なのは、いっつもこんなことを考えている俺らの頭の中だと思います。



 あとチャットログ9追加。ただし、今回はちょっと……思うところがある内容。削ろうかと思ったけど、敢えて残した箇所があったりします。警鐘と自戒の意味を込めて。

 まあ…、読んで判断してみてください。あと意見など、あったらよろしくです。



 10月17日(火)

 どうにもこうにも気力がないのですが、それでもちょっとワケありなので頑張るんだよオラア!!
 てなわけで、本日の日記参ります。


 さて、今月のトピック部分なのですが。
 「あやつとの出会いから早一年。」

 さて、あやつとは誰でしょう。恐らくここの読者のほとんどは、ozか白楽を連想するのでしょうが、残念ながらこの二人ではありません。しかし何度もこの日記に名前が出ている存在であります…、この「存在」って言い方でもうわかった人もいるかも。そう、あやつとは、「火蜂」。

 知らない方もいると思われるので、詳しく解説。火蜂とは、97年上期にケイブ開発・アトラス販売で発売されたアーケードゲーム、「怒首領蜂」(どどんぱち、と読む)のラスボスであります。
 この「怒首領蜂」というゲーム、それまでのシューティングでは考えられなかったような数の敵弾が襲ってきます。「画面を埋め尽くす」という表現が誇張でないほどに。画面上で弾のある面積より弾のない面積のほうが小さい、と言えば理解してもらえるでしょう(信じては貰えないかも知れないのですが)。

 そんなゲームのラスボスです。それまでの攻撃も十分過ぎる程に「神の領域」とか「ニュータイプ」の世界でしたが、それを突破してきた戦士達を絶望のどん底に叩き落すほどの攻撃を仕掛けてくるのです。その様は「シューティング史上最凶」などとまで評されました。
 しかし決して「ただ強い」だけではないあたりが、このゲームを名作にしている理由のひとつ。「強敵」でありながら、「好敵手」なのです。理不尽さに怒るような相手ではなく、敵ながらにしてその強さに、威厳に惚れ込むような相手なのです。最近は多用されない言葉のようですが「カリスマ性」があるのです。
 余談ではありますが、名作と呼ばれるゲームにはこの手の敵が多々います。自分の好きなゲームの中から、そういった敵を探してみるのもまた一興かと。

 火蜂とは、それほどの存在なのです。少なくとも、シューターにとっては畏怖と憧憬の対象と言っていいでしょう。
 そんな火蜂に俺が逢ったのは、俺の記憶が確かならば、去年の10月17日。そう、今日こそが「あいつと出会って早一年」なのです。


 一年経っても未だ勝てぬ、しかし面白くてしょうがねえこの勝負。例え普通に勝てるようになったとしても、まだ続くであろうこの勝負。

 俺が俺である以上、この勝負には終わりはない。



 10月16日(月)

 今週のちょびっツ(……)。

 何故ノートパソコンが出ない。

 だってさあ!!すももが壊れたから今後どうするかを話し合うために友人の家に行って、そこにはすもも以外のノートパソコンが3台くらいあって、そいで主人公と友人とが話し合っている間にノートがてけてけと走りまわったりとか主人公を物珍しげに眺めてたりとか主人公によじ登ろうとして落っこちて転がるとか、そういうシーンがあってもいいじゃんかよう!!それに(10万文字削除)よう(号泣)!!

 畜生、ナイスバデーな自作機出してる場合じゃねえだろうが!!


