2002年1月
2001年12月分 ← 一覧 → 2月分

戻る


1月31日(木)

 地元は田舎なので、アルカディアの発売は一日遅いのだが、どういうわけかゲーセンに既に最新号が置いてあった。斑鳩〜と思いながら読んでみた。そしたら、そしたら、ギルティギアXXの続報が目に付いたのですよ。なんとなしに記事読んでみたら、あーた。
 ブリジットたん実は野郎だとか書いてあるじゃないですか

 2ちゃんのほうでもこんなスレが立ってるし、かつてのはじるす騒動を思い出すこの展開! さあ祭の予感だ!!(やめなさい)

 にしてもだ。なんでこんなことやらかしやがったかっつーとそりゃもう言わずもがな、ショタ趣味の同人腐女子の人気ゲットという明快すぎる(あざといとも言えるな)狙いがあるんでしょうなあ。かつてKOFでパオが出たときも思ったんだが。
 元より同人人気の高いギルティギア、これで新規プレイヤー層を確立し、格ゲーの新天地目指して突き進んでいくつもりなのでありましょう。

 しかしみんな、これでいいのか!? わーい新しい女キャラー、と思ったら実はショタキャラだったなんて事態に納得できるのか!? いやできまい(反語)、我慢なるまい!!
 というわけで続編には是非ヨウジョキャラを熱烈希望の旨、アークシステムワークスに要望メールを送りまくるしかあるまいて。出さぬ場合はアークに放火

一千人のヨウジョスキーの戦闘団(カンブグルツベ)で
アークを燃やし尽くしてやる


てな具合に(やめれ)。


 ま、スレイヤーがいれば実はショタキャラだった一見ヨウジョ系キャラの一人や二人どうでもいいや。……どうでも…………ウワァァァァァァァン!!(←まはまんさんは我慢しきれなかった模様です)



1月29日(火)

 斑鳩、ようやっと1面で300万オーバー出せたナリよー。この嬉しさはイージークリア時に匹敵するほどだ。にしても発売当初から今までずっとやっているのに未だ2回しか1面ラストの早回し雑魚を出したことがないってのは我ながらどうかと思う
 ここさえ安定できれば300万オーバーは安定しそうなのだが、と言いたいところだが最近また1面途中でチェーン切れまくっており1面クリア時220万以下すら多々あってトホホな日々。ぬう。


 それと地味にヒットラーの復活セリフ集製作進めていたんですが、作っているうちに興がのってきたのでついアイテムリスト製作したり攻略書いたりしておりました、んで画像もあったほうがいいかなーと思いいくつかスクリーンショット撮っておいたんですが、著作権関係の問題を避けるためカプコンの公式サイトにてゲーム画像を使用できるか否か確認したところ、

>ダメ。ダメっつったらダメ。

といった内容が非常に丁寧な文面で書かれており、俺がさんざ苦労して撮りに撮ってbmpからjpgに変換してファイル名もわかりやすく変更して掲載時のキャプションまで考えておいたスクリーンショットの数々は全て使用不能と相成りまして候!!(少し落ちつけ)
 うがー、こんな古いゲーム扱うの俺くらいなんだから見逃せよン畜生(勝手なこと言うな)。

 でも画像使えないならhtml製作は楽になるなと素晴らしくぐうたらな考えも浮かんでおります。


森羅の奇妙な冒険
 やっぱりジョジョネタは汎用性が高くてステキだ。これは本スレ内にあったのだが、このままの勢いでネタスレも立たぬものかのう。男塾とかカイジとかも混ぜればきっと、きっと……!(きっと何だ)


不動明王の剣、射出30秒前Flash
 斑鳩のストーリーを知ってる人ならクるものがある筈、射出前のシステムチェックをFlash化したものです。続編も作られそうな雰囲気があるので(いや俺の勝手な思いこみなんだが)期待したいです。



1月28日(月)

 どれみ最終回。
 すげえハンパな展開でした

 んあー。抱えていた問題が完全解決→気分一新新シリーズ突入という展開を望んでいた俺としてはなんとも言えぬ回でしたー。実質今回は最終回でもなんでもなく、来週からタイトルが変わるだけと解釈すればいいんですけど。
 ちなみに今シリーズは順位付けをするなら#以上、無印(初代)未満っつーとこでしょうか。全体的に「等身大の話」が多いのは俺としては本当に良かったのですが、それに対し「うわべだけ重い話」があまりにアレだったのが。#で重く描きすぎたが故の反省からああなってしまったんだろうか。

 とはいえど、一年間楽しませてもらったのも確かなのであり、面白かったなあというのが本音であります。来週からがまた楽しみだ。
 しかしそれと同時にあちこちでコメットさんの高評価を見掛けるのであり馬鹿野郎新潟じゃ放送してねえんだよと悔しさの余り血が滲むほどに拳を玄武岩に打ち付けたりしてしまいますこん畜生

 くそう、ひとまずビデオを待つとするかね。


 斑鳩。先日、行き付けの店に恐らくは遠征で来たのであろう猛者がおりました。1面2面は当然として3面序盤そして4面花地帯においてもなんら気圧されることなくガンガン稼ぎに稼いでいたのですが、途中何度かミスっており結果ノーマルALL2000万ちょい。ミスが無ければ2400万は確実にいったのではなかろうか。
 ノーマル5面突入時1200万程度の俺としてはあまりの腕の差に気が遠くなるやらやるせなくなるやら己の腕のヘボさを痛感し見るのが辛くなるやらで血が吹き出るほどに拳を玄武岩に打ち付け(略)。でも参考になった。
 んでその稼ぎの中で出来そうな部分を真似てみようとするとガンガン死にまくってしまい切なくなってきて骨が砕けるほどに拳を玄武岩に(略)。
 嗚呼……先は長い。


メッセサンオーカオス館にて、The War of Genesisイラスト集販売……していたのだが
 一番下参照。掲示板にてくま(九条和馬)さんよりの情報です、サンクス。
 今まで何度か紹介してきたTWoG(←略称)のイラスト集!! 友人に頼んで買ってもらおうか!? ……と悩む間もなく既に完売済み、あまつさえ

>現地・韓国の方でも完売してしまったため、残念ですが再入荷はありません。

何ですと!?

