2004年7月
06月分 ← 一覧 → 08月分

戻る

日記にリンクを張る場合はアドレスの最後に「#日付」と入力すれば、その日に飛びます(01〜31)。
(例:200111.html#28→01年11月28日)



07月31日(土)

 俺の新品ソフトにおける購入〜売却までの最短記録は、SFC版サムライスピリッツ(3日)でした。が、今日この日、その記録が塗り替えられ……要はドルアーガ売ってきた。記録は2日だーッ、4300円。
 この金で『チョコボの不思議なダンジョン』を買ってやろうかと自虐的な考えも浮かんだが、俺は流石にそこまでマゾじゃねえです。

 というわけで本日はザ(略)ーガの感想など。なおプレイ時間は4時間程度なのでご了承を。
 なるべく怒りに任せた叩きにならないよう頑張るよー。

 で、やっぱり視点について語らねばならんのだが、ああもうなんか思い出しただけでムカついてきたなあ
 とにかく見辛い。グラフィックが派手で見辛いってのもあるし、何よりカメラが近すぎて視界が狭いのだ。そのため(カメラビューにもよるが)一歩歩いたらいきなり敵と隣接するということがよくあって、しかもそういう敵に限ってギルより動きの速い敵だったりするからやってらんねー。

 これが例えば、迷路の中で壁の向こうにいた敵と不意に遭遇して出会い頭に殺されるとか、明りが消えてきたのにイシターへの捧げ物をケチっていたら接敵に気付かず撲殺されたとか、そういうのはいいんだ。どちらも流れとして自然だし、プレイヤーの判断ミスによる死亡であると言える。
 が、単にカメラ位置がクソすぎるために、3マス2マス先に居る敵に気付きようがないというのは……どう考えてもプレイヤーではなく、作り手が悪いと思うのだが。

 縮小マップを頼るという手も考えたが……これがまた見辛くてなあ。縮小マップは半透明で、下にメイン画面が透けて見えるようになっているんだが、メイン画面が派手なせいで縮小マップが全然見えねえ。ちなみにメイン画面を消して縮小マップのみを表示することはできません

 ついでにコマンド選択についても不満を述べておこう。例えば、預かり所にアイテムを預ける場合は、該当キャラに話し掛けると選択肢が表示されるんだが……

   預ける
   引き出す
   所持アイテムを売ってきてもらう
|>  特に用は無い

てな具合に表示されるのよ。これは道具屋とか武器合成屋でもそうなんだが、なんで必ず『用は無い』にカーソルが合ってるんだ。いちいちカーソル動かすの面倒くせえよ。そのくせして、会話を終了させるには『用は無い』を選ぶしかなかったりするんだ、どうして×ボタンで会話を終わらせらんねえかなあ!! アタマおかしいんじゃねえのこれ考えた奴!?

 一応フォローもしておくと、ゲーム部分は面白そうな予感がしてはいた(あくまで予感)。俺は2つ目だか3つ目だかのダンジョンまで行ったんだが、このくらいになると手に入る武器に幅が出てくる。武器が増えるということは、武器の合成にも幅が出るということだ。また、武器に付随しているアビリティ(特殊技と思ってくれ)も多彩になり、プレイヤー次第で色々やれる余地が出てくる。
 そのあたりまで辿り付けて、尚且つ視点の素晴らしいクソさに我慢できるなら、楽しめるかも知れない……が、4時間程度しかプレイしてない奴の意見なんで過信するなよ。

 ちなみに、俺の身内であり俺と同じく迷宮ゲーム大好き人間の一人であるのーまーしーさんも予約していた(まだ入手はしてないらしい)ようだが……彼は楽しめるだろうかなあ。


07月30日(金)

 昨日の日記をアップしてから、もうちょいドルアーガをプレイしたり考えたりしたんだが、……もう考えれば考えるほど視点がクソな気がしてきた。

 どのカメラビューを選んでも敵の接近がわかりにくすぎる。いかんせんカメラが近すぎるのだ、もうちょい引いた視点があれば大分楽になるのだが……。カメラを回転させれば一応フォローはできるが、一歩進むたびに回転させねばならんのはあまりに手間。仕方なしに縮小マップを参考するにしても、これまた見辛いという見事な二重苦。
 まだ二つ目のダンジョンだというのにこれだ。こんなクソッタレな視点で、そのうち凶悪な能力を持っているであろう敵と戦わにゃならんと思うと、それだけで頭が痛い。

 多分さあ、おまけダンジョンか何かでさあ、ドルアーガが登場すると思うんだよ。アリカはそのへんわかってると思うから。で、当然最初はハイパーナイトから出てくるんだろうけどさあ、正直この視点でウィザード4体登場とかやられたらコントローラーブン投げると思うぞ、俺。

 あーちなみに視点以外のゲーム部分ですが、まあ楽しんではいます。ただ、昨日も書いたとおり、『不思議のダンジョン』であることは忘れたほうがいいかも。ついでに言えば、純ローグ系よりは、*band系のほうがまだ近い。
 紫雨飯店雑記では、『トルネコ系かと思ってたら、蓋を開けてみりゃディアブロだった』と書かれていた(7/29)が、これも的を射た表現だと思った。

 で、不思議シリーズとの違いを感じながらも……続けるつもりではある。一手ごとの緊張感とか、安全な状況だったのにタコミスで死にそうになったりとか、その状況からどうフォローして立て直していくかとか、ローグ系特有のそういう流れを楽しめそうなゲームだとは思っているので。
 ただ、もうしばらく遊んだ上で、場合によってはあっさり手放すかも知れぬ……。もし手放した場合は、ケツイ移植希望アンケート葉書とドルアーガアレンジサントラを買ったと思って自分を慰めることにします。