 でもまあ、だぶだぶの服を着たちぃが可愛かったからギリギリ及第点(←ダメ人間)。


 あとQOHネタで、あまりに普遍しすぎていて書く気にならなかった事柄をおさらいの意味でまとめようかと思っているのですが、それをやる時間があったらチャットログのタグ打ちやっているのでどうにもこうにも。QOHに対する気力が増えればやると思うのだが。
 なぁ、誰かウチに来てQOHやらんか。



 10月15日(日)

 昨日の日記をサボったのは、チャットログのタグ打ちをしていたからです。
 という理由が3割ほどで、残り7割は寝ていたからだというのは、君と僕と、あといつか俺が出会うであろう白ワンピの女の子との間の秘密だよ。ミンナニハナイショダヨ(ゼルダ)。

 で、ログ8追加。見所は後半の惚れっぽ大魔王の暴走っぷりでしょうか。意見などあったらよろしく。


 では日記ー。まずはどれみ#…と言いたいところだが、あろうことかデッキがブチ壊れやがりました。入れたビデオを取り出すことが出来ず、更に再生・巻戻し・早送りができなくなりました。故に録画失敗!!ド畜生めがぁ、なんてこった!!
 でも壊れたのに気付いたのがタイマーをセットするときだったので、録画失敗を見越して本放送を観ました。イエー。情熱です(情熱の掛け所を間違えてます)。

 で、どれみ#。今回は久しぶりにぽっぷがメイン。いい話でした。一見我侭に見えて実は影で頑張るきみたか、それを知って手助けをするぽっぷ、お姉ちゃんらしさを見せるどれみ、そしてラストの組み体操と、見所多かったです。

 俺がこのアニメを好きな点として、魔法が手助けに過ぎないあたりがあったりします。今回で言うならきみたかが組み体操の練習をするシーンなどなのですが、魔法で「組み体操が出来る」ようにしてしまえば一気に話は解決します。しかしそうではなく、魔法で「組み体操の練習の手助けをする」あたりが良いのですよ。あくま魔法は補助に過ぎず、最後には自力で物事を成し遂げているのが良いのです。
 これは#開始時、ハナの世話をするときは魔法を使わないようにしようと誓うどれみたちにも表れているのですが(更にここでは、それをどれみ達に教えるのではなく、どれみ達自身に気付かせているのもポイントだった)。
 なんにせよ、良作なのですよ。

 そして次回!最近どうも出番がねえと思っていたハナが登場!そしてFLAT4も登場!…ということはどれみ#の鬼門、パトレーヌ編の予感が…しかしあいことの勝負をメインに据えた話のようで、心揺れるのもまた事実。果たしてそのクオリティやいかにッ。


 昨日サボった分、もうちょっと続きます。
 ここの日記、10月12日を参照。「ブルータルデビルプロジェクト」という映画の話。

 ……いやーん、ステキー!!なんだかとっても気分がいいぜ!!

 どんな映画かって、「ブレアウィッチまんまです」で解説できそうなあたりがまずステキ!俺はブレアウィッチ観たことねえけど、それでも胡散臭そうなオーラダメそうなオーラが同時にはっきりと感じられるあたりもまたステキ!!そして、

いかがわしい中国人、

唐突に死んでしまう主人公達、

そして大量生産この上ナシなキチギャイさん!!!


 うわあなんてすごそうなんだ(棒読み)!!こいつは借りるしかなさそうだ!!とりあえず明日にでもレンタルするつもり。

 でも明日になったら借りる気が失せているに3000点。



 10月13日(金)

 なんか、ネタがねえよ。


 うわあああああどうしようどうしよう!!9月29日の日記にあんなこと書いた手前、こんな理由で日記を書かなかったりした日にはとんでもないことになってしまう!!えーとそうだな、例えばだなぁ、俺のところに妙にたどたどしい文字で書かれた手紙が届いて、その内容が、

 「はじめまして、まはまんさん。ぼくはいつもまはまんさんの日記を楽しく読ませていただております。
 さて本だいですが、まはまんさんの日記の9がつ29日のところでは「ネタがないなんて理由は気にくわない」と書いてあるのに、10がつ13日ではネタがないという理由で日記が書かれてません。
 なんでさいしょはネタがないのはダメといっておきながら、あとでおんなじ理由でかかないのでしょう。ずるいとおもいます。」