 ウワァァァンなんてこった!! もう悔しくて悔しくて潰れた右腕を玄武岩に(略)

 などとないものねだりをしても仕方ないので、新作であるマグナカルタオマケ目当てに買うべきかと悪友白楽と議論を戦わせております。いやゲームも気にならなくはないのですがインストール容量3ギガって何だ
 まあそれは無理すりゃ入ることは入るんですが、それでも俺近辺の連中は全員OSがWin98日本語版であり、これでは動かんだろうから遊びようがないのであります
 誰かWin2000かme導入してる人、手出してみませんか。

 それと白楽に容量のことを話したら、

「3ギガか。……きっと画像は全てbmp、音声は全てwaveでディスクに入っているに違いない

と、あながちネタと断言できぬ発言をしておりました。当たっていたらどうしよう。


GLOVE ON FIGHT攻略サイト
かーずSPさんより)
 おお。よもや攻略サイトも存在していたとは。読み進めると「読み」のウェイトが大きいゲームのようであり、やってみてえなあ面白そうだなあと思ってやみませぬ。少なくともクソ面倒なコマンドをガンガン入力せにゃならぬコンボゲーとは対極に位置してそうなゲームだ。
 しかし元のGLOVE ON FIGHT自体ネタとはいえ、これだけシステムが構築されていれば作ろうとするサークルがひとつやふたつあっても不思議ではないと思うのであり。いつか本当に出たら良いな、と遠い空に思いを馳せるのであります。
 でも実際に頒布されたらされたで、

「ネタとして『出たら良いな』って言ってる頃が一番良かったよね……」
「いっそネタで終わってくれたほうが、皆幸せでいられたよね……」


とかなりそうでもあり。でもやりてえなあ。


美作いろりたんハァハァSTG
く〜はくさんより)
 うお、すげえ良くできてるじゃねえかこれ。ボイスこそないがちゃんとセリフ入るしガラ婦人(ラスボス)は羽広げるし。細かいこと言うならメインショットだけでなくパワーショットも欲しかったとかランク上げても弾幕が厚くなるんではなく弾速が上がるだけなのが少々寂しいとかあるが、その辺は流石に高望みし過ぎか。
 そもそもイージーでも割にムズいし、これ以上弾幕厚くされたらかなわぬという気もしないでもない。

 しかしなんとかして原作を再現し切れぬものだろうか。全面は無理でもボス戦のみとかで。



1月26日(土)

 風来のシレン、ようやっとクリア。終盤戦はどんなに武装が充実していようがどんなに多種多様な杖や巻物を持っていようが、一度特殊攻撃食らったら一気に死ねるような敵ばっかり出てくるためまったく気が抜けないという、素晴らしいゲームでした。

 無論、特殊攻撃が無い敵もいることはいるんですが、そういう連中に限ってやたらめったら攻撃力が高く接近を許したら2〜4ターンしか体力が持たないため、必死に体力を回復しつつ常に先手を取るようアイテムを使うのです。つまり基本精神は「やられたらやり返せ」ではなく、「殺られる前に殺れ」

 的確に目前の敵に対処しながらも、他の敵の存在を想定しつつ、手持ちのアイテムを確認し何を使うか・何を残すかを判断して戦い、敵を葬っても決して気を抜かず、めぐすり草を口にして罠が無いことを確認しながら進んで行く。透視の腕輪(敵の位置を把握できるアイテム)があったとはいえその基本原則が変わるわけでもなく、ひたすらに考えて考えて考え抜いた上でのクリア。家庭用でプレイ中にこんなピリピリしたゲームは久しぶりやも知れぬ。

 EDはストーリーで魅せるゲームだったっつーわけでもないのにやたら感動。ED自体が良かったというのもあるけどやっぱりプレイ中の苦労が報われた気分になるのが大きかった。ちなみにクリアした際に装備していた、どうたぬき+2(妖刀かまいたち・ミノタウロスの斧合成)は倉庫に永久保存することに決定。勿体無くて普通のプレイではとても使えぬほどに愛着が湧いたのだ。
 あと今時のRPGではごく普通のことである、「ED後村の人たちのセリフが変わる」ことが今までやってきたRPGとは比較にならないほど嬉しかった。死力を尽くしてのクリアだったからこそ、あのセリフの変化で余韻に浸れたのです。


 で、クリア後の追加ダンジョンにも潜ったのですが難度の高さにグウの音も出ぬ状態。EDを見たときは「これで心置きなく他のゲームに手をつけられる」なんて思いましたが、まだまだこの冒険は続きそうな予感。いいゲームですなあ。


 あと斑鳩も最近やたら調子悪く、1面で虎鶫に突っ込んでは死に2面ブロック地帯直前の円陣組んで迫ってくる歌鶫に特攻食らっては死に3面で歌鶫を狙ってはシャッターにブチ当たって死に、1回エクステンドしてるから残0かと思ったら既にどうでもいいとこで死んでいてゲームオーバーだよオイ、みたいな展開ばっかだったのですがどうにかノーマル5面突入。ヤー。もう少し頑張ればノーマルクリアも射程圏内に入りそうであり気合入っております。ノーマルクリア後はイージーの稼ぎに戻ろうかしらん、と取らぬ狸の皮算用。


同じ色の敵機を3の倍数で仕留めるごとに1カガリ(点数の単位)ゲット!
 1月16日の日記参照。デート! デート!! 篝たん(ノーブラ)とデート!!
 てなわけで、もう俺は斑鳩で稼いでいる人を見ると篝たんとのデートばっか思い描いてしまいます、トホホーイ。ちなみにこのサイトの管理人さんであるはしもとしん氏は斑鳩やシルバーガンが好きだそうで、イラストにそれ系のが幾つかあります、見とけ見とけー。


一見何気ない設定コピペだが
 篝たんの設定のラスト参照。誰だこれ足したやつは(←おまえじゃねえのか)。一応前スレからこうなってたんだが。


注目の韓国産RPG「Magna Carta」サンプル版の動作デモ開始!
かーずSPさんより)
 うあ、デモやってたんかこのゲーム!! くそう見たい見たいみーたーいー。あとゲームはハングル語が読めないからいいけど設定資料集は欲しい欲しいほーしーいー
 あ、先月の日記に書いたMagna Carta公式サイトキャラ紹介にもリンク張っとこう。すげえかっちょええキャラばっかでありんす。



1月24日(木)

 本日はえれぇテキトーな更新でお茶を濁すことにします。


ある物語の終焉
 ラグナロク隔離スレより。春に出会い、夏に愛し合っても、どうせ秋には別れちまい、そしてひとりぼっちの冬が来るのです(昔のログインより借用)。
 泣くんじゃない、泣くんじゃない404よ。こういうときこそ笑うのです、周りの皆と一緒に笑うのです。
 笑われているのはお前だけどな

 また467にもやるせない、しかし熱い想いが。


 つーわけで本日の更新はこんだけです、すまぬ。



1月23日(水)

 んあーしまったー。どうせなら昨日の妄想に水滸伝も混ぜればよかったッ。そうすれば

水滸伝より戴宗登場→ライバルのアルベルトも登場→つまりGロボも登場

 とかムチャな展開に持っていけたのにーッ。

 でも水滸伝も結構良さそうなキャラは多いわけで。史進とか林沖とか武松とか公孫勝とか(水滸演舞より)、例のシステムでやってみてえなあ。


 ここ数日、風来のシレンにハマってます。妙に中途半端な時期の64版……ではなく、結構古いGB版……でもなく、そうSFC版。うわ古ッとか言うな。
 これの前作にあたる「トルネコの大冒険」は不思議の箱を取ったあたりで飽きたんですが、こっちはトルネコに比べてイベントが多いようで、それを見るのが楽しいのです。基本的には困っている人を助けることで、道具の鑑定をしてもらえるようになったりします。
 で、洞窟で迷子の娘ッ子を見かけたので、その娘ッ子を送り届けることにしたのですが、その娘ッ子はシレン(主人公)の後をついてくるのでオヤジ戦車の砲撃をシレンが食らうとその爆風で灰燼と消えちまうことが多々ありました。そのたび、

「ンだよこの娘ッ子テメエすぐ死ぬくせに爆風でダメージ受ける位置にいるんじゃねえよシレンから離れやがれこん畜生」

 と思ったのですがその直後、

「いやいやまてまてこの娘ッ子はいままで迷子であったが故に不安なのでありシレンから離れぬのでありきっとその不安を打ち消すためにシレンの外套の裾を掴んで離さないようにしているに違いあるまいそして薄暗い通路を進んでいていきなり敵に遭遇したらきっと脅えてシレンにしがみついたりしてキャー最高!!