 とっとと紅魔郷攻略とグラVと、あと口直しにDC版アスカ見参に戻るのが正しい選択かも知れぬ……。いくらなんでも早計だろうとも思うのだが。


07月29日(木)

 『ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガ』、とりあえず視点が見辛いー。あとその点含めプレイしていてなんか疲れるー。

 『不思議のダンジョン』シリーズに含まれてはいても、今までのシリーズは完全に忘れてプレイしたほうがいいかも知れない。あんまり過去シリーズを思い出しながら遊ぶと、多分楽しめないと思う。

 そいではまたプレイに戻ります。で、疲れたら紅魔郷攻略進めます(←せめて順序を変えろ)。
 7月中にアップできるかどうか……素晴らしくギリギリだ。


07月28日(水)

 さあ明日は『ザ・ナイトメア・オブ・ドルアーガ』の発売日ですよ! ああ楽しみだ!

 ところで皆様に伝えておきたいのですが、ソフトをゲットしたらまず何より最初にすべきことがひとつ。封を切ってパッケージを開け、そこに入っているアンケート葉書に『ケツイ』と書いて投函するのです。

 『ケ ツ イ』と書くのです。いいですか、『ケ ツ イ』ですよ。『絆地獄たち』でも構いません。この際『兄貴』『エヴァンズマン』『後で私のオフィスに(略)』とかでも構いません。四の五の言わずに書くんだよ
 ああ、……でもそれだけだとちと印象が悪いと思いますので、アンケート項目に答えておくのも忘れないように。

 それでは皆様、忘れずに『ケツイ』と書くのですよ。具体的に『ケツイ移植希望』なら尚良しと言えましょう。

 あと2ちゃんスレ紹介しとこう、コメントはなし。

シャドウゲイトのガイドライン
シャドウゲイトな にちじょう

 なんか偏ってるが気にするな。


07月27日(火)

 では『Apocalypse』の感想など。

 ゲーム内容は、一言で言うと『近接攻撃のついた戦場の狼』。加えて、大量の敵が群がる様は『真・三国無双』っぽいとも言える。更に言うなら、細部での違いはあるが『ジャバウォックの花嫁』がものすごく近いと言えるだろう。

 プレイヤーは主人公であるアッシュを操り、飛び道具・近接攻撃・特殊攻撃の3つを使い分けながら敵を倒し、先に進んでいくのがゲームの概要。ステージは幾つかのエリアに区切られており、時折ノベルゲー風にストーリーが展開される。ステージの最後にはボスが控えており、それを倒すと次のステージに進める。ステージの合間には新たな武装を入手することができて、武装はそれぞれ・威力・射程・攻撃範囲などに違いがあり、ステージごとに手に入れた武装の中から変更が可能、と色々詰め込んでおります。

 でもまあ……正直微妙なゲームだ。絵とストーリーはそれなり、アクションもそれなり、武装の使い分けによる戦略性はちとイマイチ。悪くはないが総じてそれなり、といった印象

 あとノベル部分では読み返し機能がないとか、ロードするためにはいちいちタイトル画面に戻らないとならないだとか、武装入手画面で一度取得した武装はキャンセルできないとか、システム周りは微妙。あとこれはウチの環境だけかも知れんが、キーコンフィグでボタン配置を変更するとDirectDrawのエラーが出てゲームが起動しねえ。

 ただ、おまけ的なモード(だと思う)のサバイバルモードがやたら熱くて良さそげ。ある意味これこそが本編かも知れぬ。『ジャバウォックの花嫁』のミッションモードみたいに、強烈な敵配置によるパズル要素の強いステージが70面。こっちはじっくり取り組めそうでいい感じ。

 しかしそのサバイバルにしても、使える武装は本編で取得したものに限られるのと、あとゲームオーバーになると毎回タイトル画面に戻されるのがちと手間。本編でのシステム部分もそうだったが、足周りは全体的に微妙ですな。

 まあ今はサバイバルモードを楽しんでみることにします。このモードの熱さによっては、本編のそれなり具合を補って余りあるゲームに成り得るかも。


07月26日(月)

 『X-MEN』のバージョンを1.03とか数日前に書いたが、あれは3.00の間違いだった。今はもう修正済み。

 ところでここ数日更新がなかったのは気分的に上がったり下がったりが酷かったからです、某所で『ゲームが十分上手いくせに「私はヘタですよー」と(そこはかとなく)主張している』文章を見て「じゃあ手前よりヘタな俺は何ですかクソですかそれともクソにも届かないケツの毛の糞ッカスですかそうですかこのド畜生ああムカつくなあ畜生ムカつくなあ」とかひがんだり。

 あとTRPGとかのリプレイで、プレイを録音したものを文章に起こすと、ほぼネットにおけるチャットやそれに類するもののログに近い形になるが、それをそのまま掲載している連中は一体何考えてんだろうとか思ったり。