 とかだったりするかも知れない!!しかもこれを出した小学生(想像)が、今まで俺のことを素晴らしい人格者と思っていたのに実はこんな奴だったことにショックを受けて、鬱病にかかってしまうかも知れない!更には人生に絶望して自殺とかしちゃうかも!!嗚呼!!
 そしてその母親がマスコミに訴えたりして、「裁判沙汰も辞さない覚悟ザマス」とか眼鏡のずれを直しながら言ったりするんだ!!そうすると自分の頭で考えることを知らない衆愚共が俺ん家に押しかけて、昼夜問わず叫びつづけたり、家の壁に落書きしたり、家の前に生ゴミや動物の死体を捨てたり、石を投げつけられて窓ガラスが全部割られたりするんだあぁぁぁぁぁ!!イヤーンなんてこったー!!

 とか思っていたらいい具合に日記が埋まりました。


 さて、別に今日は暴走したかったわけではなくて、9月29日の日記の追記がしたかったのです。俺は「ネタがないなんて理由は気に喰わない」と書きましたが、あれは
「書かなかった理由として、ネタがなかったと言うのが気に喰わない」
のであって、
「ネタがないという書き出しで日記を書く」
ことはまったく問題ないと思ってます。むしろそういうのは好きだったりもするのです。

 「セコイ言い訳はやめようね、どうせなら笑いを取れる言い訳を考えて見ろや」ってことです。
 少なくとも、文章をメインに据えたHP作ってる以上は、ねえ。



 10月12日(木)

 俺は元々寝ることが好きで、隙あらば寝るような男なのですが、そんな俺でも最近はちょっとおかしいと感じるほどに睡魔に襲われます。これはやはり、旅行→宿直→休日ナシ、という3段攻撃によるものだと思われます。くそう、なんてこった!
 おかげで会社帰りにゲーセンに行って夜遅くまで遊んでたり、会社からまっすぐ家に帰ったと思ったらゲーセンに行って夜遅くまで遊んでたり、ゲーセンから家に帰ったら帰ったで午前3時までネットを満喫してたり、たまに早く寝たと思ったら翌朝早くに起きてネットやってたりすると眠くてしょうがねえじゃねえかよ!!どうしてくれんだ畜生め!!(←どうしてくれんだはこの野郎です)


 それとリンク追加(予定)。何度かここの話題に出ているチャットで知り合ったゆーじさんのHP、
「あの日々をもう一度」を追加。ネットゲーの話題がメイン。行っとけ行っとけ〜。


 それとチャットログ7.5も手直し終了。さて、8以降に手をつけねば…。



 10月11日(水)

 研修旅行ダイジェスト、9日分。

 朝起きて朝食をおかわりしまくっただとか銅像展示館で鵺の像があって結構な出来ですごかっただとか昼飯が美味かっただとかその辺は端折って、帰りの車中で観たビデオの話(タイトルは忘れた)。

 主人公は黒人の泥棒で、1700万ドル相当のダイヤを盗み出そうとするところから話は始まる。そして盗むことには成功するが、仲間の裏切りにより建設中のビル内で警察に捕らえられてしまう。ダイヤはビルの通気孔に隠しておいたのだが、服役を終えて件のビルに行ってみるとそこはロス市警警察署。なんとかダイヤを取り戻すべく、主人公は履歴を偽造し、転属してきた警官を装って署内に侵入するのだが、意図せぬ活躍を重ねてしまい…って話。

 割と面白かったです。ただしあくまで「意図せぬ活躍」のあたりだけ。途中にいくらか張られている伏線はほとんど意味をなしてないし、ラストはどうにもダマされたようにしか感じられません。総合的にはイマイチでした。


 そしてバスは会社に到着、これで家に帰ってゆっくり休めると思いきや、俺は会社の宿直があるためにまた会社に戻るハメになっております。腹を立てつつ家に帰って準備をしてついでにネットもちょっとだけやって、ヒマになることを見越してビデオを持っていくことにします。モノは「どれみ#」そして「怒首領蜂(1巻)」
 会社で観るどれみと怒首領蜂は、普段とは一味違って感じられました(←バカ)。