 と思えてきてテンション上がってきたので通路で出くわしたオヤジ戦車をドラゴン草で消し炭にしたり部屋で出会ったオヤジ戦車たった一体(素通りできない位置にいた)に対し真空斬りの巻物で細切れにしたりやっぱり部屋で出会ったオヤジ戦車のスキをついて不幸の杖を使って弱体化させた上で瞬殺したりそれでもダメージ食らった娘ッ子に弟切草を数回投げつけたりしてようやっと送り届けることに成功。

 いやあいいことすると気分がいいなあ(行動はともかくその根底にあった感情はなんだ)。

 だがこのゲームやってて一番面白いと思えるのは泥棒だと思うがどうか。このゲームでは店に入ると床に商品が並べられており、それを拾うと店主が入口を塞ぐ。そして、商品の代金を払うか、もしくは商品を戻すことで店主は入口からどいてくれるのだが、ここでどうにかして商品をギっちまうのである
 ちなみに店から出るために店主と闘うこともできるが、店主は狂ったように強いのでオススメしない。

 今までやった手段としては、店の入口からぬすっトドの壷使ったり洞窟の中にある店ではつるはし使って抜け穴掘ったり、他にも品物持てるだけ持って店主に場所替えの杖かふっとばしの杖使ったり、更には店主にモンスターの肉を投げつけて弱いモンスターにして強盗殺人などもやりました(アンタ極悪や)。
 でも山頂の村のツボ売ってる店でそれ何度もやったら、盗賊番に瞬殺されちゃったよテヘ。なんか盗む回数が増える度に強くなってる気がするんですがあの盗賊番。
 くそう、どうにかして奴等を撒く手段も講じねばなるまい(素直に買う気はないのですか←ありません)。


ゲーセンで起きたちょっといい話スレの252-253が良すぎ
 前も紹介したスレなんですがあまりにいい話だったので。
 ウワァァァァァン俺もこういう兄ちゃんになりたかったよう!!


シューティングゲーム系の同人サークル情報求む。
 同人板より。かなり興味持って見ているスレなんですが、進行の遅さからして案外需要も供給もないのではとトホホな気分だったり。うーーーむ……どうしたもんかな。


馬鹿の出した馬鹿メールになりた氏憤慨
 1月18日の雑記参照。つーか雑記読めばわかるんですがこれくらいはまだ序の口らしいですなあ……。とりあえず俺も誰かにメールする際は、勢い余って馬鹿メール出したりしないよう気をつけたい所存。



1月22日(火)

 昨日の続き。

「というわけで。ストーリーを考えようではないか……と思ったのだが」
「思ったのだが?」
「無理矢理ストーリーを作っても意味がないことに気付いた」
「お? また、自分で広げた大風呂敷を破り捨てるような発言を」
「そもそも、この手の『夢の共演』はそれだけで十分なんであって、話の整合性なんざ誰も気にしないのがポイントなのだ。カプエス2に覇王丸やナコルルが出ていても誰もツッコまないように」
「そりゃそうだ、むしろ様々な格ゲーの連中が一堂に会するということのほうが重要なんだから」
「そう、重要なのは話ではなく、シチュエーションそのもの。というわけでそっちのほうを考える」
「妥当さな。だが三国志やら信長やら封神やら蒼き狼やらはいいとして、アンジェとかはどうすんだ」
アンジェも闘う
闘うんか
「闘う。まーほら、三国無双だって貂蝉ばかりか二喬が闘ってるし。あまつさえアンジェは元ゲーの男キャラからの支援も期待できるため案外強いかも」
「なんでもありかよ」
「いいじゃねえか。元々ごっちゃ煮ゲーなんざそんなもんだ。そして闘っているうちに芽生え深まる愛情」
そこでアンジェか
ここぞアンジェだ。如何に多くの男心を惑わすことができるかがポイント」
「ヤなポイントだなあ……」
「だが基本はあくまで真・三国無双。多くの雑魚を蹴散らしながらの敵将軍とのバトルこそがこのゲームの真髄。
 というわけで、関羽が青龍偃月刀を手にすれば聞仲は禁鞭を振るい、申公豹が黒点虎にまたがり雷公鞭を使えば孫悟空は金斗雲に乗って如意棒を使う、そして信長が鉄砲三段撃ちを思いつけば山本五十六は新型爆弾を開発する
「流石にヤバいからやめれ、つーかそれは既にバトルじゃねえ
「今週のチャンピオンではドイルがブレストファイヤーを撃っていたが、バキはあれでもバトル漫画を名乗れるのだろうか」
流石に名乗れまい。いやンなことはどうでもいい。……だがまあ、封神と三国と西遊記はちと良さそうではあったな。それに絞れば……いや、封神と西遊記はともかく、三国はちと不利では?」
「そこはそれ、バランス調整に期待するってことで。少なくとも呂布は画戟さえありゃ並の宝貝は無論として禁鞭くらいまでなら破れると思うし、完璧に仙人である左慈だっている。孔明に至っては宝貝も無しにビームを撃てるぞ
ビームか。まあ、『ゲームだから』で許される点か」
「そゆことさね」


「……ああ、好き勝手書いた書いた。いつもながら勝手な妄想膨らませるのは楽しいなあ」
「妄想はいいが……今までの話の中に出てきてないゲームがひとつあるぞ」
「ん?」
「『団地妻の誘惑』。これをどう絡めるんだ」
「……アンジェに誘惑されることでエロエロズッギューンに……」
つまんねえオチだな
「なんだとう!? 三国志シリーズにだって貂蝉に誘惑されるとえろえろーんな絵が見られるというイベントがあったんだぞ!?(IIにはあった。それ以外は知らぬ)」
「それは三国志ネタであって団地妻ネタじゃねえぞ」
「うう……だって、俺あのゲームよく知らねえんだからしょうがねえだろッ」
「情けねえなあ。検索でもしてみりゃいいじゃねえか」
「おお、その手があった。では早速」
「…………」
「…………」
「なあ」
「ああ」
なんでこんなに出てくるんだよ
それは俺が知りたいくらいだ


 どっとはらい。



1月21日(月)

 今号のファミ通の広告を見て、バトル封神なるゲームのことを知りました。リンク先を見てもらえればわかるように、キャラは封神演義、そしてゲームシステムは真・三国無双を継承しているようであります。使えるキャラは4人と少々少ないようですが、武器であろうと推測される宝貝(パオペエ、と読む。魔法の武具と思ってくれればいい)は約70種もあるとのことで、武器収集の楽しみもあるそうです。

 成程、少々穿った観方ではありますが、コーエーとしてはあれだけヒットした真・三国無双のシステムを他のゲームにも流用したいという考えがあるのでしょう。そして今回、封神演義に白羽の矢が立った、と。確かに封神演義は三国志並にキャラも立っているし、納得できるチョイスと言えましょう。