 あの手のログはそのままだと、同じ人物が二度連続で発言していたりとか、タイピング速度の差で返事が遅れてどの発言が誰に対するものなのか全然わからなかったりするので、そのあたりをきちんと編集しないと読めるものになんてなりゃしねえんだが、それをまんまで掲載するなんてもうバカじゃねえのお前ら!?
 「そのまんま掲載することで場の空気を伝えようと……」とか言い訳されそうだが、そもそも読めたモンじゃねえような会話文で何が伝わるかってんだオラー。読者は困惑と不愉快の感を抱くだけで伝わるモノなんて何もねえんだよオラー、わかりやがれ
 「俺は原文そのままでも理解できるぞ」とか言うやつも出そうだが、そういうやつはほぼ間違いなくそのログの参加者であって、そりゃ単なる内輪ネタなんだよオラー。外部の人間に伝わるように手直しせずにンなもん堂々と公開すんなオラー、わかりやがれ

 ……上がったり下がったりが激しくてな、許せ。

 あとここ数日グラVそっちのけで『Apocalypse』やってました。ついさっきクリアした、感想とかは明日にでも。


07月22日(木)

 『グラディウスV』を購入。

 数プレイして、感想とかはまだ控えておくが、これ大変だぞお前ら。
 何が大変って、もうすごいトレジャー。むしろ超トレジャー。体験版遊んだときに1ボスがシルバーガンの『DAIKAI-10』っぽくて大笑いだったが、もう2ボスラストなんてあまりにトレジャー、3面もどこの鳳来の要塞化した渓谷ですかといわんばかり。超トレジャー

 最初に書いた通り、面白いかどうかについてはまだ書かない。今はまだ普通に遊ぶレベルなので。ただとりあえずこれだけは間違いない、超トレジャー絶トレジャー

 トレジャートレジャー言ってるのもアレなんで別のことも書こうと思ったがEgg Stone webの絵が可愛すぎるので紹介しとこう。
 かぼパンですよお前ら、むしろ超かぼパ(略)


07月21日(水)

 ケツイの合間に息抜きがてら『X-MEN』を遊ぶ。楽しいんだがコロッサスがムチャクチャ強いです誰か助けて。

 94年の時点でここまで色々詰め込んだゲームを作れるとは素直にすごいと思う。スーパージャンプ、弱中強のボタンによる必殺技の多角射撃、通常技による吹っ飛びのベクトル、それらを使ってフィールド全体(左右だけでなく上下も)をフルに動き回りつつ暴れられるゲーム。闘うにつれて床が抜けて起こるフィールドの変化も、ゲーム自体に影響はないものの、ミュータント達のムチャなバトルを表現するのに一役買ってる。

 ただやっぱり、如何せん過渡期のゲームだというのも正直な感想である。色々とわかりにくすぎる。今で言うチェーンコンボのような、ボタン順押しで通常技→通常技とつながるシステムがあるのだが、それがインストにも書かれてないしゲームを遊んでも伝わりにくい。これの少し前に出た『ヴァンパイア』も近い欠点を抱えていたが、『ヴァンパイア』はまだ技の繋がり方が全キャラで統一されていたのに対して、こちらはキャラごとにかなり仕様が異なっていたのもわかりにくい要因。

 今で言う『エリアルレイブ』のような空中連続技も一応はあるが、これまたわかりにくい。まず最初に相手を浮かせる技を当て、それからスーパージャンプを手動で行い(レバーを↓↑、と入力)追撃に移るのだが、何しろ94年の時点ではジャンプで通常技をキャンセルするという概念自体がないのだ。これに素で気付けというのも無理があるだろう。

 通常技もクセが強かった。見るからに妙な連中はともかく、一見まともなサイクロップスなどにしても、中攻撃は妙にリーチが短く、大攻撃などはガードされると反撃確定。キャンセルで必殺技に繋いでもこれまた隙がデカ過ぎて反撃確定。スーパージャンプによるキャンセルを使うことで反撃から逃げることができたのだが、上記のように当時はそんな概念自体がなく……。
 そういった点に気付かないと、『なんか動かしづらいゲーム』であり、そして特定の行動(センチネルの大パンチ→中ロケットパンチとか)に異常に対処しづらい(としか思えない)ゲームで終わってしまう。実は色々できるのに、それらが全くといって良いほど伝わらないつくり。そして、わかってきた頃には度を越してムチャできるゲーム(それはもう、普通にゲームが破綻するほど)に変貌してしまう。そのあたりが過渡期のゲームだと思う最大の理由。

 で、これらを意識しながら『マーヴルスーパーヒーローズ』やVSシリーズを見ると、上手く進歩してきたなあと感慨深いものがある。ただ『X-MEN』もダメってわけでなくて、ムチャではあるがそれはそれで面白い。まあストームの小Kだけで無限コンボとかはどうかと思うが。忘れてやれよ俺。

 ちなみに使用キャラはオメガレッドとスパイラル。スパイラルのメタモルフォーゼは容量節約気味の技なのに(言うな)妙にかっちょええなあと思う。センスの良さかね。
 この頃のカプコンは本当にいい仕事してるなあ。


07月19日(月)

 今日はスパイダーマン2の微妙に感じた点を書き連ねようと思っていたのだが、実は先週の木曜にレイトショーで二度目を観てきてな。やっぱりスゲエ良かったんでもう突っ込みなんざどーでもいーやエーヘヘーとかそんな気分なのだよ。
 なんで、前回の感想書いたときに書き損ねた雑感など、ダラダラと。

(反転) どーでもいーやとか書いておきながら、突っ込もうと思っていた点の解説から行くとだ、ピーターがスパイダーマンとしての能力が使えなくなるあたり。『なんで使えなくなったか』がはっきり描かれてないんで、スパイダーマンを続けることに疲れて能力が無くなったのか、能力が無くなってきたからスパイダーマンを続けることに疲れたのか微妙にわからない。よって、能力が戻るあたりでのカタルシスが低いように思ったのだ。
 でも面白かったからいいやと思ったんだけどね! 二度目観たときにね!!