 で、どれみ#。今回はあいこの回想シーンが出たときに、「まさか今回は回想で全部埋めるつもりか!?」と危惧しましたが、幸いそんなことはありませんでした。話自体はそこそこ普通でしたが、久しぶりにおんぷが旧シリーズのような、ちょっと意地悪な性格になっていたのが見所だったかと。おんぷは#になってから本当に普通のいい子になっちゃったので、キャラを今まで以上に確立させる意味でもこの線で進めていって欲しい次第です。無論、「根はいい子」であるのは基本として。


 そして怒首領蜂。これ、やっぱりとんでもねえです。収録が行われたのは97年11月だそうなのですが、2000年現在の俺よりも遥かに上手いです。ビデオを観ていて、2周目後半なんかはもう独り言多発。
「うぇ!!」「なんで避けられる!?」「あぶね!」
といった感じ。
 特に火蜂戦などはシューターでない人は当然、シューターでも下手をすると目が潰れそうなほどの凄まじい弾幕と弾避けが展開されるので注意が必要です。

 いや、何度観ても本当に凄かったです。



 10月10日(火)

 研修旅行から帰ってくる頃には直るだろうと思っていた情緒不安定、実際には直るどころか根が深くなりつつある兆しさえ見せている今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 俺はノートパソコンが欲しくなりました。


 わかんねえ人は今号のヤングマガジンの「ちょびっツ」参照。
 いーなーいーなー。俺もノートパソコン欲しいなー。チャイナな服装で語尾に「でし」をつけて喋るのがいーなー。いや、和人形っぽいのとかでもいーなー。いや、ちょっと大きめでだぶだぶの服を着たノートパソコンとかでもいーなー。そいでさ、

そのノートパソコンが手のひらに乗ってにこにこーと笑ったり、

黙々と本を読んでいたりすると側に寄ってきて、気を引くために服をぎゅっと掴んでくいくいと引っ張ったり、

リュックの中に入れておいたらそこからちょこんと顔を出してきょろきょろしたりするんだぜぇええええええ!!


 うあああああ欲しい!!すげえ欲しい!!くれ!!誰か俺にノートパソコンくれええええ!!!



 さて、ちょっとイっちゃった人は放っておいて、研修旅行ダイジェスト。まずは8日。
 この旅行のせいで休日を潰されたことにより、どうにも不機嫌なまはまん氏。帰ってくるまでどれみがお預けになることでさらに不機嫌になっております。
 しかしそんな不機嫌な彼にはお構い無しにバスは出発進行。なんやかんやで目的地の一つ、海王丸パークへと到着します。要するに臨海公園とかいうやつです。ふらりふらりと散策していると、休日であるせいかご家族連れが目立ちます。必然的にちみっちゃい女の子も目立ちます。公園内にあるアスレチック(だっけ?)には大勢のちみっちゃい女の子です。まはまん氏、ちょっと不機嫌指数減少。わーい。でも一緒に遊べなかったためほんのちょっと不機嫌増加。ケッ。

 なお、この海王丸パークの話は笑うところであり、間違っても「うわあ…まはまんさん…」なんて引いたり、「そう…まはまんさんだもんね…そうだよね…」と、何かを悟ってしまったりしてはいけません。

 そして旅館に到着。温泉とか宴会とかは端折って、ゲーマーなら当然のゲームコーナーチェーーーック!!を行うまはまん氏。


 なんとガンフロンティアを発見。


 一旅館が入荷するにはあまりに渋いこのゲーム。やるしかねえと燃え上がるも、なんとモニタが死んでいるというオチがついておりました。しかも死んでいるのはモニタだけらしく、音はちゃんと聞こえていたあたりがまたやるせなさ炸裂。ぐああああああヘビの生殺しかああ!!?

 ちなみに他のゲームは大した期待を持っていなかったのですが、事実その通りの年代的にも質的にも中途半端なラインナップでした。敢えて言うならワンダーボーイ(FCに「高橋名人の冒険島」というタイトルで移植されていたアレ)があったのが高ポイントでしょうか。


 さて、そんなこんなの旅行ダイジェスト、後半戦はまた明日!