 ですが、次回作以降はどうするつもりなのでしょうか。三国志、封神演義と来て、コーエーらしいゲームで例のシステムに似合った設定はもう無いように思えます。信長の野望でどうだという意見もあるでしょうが、信長は三国志や封神に比べてキャラの差別化を図りにくい部分があります(武器などは特に。信長シリーズにそういった要素がないことからも明白だろう)。でもこのシステムはまだ使いまわしたい。そこでどうするか。俺なりに考えてみました。

 思いつくのは、オリジナルの世界を構築してしまうことです。ですが、ゼロから世界を築くのは少々手間です。ではどうするかというと、そう!!(←俺がこういう語り口調のときは大抵ロクでもねえことばっか考えてます)、

コーエーのゲームをごっちゃ煮にしちまえばいいのです(←ホラ)。


 まずタイトル。やはりわかりやすくインパクトがなくてはいけません。故に、
「遥かなる封神アンジェ西遊無双の野望 蒼き狼と白き誘惑の決断 パワーアップキット」

で決定。一見タイトルを適当に羅列しただけのようですが、何気に「団地妻の誘惑」を混ぜている辺りに注目して頂きたいところです(混ぜるな)。

 タイトルの次はストーリーと行きたいところですが長くなってきたので明日以降に持ち越し。しかし明日になってみると俺が全然面白く思えなくなってやめるかも知れないので要注意。


 あとPOHへのリンクを、親サイトであるqohmovie.netに切り替えておきました。
 では本日はこれにて。



1月20日(日)

 先日職安に行ってきました。いつものように求人情報を眺めていると、中々に良さそげなところがあったので紹介状を出してもらうべく担当の人のところにレッツゴウ。すると担当の人曰く、

「表の基本給からして募集しているのは女性だろうから断られるかも」
「○○さん(俺の本名)の家からは遠いみたいだから断られるかも」
「もう7人くらい応募してるみたいだから断られるかも」


 いやまあわからなくもねえんですがアンタ俺が就職しようとすんのがそんなに嫌か
 ちなみにその会社のすぐそばには俺の行き付けのゲーセンがあったりします。うわあなんて偶然なんだろうすてきだね!(←棒読み)


PS2ソフト「リーヴェルファンタジア」公式サイト開設
 うっしゃあ! 待ちに待った公式サイトがようやっと出来た模様ですぜ!! ……と思うんだが、メーカーのサイトの更新情報の欄にはそのことが書かれていないのはどういうこった。まさか俺が更新情報の欄を見て諦めるであろうと予測してわざと書かなかったとかそういうことか、くそう俺だけのけものにしようって魂胆だな(←こんな妄想抱く野郎はのけものにしたくなるのも当然だと思いました)。

 ところで俺の地元のゲーム屋全てにおいてこのゲームの予約キャンペーンをやってねえというのはアレか、実は完全にネタでしたとかそういうやつですかこん畜生。
 いやまさかキャンペーンどころかこのゲーム自体某どきどきすいこでんのようにネタだとかいうオチだったりはすまいか。出版社やイラストレーターまで巻き込んでの壮大・壮絶なネタゲー。

 ある意味いいかも(良くねえ)。


 とにかく、サイトを眺めていたのですが……とりあえずデコ娘のフィオナが良いなあと思いました(前と同じネタを使ってますよこの人)。あとコンテンツ一覧の左側の妖精たちが可愛いったらねえですよッ!! 最高ですよッッッ!!
 んあー楽しみじゃー。この際キャンペーンやってなくても予約してしまうべきかッ、どうすればいいんだ


綺麗な言葉のスレッドでございます
 なんだこの薄気味悪いスレは。どうも立てる板を間違えたみたいなんだが面白かったので紹介するのでございます。


 そーいやリンクしようと思いながら忘れていましたが、16日の日記で紹介したPSOのお絵描き掲示板はここにあります、まだ結構な数のログがあるんで興味ある方は行ってみては如何かと。



1月18日(金)

 俺と悪友白楽と悪友ozの3人で、地元の萬来なる食堂に行ってきました。なんでもこの店のカツカレーはバカみたいに量が多いということで、皆でそれを食いに行くという目的だったのですが、実物を見て途方に暮れました
 とりあえず参考写真を。左下の写真がそれなんですが、実物は絶対もっと多かった

 俺以外の二人は途中でギブアップ。俺もどうにか食うことは食ったのですが疲れてしまい(どんなカレーだ)ぐったりする始末。我々の限界を軽く超えるシロモノでありました。
 しかし何より恐ろしいのは写真に載っているのは普通盛りであり、この上更に大盛りが存在するということだったりします。いくらなんでもそんなの食えるのはどこぞの川名先輩やどこぞの知得留先輩くらいのもんだろうと思うのですが。

 あ、味は……中の下、といったとこでした。ただ俺は食っている途中で軽く飽きたとこもあるんで、普通に食うなら中くらいではないかと思います。ちなみにこれは「俺の、カツカレーの味に対する評価」であって、店のメニュー全体に対する評価ではないのでそこんとこよろしう。

 んで腹ごなしに帰りにゲーセンに寄って斑鳩やったんですが、右のスピーカーから音出てねえし画面は15kHz表示(一言で言うと画面が汚い。31kHzだと綺麗に映る。詳細はこちら、ちなみにその店は31k表示できる筐体だった)だしCボタンが付いてるのは良かったのだが何気にコンパネがバーチャ用コンパネでありつまり

Aボタン→親指
Bボタン→人差し指
Cボタン→中指


店長出て来い。

 つーわけでどうも気合入らずダラダラとイージーやって5面で終了。点数スカスカ。


 EFZ。未だ看護婦澪を作るべく難儀しておりましたが、某所でDLできるパレットデータを流用しどうにか完成。更に悪友ozも水色ナース澪を作ってくれました。持つべきものは友達だ(こんなときだけ言っても説得力ないです)。ナースには見えぬという人もいそうだが、俺の脳内では脳内フィルターによって完璧にナースなので何ら問題ない(←別の所で大問題だ)。
 では早速プレイしてみる。


うおおおおぉぉぉ澪がッ! ナース澪がふたりッ!!
ちみっこいナースが元気に歩いてるッッッ!!
看護されてえ! 是非看護されてえ!!


いやむしろ看護したいぞこの俺が!!