 あとこれは悪友白楽の突っ込みなんだが……、
『オクタビアスが壊れた家に戻ったときに嫁さんのことでほとんど悩まないのが残念』
『いくらアームがついているとはいっても、生身のおっさんがスパイダーマンに殴られて耐えられるのはどうか』
『最後のシーン、人口太陽を川に沈めろはないだろう、もうちょい科学者らしいやり方で止めて欲しかった』
『あのアームに制御チップ以外安全装置がないのはどうか。最低でも停止ボタンは欲しいが科学者なら自爆装置つけろよ! 必須だろうが!!』というもの。
 まあ最初のはわからんでもないんだよなあ……嫁さんの描写がやや足りない感じではあった。二つ目と三つ目は……わからんでもないが、まあホラあれだ、アメコミだから細かいこと気にすんな。いや確かに無理あるとは思うが。

 それと最後の突っ込み、停止ボタンはともかく自爆装置が必須なのは貴様の脳内科学者だけだと返しておくことにしよう。

 んではこっから良かった点。戦闘シーンがかっちょええ。特にニ度目の戦闘、時計塔〜列車上のとこがお気に入り。時計塔の戦闘シーン自体もいいんだが、スパイダーマンとオクトパスがもつれながら落下して列車の上に落ちて、立ち上がってポーズ決めるとこの流れがもう素晴らしすぎた、燃えた。
 そして列車での戦闘は見所だらけ、対向車両とすれ違うとことか、鉄橋くぐるとことか、一度落とされたスパイダーマンがまた飛び乗るとこだとか、あとラストの列車止めるとことか。もう時計塔〜列車のシーンは語り出すと終わらぬ。列車の乗客たちもまたストーリー上光るキャラでなあ、良いのだ。

 オクタビアス(オクトパスではなく)も良かった。アームに操られそうになりながら自制するとことか、最後の川に沈んでいくシーンとかは普通にかっちょ良かったー。
 それとオクトパスは前回『アクションがかっちょえー』と書いたが、何気に表情がえれぇイカす。銀行での戦闘で金貨袋がスパイダーマンに命中したときの「ッハ!」とか、時計塔で長針が壁に刺さったシーンとか、列車を暴走させた後の「止めてみろ」のとことか、最高に悪役だアンタ! かっちょええ!!

 あ、最後にやっぱりMJはヒロインとして色々とどうかと思いました。それと大家の娘は可愛いと思いました。(反転終了)

 やっぱりすげーツボでした、この映画。DVD買うべきかー。


07月18日(日)

 ようやく梅雨前線は新潟から去っていった模様。しかし今度は福井のほうでガンガン雨降らせているらしく、ここまで来るとあの梅雨前線はどっかの国が完成させた気象兵器によるものなんじゃねえのかと思えてきました。どっかの国とは明言は避けますが、まあ北朝鮮あたりが妥当だな

 このまま行くとその気象兵器で自在に雷も落とせそうでドキドキです。当然落雷の名称は『天誅』です。自らに天誅五束撃! 正しいから死なない! 所詮零など霞の試作! 存在意義が見当たらぬ! とかそんなノリで。何がだ

 しかし福井の方々は、その、頑張れ。大雨に負けるな。

 行き付けのゲーセンのケツイが2台になりました。これでケツイやろうと思っても既に人がついていたからと言って、諦めて紫炎龍やったり大江戸ファイトやったりロボコップ2やったりイスカやったりする必要がないわけですよ!
 いやそれ以前にこれらのゲームやる必要なんてないわけですが。

 だが唐突に復活したX-MEN(ver3.00)はやるべきかも知れぬ。そしてマグニートー様にボッコボコにされるべきかも知れぬ(まあver3.00のマグニートーはそこまで強くはない……らしいが。ver1.00のは壮絶にヤバかったと聞く)。チェーンのルートが少し特殊でちとやりづらいのう、アメコミ対戦格闘(P→Kの流れが基本だが例外多し)よりもヴァンパイア(小→大の流れが基本)に慣れた俺としては。

 しかしまあ店長(時折この日記に出てくるアイカリー氏)も思い切ったことやったモンだ、正直行き付けの店ではそこまでケツイやってる人は……えーと……結構いるかも知れぬ。
 まあ消えないようにせいぜいインカムに貢献することにしましょうか。そしてナミキもびっくりのケツイ7台設置店を目指させるのです、もし本当に目指しちゃったら後のことなんて知りません(最悪や)。

 と言いますかナミキ(という名前のゲーセン)はケツイが6台設置してあってしかも順番待ちが発生するらしいですが一体どんな店なのやら。いずれ一度は行くべきか。

 紅魔郷ルナ攻略はちまちま進行中。道中の文章は大体出来上がったので、後はこまごました検証と画像録り、そしてボス戦を仕上げれば完成です。つまりまだそんなにできてません

 本当に今月中に出来上がるのか俺。しかもオールドゲームミュージアムが楽しくなってきたし。

 あと前々から好きだった馴染しん氏のサイトをリンクに追加。この人も昔メストに投稿してたんだよなあ……デビロット姫とか書いてたなあ。


07月17日(土)