 それとチャットログ7も手直ししました。まだ発展途上なんで、意見があったらよろしくです。



 10月7日(土)

 業務連絡。明日から会社の研修旅行のため、日記の更新が止まります。ご了承下さい。


 さて、日記。最近はどうにも情緒不安定気味でいけません。感情の起伏が妙に激しいのです。これは問題です。こんなときには静かに己を見つめなおすことが必要です。
 そんな訳で怒首領蜂です。

 何故にと問われそうですが、俺はあの弾幕を抜けていると己の過去にあった出来事が一つ一つ頭の中に浮かんでくることがあるのです。走馬灯ってこういうのかなあ、なんて考えてしまうほどに。しかしこれって俺だけなのでしょうか。俺以外にこういう人がいたらBBSにて御一報頂きたいものです…でもウチってシューターの読者がいなさそうだから無理っぽいよなぁ。くすん。

 で、怒首領蜂。本日はこれだけで埋めます。
 今日はヘンに調子が良く、2−3ボスまで1ミス、そのまま2−5まで突入。快挙です(←レベル低いなあ)。とは言え2−5は難所、ボムを抱えつつ死んだりしながら突破、2−6はボム使い切って一機失い、ボス戦突入時ボム5発。全部使い切ればノーミス突破できると判断、ガシガシ使って見事蜂戦へ。しかしノーボムではたかが知れており、即座に一機失う。この時点で残機は2。そのままボムを一発使い、どうにか火蜂戦に入るが、しょっぱなの弾幕で死亡。ボム4つ抱えたまま。これが引っかかり結局そのまま火蜂戦で終了。
 しかし即刻コンティニュー、これならクリアできると気合を入れる、しかしマヌケさには定評があるまはまん氏、ボム5発抱えたまま死んだりとなんかマヌケな展開を見せます。使えよ。

 そんなこんなの火蜂戦、最後は体力2cmほどまで追い詰めますが(アストロシティで)、当方が負ける形で幕を閉じます。くう。無念。
 でもボム使い切れれば一回のコンティニューでクリアは絶対にできた。1コインクリアも近づいてます。

気合を入れろ、俺!!



 10月6日(金)

 ちょっと前の話だが、カラフルピュアガール購入。

 常連の日向悠二氏がモノクロイラスト一位をゲットしておりましたな。実は俺、この雑誌の常連の中ではこの人のイラストが一番好きで、いつもギリギリで一位を逃すのを見ては非常に残念な思いを抱き、勝手に「無冠の帝王・日向悠二」とか思っていたりしました(失礼な野郎だ)。
 なんで今回の一位は俺にとっても嬉しかったりします。それにしてもこの人、HP作らないかなあ。すぐにリンク張るんだが。

 あと日向悠二氏が原画を担当するエロゲー「紫花−しのはな−」ですが、こっちも気になります。ストーリーもちょっと俺好みっぽいので、買うかどうかはともかくチェックは入れる予定。いいゲームになるといいのだが。でも日向氏の描く絵柄でのえっちぃシーンって、どうにも想像できんなあ。


 なお、確か5月の日記だったかに書いた、ピュアガールの常連であるRYO氏が原画を担当するエロゲー「KING」は、なんとなくわかるでしょうが買ってません。
 …だって、ねえ。ピュアガールの攻略を見る限り、クソゲーなのは言うまでもねえようだし、なによりあのゲーム、顔はかわいいけど体の描き方がめちゃくちゃなんだもん。雑誌に載っている写真のいくつかを見てもらえればすぐにわかるけどさあ。中でもこりゃねえよと思ったのはショートカット女子高生のひとりエッチのシーン。パッケージ裏にも写真が載っているのですが、

女の子の足が折れてるようにしか見えません。


泣いているのは恥じらいからか快楽からか、はたまた足の痛みからかと言った具合です。

 機会があったら是非一度ご覧あれ。本当に折れてるとしか思えんのよ。



 10月5日(木)