 つーわけで破壊力抜群でした。対戦で使うと色々大変なことになりそうなので勝負時は封印することに決定。よって俺と対戦するときはこの色使用禁止です悪友の皆様。


EFZ、ver1.03のムービー公開
 人外レベルの猛者(←かなり本気の誉め言葉)だらけのPOHスタッフの数名が製作したムービーが公開されております。まだ全部DLできてないんで、観たのはちょっとだけなのですが……やっぱり人外レベルでした
 なんでこんなにスムーズに戦えるんでしょうかっつーか真琴が強キャラに見えるんですが。プレイヤーの鴨音氏はかなりの猛者のようです、すげえ。

 こういう人がいる反面、カラーエディタでナース澪作ってもらって大喜びして看護されてえいやむしろ看護してえとか抜かしてやがるバカも世の中にはいるんですよね。
 色んな楽しみ方ができるEFZはステキなゲームです(綺麗にまとめるな)。


最萌えトーナメント梓vs秋子、勝者は秋子
 むう。痕スキーな俺としては柏木姉妹には頑張って欲しかったが……相手が悪かったと言わざるを得まいか。なお本日の試合も痕から初音が登場です、そして相手はKanonより月宮あゆ
 何故にこうも強豪にブチ当たるのだ柏木姉妹よ……。楓は一回戦で散っているし(相手は七瀬)、なんともはや。ともあれ、勝ち抜いて欲しいところです。


「Magic Onlain」、オンラインで集めたカードを実物と引き換え可能
 ゲームで集めたカードを実物に交換可能ってすげえなあ、でもそんなことしたら誰も普通のカード買わなくなってWOCは商売あがったりじゃねえのか? ……と思ったら、ゲーム中でカード買うにも現金が必要なのか……ちゃっかりしてやがる


本物のロンギヌスの槍
カトゆー家断絶さんより)
 モノは流石に穂先しか無い上、「なんだかくたびれたシロモノだなオイ」とかミもフタもねえこと思っちまったんですが、トピック部分の「The Holy Lance of Longinus」ってちょっとかっちょええなあ。「聖槍ロンギヌス」とするとなんとなくTオウガか聖剣伝説っぽい名前じゃのう。



1月16日(水)

 電撃PS購入。リーヴェルファンタジアの特集が組まれていたのが購入の動機です。ちなみに今までこの雑誌においてリーヴェルの記事が載ったことは過去に2回ありましたが、俺はどっちの号もその記事のみ目当てに購入していたりしますイェー

 で、今号なのですが。なんでも今回はサンプルロムを入手できたそうで、新しい情報が多数入ってきたようです。
 の割には新キャラくらいしか新情報がないのはどういうこった

 誌上リプレイははっきり言って前の記事と似たようなことしか書いてねえし新キャラの記事だってやたら小さいしどう見ても「繋ぎ」の記事なんですがこれ。よもや俺の期待を弄んでますかメディアワークス(被害妄想)。
 でもそんだけの情報のために買っちゃったんだけどね!! 後悔なんざしてねえけどね!! すっかり美味しい客ですね俺!!

 しかしそれでも戸部氏の新しい絵が数点公開されたのはちょっと嬉しかったりする。ゲーム中に出てくる一枚絵もポリゴンキャラもあの人の絵そのまんまでいい感じ。あまつさえ読んでいるとどんどん欲しくなってきてしまうんですが、こんな繋ぎの記事であるにも関わらず

 間違い無く買うなあ、これは。早いとこ予約せんと(まだしてなかったのか貴様)。


続編・新作を作って欲しいゲームは?(続編が出ているものは除く)
く〜はくさんより)
 ……どう見てもネタが多数混じっていることに付いては笑うべきなのか。もしかしたらネタでなく本気なのかも知れぬが、そうだった場合笑うと言うか笑うしかねえと言うか
 俺自身はカオスシード(SS版は移植であって続編じゃねえんで)、あと本気でヒットラーの復活の続編が出て欲しかったりします。アーケード版のトップシークレットの続編でなく。


Flash ありがとうPSO
かーずSPさんより)
 んあー、可愛いじゃねえか。このFlashの中に出てくる絵、2ちゃんのPSOスレから派生した情報サイトのお絵描き掲示板の絵だったりします。ちなみに俺はこれらの絵をほとんど保存して持ってますよ!! 何が言いたいかっつーとつまりそうだよ自慢だよ!!(←小学生ですかこいつは)


大島ミチルさん作曲の美しい旋律が蘇る! 『ICO』サントラの収録曲が決定
 うあ、あのゲームって作曲大島氏だったのか!?(←ファンなのだ) こりゃ買うしかねえ。



1月15日(火)

 EFZやっとりました。高ダメージ連続技は入力の難易度高すぎ、でもそこそこ簡単な連続技はダメージ低すぎ、ダメージ源がゲージに依存しすぎててイヤンな感じ、せめてもう少しゲージ溜まりにくくするかゲージ消費技のダメージ下げるか通常技と必殺技のダメージ上げるかして欲しいなあ、とか思いながらも楽しんでます。
 キャラ可愛い、技やアクション見ていて愉快、動かしていて楽しい、だからステキ。
 少なくとも今はこれでいいのだ。


 んでカラーパレットでなんとかして看護婦澪(ピンク白衣着用←すいません日本語が不自由な人がいらっしゃいます)を作ろうと悪戦苦闘、結果なんだかケバい澪が出来上がっちまいました
 なんだろうこの蛍光ピンクが眩しい澪は……この色は封印。しかし諦めてなるものか、もうちょい輝度を落とせば、と思ったらなんだか黒ずんだピンク色になってしまい妙にスレた気配の澪になっちまいました

『あのね』
『お金出さないと痛いめみるの』

 とか言いそうな感じ。こんな澪使ってたらこの人に刺されかねませぬ……よってこの色も封印決定と相成りました。

 ……ぬー。なんだか俺には荷が重い気がしてきたので、無念ではあるがピンクナース澪は諦めることにします。さあ次は水色ナース澪に挑戦だ
 ちなみに、リボンを服と同系色にするとリボンがナースキャップっぽく見えます。さりげない気配り(気配りじゃねえよバカ)。


一番難しいと思ったシューティングゲーム
カトゆー家断絶さんより)
 俺は怒首領蜂を挙げておきます。シューティングは案外馴れでどうにかなるモンなんですが、馴れてもムズいと思うんで(でもえれぇ楽しいのも事実)。それと達人王は心底ムズいと思ったなあ……。敵カタいわ弾速いわステージ長くて気力持たんわで大わらわなのだ。あ、ガンバード2も激ムズだと思う。2周する人は人間じゃないと思います(誉め言葉)。



1月14日(月)

 昨日ようやっとエターナルファイターゼロ(以下EFZ)を遊ぶ機会に恵まれました。んでガシガシ遊んできました。
 実を言うと、EFZは体験版最終バージョンの時点では

・ゲームスピードが(俺には)速い
・コマンド判定が厳しい


とこの2点がやたら目立っているように思えており、他にも昔から何度もシステムを大幅に変更しているだとか最初の体験版公開から時間が経ちすぎている等の理由で、以前ほどの期待は無くなっていたのですがおもしろかったです。しかも何気に先程の2点は改良されている(と思う。俺がやったのはver1.03)し、不安だった点は今のところすべて良いほうに向かっているようです。

 あと体験版では公開されていなかったキャラがどいつもこいつも妙にマニアックなキャラばかりでステキだ。この点に関してはずっと期待していたので、裏切られることもなく嬉しい限り。で、ひとまず俺の使用キャラは澪の予定。暴れ系キャラっぽかったが繭もちょいと良さげ。つまりまはまんさんの使用キャラはちっこい娘ッ子ばっかです。黙れ!! 黙れ!!(←一人ツッコミ)

 でも七瀬がドノヴァンでなかったのは心底残念だ……(まだ言うか)。あと真琴も良さそうだったのですがozが使うっつーんで断念。と見せて練習しようと目論んでいたりしますイエー。一見遠距離キャラに見えて地味に設置技重要そうなのがステキ。それとなんとなく二挺拳銃の超技見るとドライ思い出してしまいます、ファントム。カラーエディットでなんとか作れぬものか。