 大水絡みで消防団の用事があり駆り出されました。色々あったのですが現在は自宅待機中。

 何をやったかというと、地元の川(信濃川)含めあちこち増水してヤバいということで、もしもに備えて土嚢を作ってまいりました。そしてその土嚢を運び、地元の方々が積み上げる手伝いをするかと思いきや、その積み上げた土嚢を片っ端から崩していくという賽の河原遊びをしてました。ウソです。

 ウソはともかくとして土嚢作るとこまでは本当。運ぶのや積み上げるのは別の方々の担当だったんで、袋に砂詰めてートラックに積んでーってなことやってました。

 となると、俺の地元全域ヤバいのか? と思えなくもないんですが、でも俺の家の周囲は山もなけりゃ大きな川もなく、また地面が露出している場所も多いというクソ田舎なので水害に遭う可能性は素晴らしく低いのでありまあ安心。何より、今も雨は降ってはいるもののそこまで強烈には降ってないので(川の上流側はどうなってるかわからんが)、また土嚢作りに駆り出されることは多分ないと思います。

 つうかいつまで降るんだこの雨は。さっさとやんじまえバカ。やっぱ人柱か? 人柱しかねえのか!?(色々と不謹慎です)

 んでは先日購入した『鉄人28号』をプレイ……する前にクリアしようと再開したらハマってしまった『地球防衛軍』をやるのでこれにて。インフェルノ烈火の第二陣(精鋭UFOと黒蟻と輸送UFO)がキツくてなあ。


07月16日(金)

 『越乃酔楽 大吟醸』という酒が安かった(通常価格2700が現品限りで1350だった)ので買って呑んでムッハーたまんねえー! とか思いながらこれ書いてます。値段の割には美味い酒です。
 なお余談ですが俺が今まで呑んだ中で一番美味いと思ったのは『越の初梅』、仲間内でのウケも良かったので興味ある方は是非どうぞー。あと『八海山』も俺は呑んだことないが評判いいなあ。

 ところで、先日俺は東方シリーズの旧作をバカスカ遊ぶ機会に恵まれまして。とりあえずは5作目、つまり紅魔郷の前作にあたる怪綺談を遊んでいたりします。
 しっかしまあ、去年の1月25日にも少し書きましたが……すげえなあ。とても98シリーズ用のゲームとは思えん、なんで98の性能で弾幕シューティングが成り立つんだ。

 あと現時点での感想だと、稼ぎのシステムがシンプルなのが良いなあ。細かい稼ぎはそれなりにあるが、大きいものはボスの破壊タイミングとアイテム回収くらいか(新シリーズでは紅魔郷が一番これに近い)。個人的にはこのくらいが一番好きなのかも知れぬ……もっと正確に言えば、俺が東方シリーズに求める稼ぎはこういうタイプのものなのかも知れぬ。

 少し話は変わるんだが……複雑な稼ぎが悪いわけではないが、先に進むプレイを基準として考えた上で、稼ごうと思ったらあまりに奇抜な行動を取らねばならぬ……というのは、やっぱり『いびつ』なんだろうなと思う。

 ちなみに突っ込まれる前に答えておくが、『斑鳩』などは、ある意味奇抜な行動(敵弾に突っ込んでゲージ溜めるとか、敵を特定の順で撃っていくとか)を要求されるゲームだが、それが基本システムに組み込まれているので「こういうゲームですから、一見奇抜に見えるプレイでも実際には問題ないです」となる。基本プレイの延長線上に稼ぎプレイが存在しているから問題ないわけだ。
 言うまでも無いが、これはその一見奇抜に見えるシステムが洗練されていること、またそのシステムに合わせたプレイ(またはシステムを利用したプレイ)が面白くなるよう、敵配置などがきちんと調整されているからこそ成り立っている。

 あと同じくいびつなゲームである『バトルガレッガ』は……ごめんこれは反論できない
 ……えーと、面白いからOKってことで許せ。たのむ。

 まあ一応『ガレッガ』をフォローしておくと、稼ぐにしても進むにしても、ランク調整のために死ぬことがとても重要であり、基本プレイの延長線上に稼ぎプレイがある……というか、(極端なレベルでない限りは)稼ぐことこそが基本プレイなので、基本と稼ぎとがリンクしていると言えるであろう。
 ……いや自分で言ってても無理あるよなあと思うけどさあ。

 基本プレイと稼ぎプレイとに話を戻すが、やっぱりこの二つはあまりに極端に離れてはまずいものなのではないかと思う。稼ごうと思ったらある程度のリスクが伴うのは当たり前だしそうでなくてはならないが(『安全地帯でボスが自爆するまで粘るのが一番稼げる』なんてのは萎えるよな? 発狂覚悟でパーツ破壊するのが稼げるほうが熱いよな?)、基本プレイと稼ぎプレイとで別ゲームになるほど変わってしまうのは、やっぱり何か違う。

 好意的に解釈するならば、そういうゲームは一粒で二度美味しいとも言えるんだが、基本プレイで得た経験が稼ぎプレイに活かしづらいのでは意味がないのだ。それならば最初っから別の二つのゲームを普通に遊ぶだろう。
 基本プレイで得た経験、知識を幹として、稼ごうと思ったらそこから様々な方向に枝葉を伸ばし、どこまで広がるかどこまで高くなるかを考えていくというのが、基本ではなかろうか。

 ……思うことを適当に長々書いていたら収集がつかなくなってきたので、ひとまずここまで。
 気が向いたら続きとか書くかも。でも書かないかも。


07月14日(水)

 今日も仕事の関係で三条に行ったんだが、もうどうにも大変なことになっておった。

 テレビでさんざ放送されたから知ってる人のほうが多いだろうが、実際に行ってみると数分おきに消防の車とすれ違うし救急車もやたらに通るし、空見上げればまず間違いなく視界にヘリが飛んでるし、いくら人生を適当に生きることに全力を尽くす俺であっても(←アンタ結局どっちですか)不穏な空気を感じ取れるほど大変な事態。

 俺自身は幸いにしてまったく被害に遭ってはおらんが、まあ、アレだ、頑張れ。

 ところで俺は明日も三条に行かねばならんのですが。しかも栃尾にも行かねばならんのですが。……大丈夫かのう。色々と。


07月13日(火)

 大雨ですよ! 大雨ですよ!!
 活発な梅雨前線が頑張りすぎたとかで新潟は大雨ですよ! あちこち水浸しですよ!