 テレビを観てたら、えらく小生意気で腹立つ小娘共が出ていやがりました。そりゃもう、張っ倒してやりたくなるほどに小生意気な娘共。
 「なんだこの女(アマ)共は」と思いながらも見ていると、こやつらがモーニング娘とか抜かす連中らしい。
 つうわけで、モーニング娘は今後腹立つ女共の呼称に決定。

 しかしあれですな、モーニング娘とは複数形ですが、固体を表す場合はやはり山田まりあと言うべきでしょうか。いや、単に俺がこの女が大嫌いなだけなんですが。
 どうでもいいですな。それにしてもネタの練りが甘くてスマン。


 「冒険者達の夜」のログを大幅修正。
 前回はチャットのログに本当に少々の手を加えただけでしたが、今回は読みやすくするためにかなり色々と手を加えてみました。上から下へ読むようにしたり、一人が複数回発言をしているのを一つにまとめたり。
 特に、

AさんがBさんに発言
   ↓
Cさんが発言
   ↓
BさんがAさんに返事


 これが問題。チャットでは非常によくあることなのですが、これ、読む側にとっては非常に読み辛い文章になります。こういうのを全部手直ししました。「ギャー切り貼りめんどくせーーーーッ!!」と叫びそうになりながら。


 とりあえず6だけですが、前回に比べて3倍は読みやすくなっている(当社比)ので、良かったら読んでくださいな。ほかのログも直しますぜ。



 10月4日(水)

 祝、5000ヒット達成。


 ついに5000に届きましたよ。やったねッ。でもこんな辺鄙なHPでは、俺くらいしか祝ってくれる人はいません。それに5000を踏んだ人の申告もありゃしませんでした。
 …くそう、くそう!ちくしょう!!ウチが「異次元系サイト」とか「なんちゃってQOH系サイト」だからって馬鹿にしやがって!!こうなったら俺がなんとかして派手にしてやる!!
 そうだな、5000ヒットを踏んだのは、小柄で頭身低めで手足細くてデコでタレ目で童顔、かつメリハリのない体型で白ワンピの女の子!!申告しなかったのは気が動転していたから!!そしてその小柄で(略)ンピの女の子はそのことを謝りたくてウチに来るのだ!!どうやってウチに来るのかを疑問に思う輩もいそうだが、そんなモン空から降ってきたりとか鏡の中から出てきたりだとか俺がゴミ捨て場から拾ってきたりだとかすりゃいいんだよオラア!文句あっかよオラア!!
 そして俺にそのことを謝った小(略)の子(以下白ワンピ)はだなぁ、

白ワンピ「せめてものお礼と、5000ヒットの記念として、料理を作らせていただきました。お口に合うといいのですけど…」

とか言ったりして、でもってそこには豪華ではないけど愛情こもった料理とかが並んでいたりするんだよ!最高だね最高だよ!そしてその料理を食べた後は、

白ワンピ「実は…もう一つ、5000ヒット記念のプレゼントがあるんです…」

俺「え?なになに?何があるの?」

白ワンピ「(無言ですっと手を差し出す)」

俺「え?この手首に巻いたリボン?」

白ワンピ「違います…このリボンは包装ですよ」

俺「…包装ってことは、まさか、つまり、君を!?」

白ワンピ「(こくりと頷いて)…良かったら、私を抱いてください…」

なんつったりして、なんつったりしてなあ、


あーバカみてえ俺。



 10月3日(火)

 先日、ozからメールが届く。
 「火曜か水曜にfeeさんとこでQOH。内藤雷太氏も来る。貴様も来れるなら来い(意訳)」とのこと。
 良かろう、ozの操る坂下がどの程度のものか、見せてもらおうではないか、と意気込んではいたのですが、本日は仕事が長引き9時まで会社にいました。
 「11時半までQOHをやるとして、家に帰らずに直接feeさんとこに行けば、移動時間を考慮しても2時間は遊べるな」
 そう判断し、QOHをやっているかどうか確認すべくozの携帯に電話。
 「もうすぐお開きだよ」