 と、色々書いてきましたがoz宅で遊ばせてもらっただけなのでまだ手元にはないのです。もうちょい遊ばせてもらってから買うかどうか決めますのだー。


EFZおりじなるカラー♪
 折角なんで紹介。個人的にいつか作ろうと思っていたピンク白衣澪が既に製作済みでちょっとガクー。でもラヴリー。


★仝 ゲーセンで起きたちょっといい話スレ 仝★
 中々良スレ。27、33、89−90、そして182がオススメ。ちなみにスレ内MVPは91。それとスレ内にあった2ちゃんねるの危機を救えFlashにもリンクしとく。泣けます。


カーレンたん(あかいくつ)画像
 yamaさんとこのジャンク画像の中にあったことを思い出したので、yamaさんの了承を得てネタにさせて頂きましたー。もうハァハァハァハァハァ(略)


DCで痕を遊ぶツール、MILK-DC
BRAINSTORMさんより)
 うわー、すげえやりてえんですがこれ。再頒布の予定とかないものだろうか……。
 でもアクアプラスが何かいちゃもんつけやしねえだろうかと不安だったりもするんですが、その辺は大丈夫なんでしょうか、とちょっと疑問。



1月13日(日)

 
「ちっちゃな雪使いシュガー」を借りました。
 想像以上にやられてしまいました。

 正直なところ、借りる前は「萌え(←使うたびに思うが、便利な言葉だ)主導型アニメなんだろうなー」とタカくくっておりました。ええ、興味はあるが一回見たらもういいやくらいのデキだろうなー、と思っておりました。
 ところがキャラも良いけど話も良かったんですよう

 あ、萌え主導型とはつまり萌えを取ったら後には何も残らないもののことを指します。つまりラブひなでありエイケンであり……いや、ラブひなはともかくエイケンは萌えを取ったら乳が残るな

 いやとにかくシュガーの話だ。タカくくって見てたらかなり良かったのですよう。例えるなら、えーと、そう、

「銀曜日のおとぎばなし」−「話のヘビーさ」≒「ちっちゃな雪使いシュガー」

てな具合(どうしてそう貴様は 部の しかわからんような例えをしますか)。
 更に言うなら銀曜日ベースにしつつ主人公がスコットではなくクレアさんで登場人物の年齢を幾つか引き下げればホラもうかなりシュガーだ(正しい日本語を使ってください俺)。

 ストレートに言うなら「普通の話」だったのですが。これが「子供向け(いい意味でな)の普通の話」だったのがポイント高いのですよー。ヘンに媚びてねえし、かといって子供騙し過ぎないし。あと絵。動画・作画ともに異常にレベル高いんですが。ステキだ。

 ちうかこれなんで深夜枠放送なんですかあまつさえ新潟(地元)で放送しねえんですか普通に全国放送すりゃ小さいお友達は絶対ついてくるだろうにそして大きいお友達については言うまでもなく何やってんだブロッコリーとか落ちつけ俺

 別の言い方するなら、普段は旧作7泊8日で借りて返却日ギリギリになってどうにか観てその日の夜にやっと返しに行くような俺が、新作2泊3日で借りて2回も観たってあたりでデキ察してください。2巻が楽しみだあ。


 自分用メモ。語りたいけど語ってないゲームを並べてみる。

・スカイガンナー
・エスピオネージェンツ
・イルブリード
・逆鱗弾


あと微妙な線で

・ソルディバイド

 何時か語りたいのだがなあ。



1月11日(金)

 2ちゃんねる、レゲー板より。

♪CD−ROMをサントラに使ってるブルジョワ♪

 皆の家にも一枚や二枚はあるであろう、「ハードは持ってないけど曲聴くために入手した」ゲーム。そういったゲームは勿論、普通に楽しんで尚且つ音楽CDとしても良質のゲームを紹介するスレ。
 なんとなくウチの読者さんには多くの需要がありそうな気がするので紹介するが……、それにしてもこのスペースインベーダー2000の収録曲は一体なんなのだ。選曲者が暴走したとしか思えぬ壮絶なラインナップにただ唖然。

 ちなみに当の俺はPCエンジン持ってねえけどイースI・II(基本)とイースIIIとワンダーボーイIIIを持ってます。名曲揃いだ。あとサターンのレイヤーセクションとダライアス外伝も時折聴いてます。ゲーム的にも面白かったし買って良かったゲームだったりします(これ買うような連中はほぼ間違い無くサントラも買ってそうだが)。
 そしてスレにちょっと名前の出ていた「逆鱗弾」、スレを見てたら気になったので何故か入手していたのを聴いてみたらえれぇいい曲ばっかでビビりました。今mp3に落としたやつ聴きながらこれ書いていたんですが重くてしょうがねえので止めました。でもいい曲ばっかり。

 なお、この逆鱗弾なるゲーム。中身はシューティングなのですが、キャラセレ画面がやたらバツグン(東亜プラン)風味だったり敵機の質感が妙に究極タイガー(やっぱり東亜プラン)みたいだったり時折TATSUJIN(どうにも東亜プラン)みたいだったりして、実は開発に元東亜のメンバーがいるんじゃねえのかと勘繰ったりもしたんですが、その割にゲーム内容がかなりダメだったことと、後に出た究極タイガーII(開発は匠(タクミ)ってメーカー。ギガウィング作ったとこ)も全体的に東亜風味でありながらやっぱりダメなゲームであったことから察するに、逆鱗弾の開発は匠じゃねえのかと勘繰ってます。

 まあ仮にそうだったとしても、逆鱗弾の開発メンバーはもう会社辞めていそうな気がしますが。いやなんとなく。


ゲームの理不尽な点を強引に解釈するスレ その6
 何は無くともネタ職人さんたちのステキなこじつけが楽しくてたまらん。まだ途中までしか読んでませんが、過去ログまで遡って読むつもりです。
 

Eternal Fighter ZERO 対戦ダイアグラム掲示板(非公認)
 詳細は黄昏フロンティアさんとこの掲示板3409参照。今はまだ設置直後だけあって5が多いようですが……。活発な意見交換に期待したいです。しかし現時点でのみさきvs真琴の8:2は一体何事だろう。そんなにも真琴は弱いのだろうか。


セガ、J-SKY専用ゲームサイトSEGA AGESにて『ファンタジーゾーンP1』の配信開始
 今更ではあるんですが、本当に80年代くらいのゲームなら簡単に携帯で遊べる時代なんですねぇ……。Wizが出るなんつー話もあるし、いい加減俺も携帯買うべきでしょうか(←携帯買う目的がゲームっつーのはどうかと)。



1月10日(木)

小小製作Flash多数発掘 5 6 7
紺碧洞さんより)

 小小製作? と思った人は以前も紹介したがこれを見るべし。ひとまず3がお勧めだが全部見るように
 このシリーズ、4で終わっているかと思いきや上記のように7まで続編が出ていたのですよ皆様!!
 俺は4が出ていたことすら知らなかったのですが

 それはともかく、感想とかでも書こうと思ったのですが、あんまりステキであるがためにステキとかスゲエ以外の誉め言葉が浮かばないのですよー。それでも無理矢理何か書くと、5は何やら格ゲーちっくになっていてこれがまたステキ。オチもいい感じ。7も主人公のやることがエゲツなくてかっちょええですたまらねえです。ややネタバレしちゃうと二丁拳銃もやってます。最高だ。