 俺は現在配送の業務をやってるんですが、今日は三条(新潟にはそういう地名があるのです)方面の配送でして。なんでもこの三条方面、かなり被害がデカかった地域らしいのです。
 具体的には配送先の建物の周囲が水浸しで膝下まで水に浸かりながら品物届けたり、普段使っているルートが水没していて別ルートを探すハメになったり、用水路そばの道路などは用水路からあふれた水で水路の一部と化していたり、大き目の川などは土手のフチ近くまで増水していたり、殺気立った村人達が口々に「神様の怒りにちげえねえだ」「人柱だべ、人柱を立てて怒りを鎮めるしかねえべ」とか叫んでいたり、人柱候補らしい女の子をかばってその父親らしき男が村人達と死闘を繰り広げ片っ端から血祭にあげていたりと、そりゃもう大変でした。

 ごめん最後のほうウソ

 まあしかしだ、普段テレビでしか見ないような光景を目の当たりにできたのは貴重な体験と言えようて。積極的にしたい体験ではなかったが。

 んではスパイダーマン2の感想だー。

 基本はやっぱり前作と同じ、王道を行くヒーローもので、闘ったり悩んだりでした。楽しかった。
 ただ、前作は『闘ったり悩んだり闘ったり』だったのに対し、今作は『闘ったり悩んだり悩んだり悩んだり闘ったり悩んだり』で、全体的に悩んだりが多いため、人によっては「なんか暗い話だなあ」とか思うかも。正直なところ俺もややクドく感じました。

 が、アクションシーンは前作にも増してステキ。オクトパスとのバトルはアクション自体がかっちょいいのに加えてシチュエーションも非常に燃えるものになっており最高でした。
 以下キャラ別に反転を交えて感想など。

■スパイダーマン
 今回は悩んだりが多い彼ですが、どっちかっつーと悩むよりは不幸な目に遭い過ぎといった感じ。そのため全体的に話が暗めになっちゃってます。でも基本はやっぱり『弱きを助け強きを挫く』、(反転)列車での戦闘シーンなどは(反転終了)素晴らしくヒーローヒーローしていて良かったです。
 アクションは本当にかっこよかった、ビル街飛び回るとこは当然として、ウェブ(糸)の使い方が多彩でいい感じでした。

■オクトパス
 今回の敵役キャラ。一見タダのおっさんに鉄製アームが4本ついただけに見えますが、これが動くとすげーかっちょいい。その勢いでおっさんまでかっちょ良く見えてくる
 何しろとにかくよく動く。重さを感じさせつつもウネウネ動くのが観ていて気持ちいい。戦闘シーンなどは特にかっちょいい、アームを壁面に喰い付かせて固定しつつ残りのアームで殴りかかったりとか(この殴りかかるときの動きが殺気がこもってて最高)本当にステキ。戦闘シーンは大きく分けて3回あるのですが、どれも最高でした。
 そんなアームですが、オクトパスが壊れた家に戻ったシーンでの甘えるような動きが妙に可愛らしく、フリークス趣味の貴方も大満足
 またオクトパス自身のほうも、マッドサイエンティストらしく描かれていて良かったです。

■メリー・ジェーン(MJ)
 ヒロイン……なんですが。えーと、こいつヒロインだから何やってもいいとか思ってませんか。つうかあんまりにテメエ勝手すぎやしませんかこいつ。ピーターに対する態度も、他の連中に対する態度も。
 何よりピーターの悩みの大半は、こいつが消えれば解決しそうな気がしてなりませんっつーかこいつがピーターを無駄に苦労させてる気がしてなりません。
 ……前作でもそうだったけど、こいつってキャラ描写が深くなればなるほどに嫌な面ばっか出てくる気がするのは気のせいか。監督のサム・ライミはMJが嫌いなんだろうか。

■アパートの大家
 今回の名脇役。いい感じにキャラが立ってて良いです、作中にたった3回しか登場シーンがないのに妙に記憶に残るキャラ。続編にも登場願う

■大家の娘
 今回の真ヒロイン。描写が深くなるほどムカつくMJより余程可愛いです。ピーターこっちとくっつけよ! どう見ても好意持たれてるじゃんよ!
 あとジーンズを腰ではいているのが程良くエロかったです。したはらー、へそちらー。

 ストーリー的にはやや鬱っぽさが増してますがきちんと王道ヒーローものを描いてますし、アクションは本気で良かったので(オクトパスが本当にかっちょええのよ)、個人的にはかなりツボでした。お勧め。
 ただ、突っ込みどころがないでもないので、その辺りはまた明日以降の日記にでも。


07月11日(日)