 そんなですか。

 一体貴様等何時からやってたと問うたところ、6時半からやっていたとのこと。ンな時間に行けるわけねえだろうがぁ!!
 ちぃ、やむを得ん。ならば明日だ。明日なら6時半に帰れるかも知れん、それなら内藤雷太氏の腕もoz操る坂下も確認できようて。
 「明日は俺らが無理っぽい」

 そんなですか。

 うあー、最近QOHで対戦やってない気がするぞッ。ちくしょ、誰かウチまで来いやあ!!(ヤケ)



 1日の日記に書いた、ゲーセンで見知らぬ人に声を掛けられたって話ですが。どうということはなく、ゲーセンに行ってガレッガやろうとしたらその人が話しかけてきたと、それだけのことです。その人は一年ほど前に長岡のゲーセンに訪れて、ヨーカドーで店長に俺のことを尋ねたりしたんだそうです。恐らくはそのときに俺の顔を覚えていたらしく、「まはまんさんですか?」とか訊いてきたりもしました。
 うーむ、俺って覚えやすい顔をしているのだろうか。

 その後はあちこちのゲーセンや常連の話、シューティング話などで色々と話しこみました。「ガレッガのミヤモト見せてもらえませんか」なんて言われたんで、ビクビクしながらプレイしたりもしましたー。
 終わった後に「聞いてたほどじゃないんですね」とか「大したことないんですね」とか言われるんじゃないかと脅えてましたが、どうやら俺のプレイに満足してもらえたようでほっと一安心。でも俺、4ボス前で勲章落としたりブラックハートII倒せてなかったりするんです。

ダメだ俺。ああもう、ショボイなあ。


 ちなみにその方もシューターで、腕前は結構(いや、かなり?)なもののようでした。でもちょっぴり自慢ぐせ(byシルバー王女)があったのがどうかと思いましたとさ。

 でも楽しかったですよん。何かあったらまた会えるといいんだけどなあ。



 10月1日(日)

 昨日はサーバーダウンで更新できず。一応日記は更新されているから、一応見てねー。ここにリンクを張ったって話なんだが。


 午後2時。ヒマになったのでふとozに電話。「QOHの新バージョンがアップされてたよ」
 ネット接続!早速DL!おっと渡辺製作所をお気に入りに登録してねえのを忘れてた、しかもショートカットも作ってねえ!しゃあない、ウチのHPのリンクでゴウ!しまった昨日からジオはサーバーダウンで入れやしねえぜ!いや待て俺、確か8月の日記からリンクを張っておいたはず!よっしゃ発見、すぐに飛んで即座にDL開始だオラア、行くぜIria起動!!

 1時間10分以上もかかりました。

 何故にこんなに時間がかかったんだろう。午後2時なのに。いくら8メガとはいえ。


 で、落としたファイルですが、坂下好恵が使用可能となっております。ベースキャラはあすかの虎美でした。ozに「坂下は俺専用だから使っちゃダメ」と言われました。「ティリアは君、ラピードはfee、だから坂下は俺」とのことでした。うへー。

 と言われても使ってみましたー。感想、「もっさり」。

 いや、なんかもっさりなのです。動きとか技とか。ある意味香奈子以上に。ダッシュとジャンプと立ち中攻撃が特にそんな感じなのだが。でも技の相殺判定は強そうでした。
 でも俺の好みのキャラではなさそうだったんで、多分俺のメインに加わることはないでしょう。何かすごい面白いことが無い限りは。よってほぼ間違いなく仲間内ではoz専用キャラとなるでしょう。良かったねえoz。


 あと本日、ゲーセンにて見知らぬ人に話しかけられたが、それは明日にでも。ちなみにバイオレンスな話ではないぞ。



9月分 ← 一覧 → 11月分

戻る
inserted by FC2 system