 あと4と6はゲームなんですが、何故か4はスペース押してもリロードできないし6はどのボタンを叩けばいいのかサッパリです、トホーイ。でもかっちょええから良し。


8頭身モナー大暴れ 夢の中へ
 あちこちで既出だろうとは思うんですが俺はつい最近知ったので。情報提供はozより、サンクス。

 にしてもいくら8頭身モナーも見慣れたとは言え、ここまで暴れられると流石にキモいわ。所々に紛れ込んでるリアルモナーのほうがまだナンボかマシに見えるあたりがまたなんとも。良いです(良いんか)。


 早朝に更新した場合は夜にまた更新するかも、と何気に業務連絡。



1月8日(火)

 先日紹介した、
斑鳩をよりいっそう楽しむためのサイトですが、どうせならこっちにリンク張ったほうが正解だったと後悔。くそう。

 でも、

斑鳩 紹介記事
 懲りずにやります。今回もネタです。どうせバレてんだろうから言っちまえ


 そーいやふと6日の日記書いて思ったんだが、バトライダーは考えてみると崎元氏作曲・並木氏アレンジという、豪勢な曲が収録されているゲームなのだな(隠しボスであるハヤテ丸戦。タイトル失念)。嗚呼、つくづくCD化されていないのが悔やまれるゲームだ。確かに商業的にも人気的にも失敗したゲームに分類されるだろうけど、もっと失敗したバクレイドがCD化されるくらいなんだからこっちも出せば良かったんだよ新声社

 死人に鞭打つのはやめよう。確かに末期のメストは嫌いだったが今となってはどうでもいい。


 以前ネット上でバトライダーの曲を探したこともあったがちっとも見当たらず、どうにか見つけた曲が「Stab and stomp!」、どのシーンの曲かと言うとブラックハート戦。
 てやんでえガレッガのアレンジじゃねえかと心で泣いたものですよええ(いやこれ自体はいい曲だし好きなんですが)。結局バトライダーのオリジナル曲は見つからずじまいでした。
 本当に同人CDに賭けるしかないんだろうなあ……。どこか出してないだろうか。


 あと大悪司やらこのちゃやらスカイガンナーやら、そして魔王斑鳩の前に積みゲーとなっていたイルブリードを何気に再開してみる。詳しくは前の日記参照ってことで。

 ……やっぱりこのゲームは、ホラーめいたバカさがまず楽しさの最初に来るなあ。セリフが出ないシーンとかはそれなりに怖いんだが、会話が入ってくるとどうも何か違うだろオマエといった感じが。あと敵(呪いのかかったダミー人形)がローキックで攻撃してくるのはいいんだが、何故ローキックで出血するのか主人公。あとローキックのモーションが異常にかっちょええのはなんなんだ。俺は格闘技には詳しくないんだがそれでもわかる、このダミー人形メチャクチャ重そうなロー打ってんなあと

 なんかこのゲームは小出しに語っていくのが勿体無い気がしてきたんで一気にクリアすべきかも知れぬなあ。気合入れてやろうか。


竜王だが勇者に勝てぬ。
From dusk till dawnさんより)
 この竜王のファミコン知識は一体何事だ。あとローラ姫のファミコンの腕も一体何事だ。スレ内での設定を補完するセリフというか設定の穴を突くセリフの数々が楽しくてしゃあねえです、最高だ。

FLOELANDさん復活
 日記のノリが相変わらずステキ。レナスと妖精の暴れっぷりもステキ。年始からいい感じじゃあ。



1月6日(日)

 例の絵本、俺だって数年前に知っていたんだ畜生……あの当時取り上げればウチのサイトのカウンタがガンガン回っただろうに畜生……と少々悔しい気持ちになっております。ええ単なる弱小サイトの僻みですよよくわかってますよそれが何か?(まはまんさんはかなり悔しい様子です)


 昨日の話。斑鳩ついにクリア。

 と言っても無論イージーですが。ラスボス直前の(ネタバレのため反転)5ボス第二形態である蛇攻撃でかなり苦戦したものの、ここを抜けてまだ残機があり、ラスボスの石のような物体で一機失いながらもクリア。EDはなかなかいい感じだったんですが、SS版シルバーガンのステージ1で流れるメッセージが実はゲーム業界になぞらえたものだった(参考Hybrid Maroさんより)ってことがどうしてもひっかかって、ネタを勘繰ってばかりで素直に見れませんでした、トホーイ。

 んで意気揚揚とノーマルに転向したんですが当然の如くイージーよりも多い砲台と嫌らしい敵配置の前に散りました。稼ぐと2面がクリアできない……。何気に以前よりダメになってやがる

 というわけでしばらくはノーマルよりもイージーで稼ぐほうに力を入れる予定。長く遊べそうです。


 あと昨日はガタケでもありました。んで俺はせりざわさんとこ行ったり同人CD買ったりしたんですが、色々あってバトルバクレイドのCDなど買ったりしました。昔ゲーメストで通販してたやつ。
 俺はこのゲームはちっともいいと思える箇所がないと思っており、当然ろくすっぽ遊んでもいなかったんですが、作曲してるのが並木学(さんたるる)氏かも知れない、そうだったらいいなと思い購入しました。

 結果別の人でした

 ガレッガもその続編にあたる位置付けのバトライダーも作曲は並木氏だったから、こっちもそうだと思ったのにー。ギャフン。ちなみにバクレイドCDの評価は並といったとこです。悪くはねえんですが。

 しかし、バクレイドとガレッガはまだ一応CDが出た(ガレッガはビデオのおまけという形だったが)からいいが、こうなるとバトライダーが不憫でならん。あれの曲は中々に名曲揃いだったと思うんだがなあ……。今からCD化を期待するのは流石に無理があるだろうし、可能性としては同人CDに賭けるしかないと思われる、それさえもかなり低い可能性だろうけど。
 出ないもんだろうかなあ……出たら多少無理しても買うんだが。


 そしてリンク追加ー。
同人ど〜らく
Favorite どうじんゲー

 ネットをフラフラしていたら見つけました。どちらも同人ソフトに関するサイト。んで、ここで紹介されていたStudio SiestAさんのAIRRADEが良さそげだったので期待。演出がいい感じじゃのう……。



斑鳩をよりいっそう楽しむための
 斑鳩やってる人はほぼ全員知っていそうな気がするんですが。これを読むと斑鳩がよりいっそう楽しくなります。
 わけねえです

ぷにゅもち屋さん 年賀トップ絵
 ハァハァハァハァハァハァハァハァ(略)。



1月4日(金)

 今カミナリがドゴドゴと鳴っております。
 いつ停電するかとビクビクしながらこれ書いてております


 んでは予告通り去年の総決算。所謂「去年一番の○○」です。ただし、12月以降に遊んだものに関してはランキングから除外し、来年分に回します。遊んだ時間が短いのに判断するのもナンですから。