 今更だが、(余程の悪意があるものでなければ)リンクを張ってもらえるというのはそれだけでも十分ありがたいことだなーと認識。色々と頑張ろう。うむ。

 で、またしてもはせがわさんに会ってきた。呑み会のときに渡したものを返してもらったんだが、そのときにちと話をしたのだよ。
 話の中身は東方界隈のこととか東方永夜抄のこととか。以下に一部の発言を抜粋。

「幻想郷の女の子は全員オムネナイナーイだと思うんですよ!」(力強く)
「霊夢はふくらみかけだと思うけど、魔理沙はきっと全然ないね、そりゃもうまったいらだね絶対だね」
「問題は咲夜さんだ、あの人だけはナイスバデーに違いない」
「いやしかし新作になるにつれ幼くなってるし」
「それだ。本家本元から提示された絶対の解決策」

 やや違うが大体こんな感じでした。ちなみにどれが誰の発言かは面倒なんで記しませんが、どっちがした発言だろうと全然ダメダメなのは変わりませんな。と言いますかごめんなさいはせがわさん

 しかし話した時間が数十分程度だったとは言え悔やまれる、「あばらがうっすら浮き出たおにゃのこ絵は好きですか」とかそれ系の質問をするのを失念しておった。更に言うなら浮き出たあばらはいい感じだと『ハッとしてグッとくる』けど、やり過ぎると『痛々しい』になってしまう、その境目はどのへんにあると思いますかとか、大槍葦人氏の絵はいい感じにその二つのギリギリのライン突いてきますよねウエヘヘヘとか、ンもうはせがわさんったらそういうの好きなんだから! とか、そういう話をしたかったのに失念しておった! 何やってる俺!

 と言いますかまたしてもごめんなさいはせがわさん

 あとスパイダーマン2を観てきました、詳しくは明日にでも書きますが、細かいツッコミはあるものの良い部分がそれを十分打ち消していて面白かったです。ヒーローものの王道を行くつくりでよかった。あとオクトパス格好良かった。


07月10日(土)

 あちこちで『鉄人28号』が面白い面白いという話を聞いて物欲ゲージ上昇中。2ちゃん家ゲ板のスレ見てもっと物欲ゲージ上昇中。ちなみに購入確定ラインは突破済みなので明日にでも買います。

 しかし家の積みゲーマウンテンを見るとなんだか切ない気持ちでいっぱいになるので、ちったあゲーム終わらせるかーと『鉄人28号』と開発元が同じサンドロットの『地球防衛軍』を再開。

 で、地球防衛軍話でもつらつらと語ろうと思っていたが、あんまり面白くならなかったのでヤメ。
 んではゲームに戻るのでこれにて。

 こ、攻略も頑張ってるよ! ……ごめん!!(←罪悪感に負けたらしい)


07月08日(木)

 呑み会の件で書き忘れていたが、某氏が『北へ』のアニメ版のビデオを持ってきたのだよ。色々と黒い話題が尽きぬアレな。詳しく書くのも面倒なんで、よく知らない人は各自検索。
 で、鑑賞会など始めたんだが、OPの電波っぷりが噂以上に凄まじく「まだ観なきゃダメ?」「やめようよ」「もう辛いんだけど」などの発言が連発。中でもはせがわさんが呻くように口にした「これは、ひどい」の一言が印象に残っている。

 というわけで、アニメ版『北へ』はお勧めダヨ!!(最低だ貴様)

 む、気がついたら東方永夜抄体験版ver0.03が出ていたのか……。あちこちで書かれている変更点を読む限り、今回のバージョンはよさそげな予感。

 今だから言うが(←つまり今更でもあるんだが)、前回のバージョンはほとんどの状況で低速移動しつつカスって稼ぐというのが基本だったから……まるで縛りプレイでもしているかのような辛さがあったんだよなあ。難しいというのもあるが、それ以上にやってて精神が磨り減るような。その割にそれが終わったときのカタルシスがないから……はっきり言えば苦行にしか思えなかったわい。
 妖々夢にもそういう傾向はあったが(桜点の上昇が稼ぎの大きなポイントだったから)、永夜抄0.02に比べれば可愛いモンだったし、十分許容範囲だった。

 で、今回のバージョンはカスリのメリットが減り(特に道中)、加えてスペルカード時は速攻撃破のほうが稼げる(場合もある)ようで非常に嬉しいところ。

 とかこれ書いてたらver0.03aが出てた。DL始めますか。

 それでは今日の最後は虹板にwizスレたてたらのびるような気がするからの引用で締めさせて頂きます。

    *    *    *

415 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ
凄く敬虔な由緒正しき森エルフだけど
真性レズのせいで属性が悪
それでも神への礼拝は欠かさない♀僧侶と

ダークエルフ出身で見た目イケイケ、言動も荒っぽいけど
実は処女で根は真面目な善の♀魔法使い

どっちが萌える?

416 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ
>>415
なんかWIZっぽくないな。
聞くところを間違えてるんじゃないか?

419 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ
朝はモンティ・パイソンを見ながらフィッシュ&チップスを喰い、昼はレッド・ドワーフを見ながらスコーンを喰い、
夜はMr.ビーンを見ながらマーフィーズをかっくらうE-Bis Elf Female(性格歪んどる巨乳美少女)萌え。
得意技は「Sacred Basherで前列を殴る」「とりあえずBADI」。

420 名前: 名無したん(;´Д`)ハァハァ
>>419
なんかWIZっぽすぎるな。
萌えどころを間違えてるんじゃないか?

    *    *    *

 おまえらナイスだ


07月07日(水)

 つーことで3日ははせがわさんと酒呑んだりしてました。いつものように俺らが面白いと思うものを色々勧めたり押し付けたりと非常にアレな集まりでした。ごめんなさい

 ただ、メシの買出しにスーパーに出たときに、グレーを基調にしたシックな色のワンピを着たツインテール幼女を発見してワーイとか思いながら眺めていたら、実ははせがわさんも同じ幼女に目が行ってたことが判明。いい人だ

 あとほかにも色々あった気がしますが内輪ネタっぽいのでスルー。
 ともあれ楽しかったです、よろしかったらまた呑みましょうー。ちなみに次回は斑鳩DVDとか大往生DVDとかドゥーム様動画とかスカイガンナーOPとか、あと映画だと『フェイス/オフ』とか『VERSUS』とか『片腕カンフー対空とぶギロチン』などの鑑賞会を予定。最後のは何だ

 そいでその次の4日は色々と衝動買いして散財ですぜムッハー! まずHDDを買ったのですよ、俺は今まで4年だか5年前に買った20GのHDD(確か当時バルクで1万くらいだった)を使っていたんですが、流石にエロゲーやエロ動画やエロ画像が増えてきて容量が足りなくなってきたので。いやエロゲーやエロ動画はそんなに入ってませんが。エロ画像は、まあ気にするな

 買ったHDDは80G、マイPCに繋いでみたらデバイスマネージャでは認識されてもエクスプローラーでは認識されず、調べてみた結果Win2000ではディスクの管理をせねばならんことが発覚したんで試してみたら「パーティションを切りますか?」とか聞かれたんで30G・30G・20Gと切って増設終了。

 ところでこのHDD増設の作業中、家の外でやたらと猫の鳴き声が聞こえてきまして、「さかりのついた猫か? にしちゃあ時期がハンパだよなあ」と妙に思っていたんですが、どうもその猫の鳴き声は俺のPCの中から聞こえてくるようで、HDD増設するまではそんな声聞こえなかったのであって、つまり増設したHDDの中には猫が入っているに違いないのですなんてこった!

 なんてこったじゃねえ
 つうかこんな異音のするHDDで大丈夫なんだろうか……中古で買ったやつだからクソだったとしても文句言えねえし……うっかりHDDが死亡して俺のエロゲーやエロ動画やエロ画像を道連れにされた日にゃあどうするよ。
 いやだからエロゲーやエロ動画はそんなに入ってませ(略)。

 あと幾つかゲームとか買ったんですが、それらの話はまた後日。

ロー オブ ザ ウェスト 西部の掟第2条(2ちゃんレゲ板より)

 昔ファミコンで出ていたゲームのスレなんですが……何しろ元のゲームが『シェリフとなって西部の町の平和を守る。と見せかけて狂った会話を繰り広げつつ適当に町民を射殺』てな内容で、当然ながらスレもかなり狂っております。4択による会話での掛け合いをお楽しみください。

 ちなみにスレ序盤ではAAが多用されておりますが、後半に入ると容量の関係で急に縮小AAが作成されたりしております。なんつーか、味のあるスレだ。


07月04日(日)

 箇条書き行くぞー。

ビタミンごはんのはせがわさんと呑み会。よろしかったらまた呑みましょうー
・忍法鎖鎌(→公式)購入。非常にいい感じ
・グラディウスVの体験版をプレイ。1ボスのトレジャー(というかシルバーガンのDAIKAI-10)っぷりに大笑い
・HDD80G増設。1ドライブ20G→4ドライブ100Gになりましたヒャッホー

 詳細は明日にでも。


07月02日(金)

 ネットをフラフラしていたらファントムブレイブのマローネ絵を見つけてそれが所謂ペタンコ座りの上目遣いでまあ要は狙ってる絵なんだけど絵柄がそこまで今時の絵じゃないからあんまり媚び過ぎにも思えなくてつまりツボで買ってから未だ封も切ってねえファントムブレイブいー加減やるかーとか盛り上がっておいてナンだけど俺まだディスガイアも終わってねえからまずそっちからじゃーとプレイ再開。
 と思ったはずなのにXangで30階前後が突破できず鬱。いやディスガイアやれよ俺。

 つうか紅魔郷の攻略4面アップしてから全然手つけてねえー。しっかりしろ俺ー、とりあえず今回も宣言、今月中には5面までアップするよー。

 ところで俺はバトライダーの5ボス(黄緑赤の3兄弟ボス)の曲作った人が小谷野謙一氏であると最近ようやっと知りました。今までずーーーっと並木氏だと思ってたよ……。ちなみに小谷野氏はブラッディロアとかの曲作った人。

 で、小谷野氏はほかにはどんな曲作ってんだろうなーと思って検索かけたらこんな結果でした。
 ……全部本人なのか、同名の別人なのか、判別に苦しむものが幾つかあるんだが……ううむ。

(再掲)並木氏情報サイト『Veldan Local Laboratory 3rd』

 いつ見てもさんたるる氏作曲リスト(右側カテゴリの『さんたるる』参照)はまとまっていて良いなと思ったので再掲載。つうか移転してたのね。

 あと小谷野氏の件と同時に、魔法大作戦の曲は本山淳弘氏という方だとも知りました。俺こっちも今までずっと並木氏が作ってたとばかり……す、すまぬー!
 つうかSS版蒼穹(魔法大作戦とかの曲と作曲者名が収録されてる)持ってるクセに何やってた俺ーーー!


06月分 ← 一覧 → 08月分

戻る
inserted by FC2 system