●アーケード編

 シューティングでは…式神の城を。はっきり言ってケチはいくらでもつくんですが、しっかり遊ばせてもらいましたので。アルファの次回作にも期待しておきます。なお、次点はなし。敢えて言うならプロギアの嵐でしょうか。悪くはないと思うんですが、どうも俺には合わないゲームでしたのでこの順位に。
 ちなみに斑鳩は最初に言った通り来年分に回しておりますが、もしランキングに含めるならブッチギリ一位であることも加えておきます。

 アクションではもうこれしかねえ、三国戦紀2と三国戦紀・武将争覇。最初の印象こそ「うわー、またこのシリーズ出てるよどうするよ」と完全イロモノ扱いだったのですが、いざ遊んでみれば中々良く出来たゲームでした。バランスが狂っているとか理不尽なイベントが多すぎとか事前に知識がねえとどうにもならなさ過ぎるとかありましたが、4人でダラダラ遊ぶのがえれぇ楽しかったのです。敵が強くても(特に武将争覇の甘寧・周泰・牛金あたりが……)皆で策を練ったりして再戦挑んだり。何気に仲間内での評価はD&Dより高いです
 次点はゴールデンアックス デスアダーの復讐。これも見た目の割にちゃんとしたゲームでした。ある意味戦紀2よりもしっかり作られていたかも。


●コンシューマー編

 これはPSO(ver2も)でしょう、やはり。250時間オーバーのプレイ時間は伊達じゃねえ。もっともUltのバランスやらチーター君やらクレクレ君やらの存在がかなり強いマイナスであることも事実なんですが、長く遊ばせてもらいました。次点は…まだクリアしていないのですが、イルブリードを挙げてきます。人を選ぶけど良いゲームです。


●PC編

 遊んだゲームは多い割に最後までやったゲームが非常に少ないこの部門(ごめんなさい)。この部門は月姫(と歌月十夜)で確定。説明が冗長……とかいう意見もよく見ますが俺は特にそうは思いませんでしたし、話の評価についてはいうまでもなく。数年に一度出るか否かのレベルのゲームだと思います。次点は大悪司、少し離れてとびでばいん。
 大悪司は正直なところ月姫と同率一位にしてもいいくらいのゲーム。とびでばはシューティング部分が想像以上にちゃんと作ってあったこと、そして登場人物が妙に幼く見える点でポイントを稼ぎまくりました。また前作にあたるディヴァインラヴも良かったです。あぼぱ好き好き。


 あー、それとフイをついて色々にラクガキショータイムなぞ載せました。良かったら見てやってくださいませー。


EFZ隠し技 ヒント公開
 掲示板3103参照。出し方はともかく技解説はありがたいかと。でもそれより何より俺はとっととソフトを入手したいです。いや店頭売りを急かしたりするわけではないのですが。

嗚呼、タイヤモナーが行く…
 誰だこれ作ったトンチキ野郎は。名乗り出やがれ、是非神として崇めさせていただきますので
 それともう一人、こっちにも



1月3日(木)

 もう早朝に更新しても「〜の早朝」ってつけるのヤメだヤメ。要するにまたしても夜のうちに更新できなかったわけですごめんです。

葉鍵最萌トーナメント 明日より再開
 正月休みに入っていたこのトーナメントも明日より再開。ちなみに新年最初の試合はあろうことか七瀬(ONE)対佐祐理(Kanon)。再開と同時に優勝候補同士の試合、心して待たれよ。


 今はこれだけ。夜にまた更新するかもです。


 てなわけで夜です。更新します。
 とここに来てまだ新年の挨拶をしていないことに気付いた。つーわけで、

 皆様明けましておめでとうございます、今年も宜しくお願いします

 ところで皆様は初夢を見ることができましたでしょうか。俺は見ることができました。内容は、バカでかい金ヤスリみたいな剣で黒い人(ゾンビだかグールだか)を叩っ斬りまくる夢でした。
 新年早々バイオレンスです

 多分寝る前にカプコンのD&Dのことを考えていたのが原因だと思うのですが。「よーしパパ今日はグレートソードで頑張っちゃうぞー」とか思ってんの(俺が)。で手にしているのは例の金ヤスリ剣。もう見てらんない。しかも他にもなんだかよくわからん剣持ってんの。もうアホかと。馬鹿か(略)。


 斑鳩。どうにかイージーでラスボスを拝むことができたのですが、そうなると初めのほうは比較的楽になりつつあるわけで、つい無理したくなるわけで、つまり稼いでいるわけで、要するに序盤で死んでおります。特に2面。あと1面も少し思いついたこと試そうとするとすぐ死にますギャー。しかしこの死を経て人は成長するのであり面白いからいいのだ。頭ひねって考えたパターン試したらすぐ死んだとしても、パターンが悪いのかパターンは悪くないが技術が追い付いてないのか、とか考えたりするのが楽しい。よいなあ、幸せだ。


黄昏フロンティア、EFZブランクディスク交換受け付け開始
 件のブランクディスク騒動もこれで一段落、となると良いのですが。しかし堂々とトップに書いてあるにも関わらず掲示板に「ブランクディスクでした」という書きこみをする輩が出てきて、それを掲示板常連が「トップ見ろやヴォケ」と返し、それを起点に一大大戦勃発、仕舞いには掲示板閉鎖とかならないことを祈っております(妙に具体的な例を示すな)。


 明日は……去年の総決算でもするかな。



1月2日(水)の早朝

 元旦に更新しようと思っていたらつい早寝してしまい目が覚めたときには二日となっておりとても爽やかな気分で更新しております。
 新年早々ごめんなさい

 年末はfeeさん宅にて友人連中と飲んだり食ったり猪木軍団対K1観てドローばっかじゃねえかとか紅白仮面出さねえでいいから試合盛り上げろやとかブーたれたりガンダムDXやったり(友人が持ってきた)しながら年越しました。

 風情もへったくれもありゃしねえ

 そしてそのまま朝まで過ごし、新年早々ゲーセンに向かうことに。「わしらの行き付けのあの店は、確か朝8時から開いてるはずだ」「あの店だったら新年早々営業していても不思議ではない」というよくわからない期待を抱いてゲーセンへ。案の定開いていた

「うわ、本当に元旦8時から開店してやがる、とんでもねえ店だ

 いや元旦からゲーセンに来る俺らのほうがとんでもねえとは思っておりますが


 そんな感じでした、元旦は。その後は家に帰って親戚に挨拶したりテレビ観たり寝たり


 と思っていたらBRAINSTORMさんとこでウチのネタ見つけて驚く。もう嬉しいやらビビるやら。チェックして頂いているのかたまたま見掛けただけなのかはわかりませんが有難いことです、感謝感謝。


平成14年のちゆおみくじ
 俺はA型なのですが……なになに、「……超巨乳・Zカップの彼女をゲット等々……」

 ……ッ! …………ッ!!(部屋の隅で拳を床に叩きつけつつ涙)


ギルティギア新作、「ギルティギアXX」画面写真公開
 アルカディアやらファミ通やらに既に公開されているんで遅い情報という気もしますが一応。なんとなくクロノクルセイドのシスターっぺえヨーヨー娘はともかく、俺の目にはスレイヤーが衝撃のアルベルトにしか見えないので楽しみだったり。相手のフォルトレスディフェンスを「十傑衆を舐めるなァァァ!!」と叫んで無効化したりするとよいのですが(無理です)。


2001年12月分 ← 一覧 → 2月分

戻る
inserted by FC2 system