2005年03月
2月分 ← 一覧 → 4月分

戻る

日記にリンクを張る場合はアドレスの最後に「#日付」と入力すれば、その日に飛びます(01〜31)。
(例:200111.html#28→01年11月28日)


03月31日(木)

 黒往生生存最優先プレイ。
 結果、花粉症の時期はゲーセンでシューティングしちゃダメだという結論に落ち着きました。げんなり。

 で、ちょっと前に出た『メルブラAC』に手をつけていたりする。
 過去に数回書いた気がするが、俺はメルブラは初代(パッチすら当ててないやつ)を数回遊んで、そのあまりのモッサリ感にがっくり来て「ごめんなさいさようなら」だったのだが、こっちはちょっといいかも。デモ画面を観ていたら結構動けそうなゲームに思えたのでちまちまと手を出してみたのだ。

 稼動からの何日かの間に、ネロ→青子→琥珀→都古とプレイしてみて青子と都古がいい感じ。チェーンとエリアルの感覚がQOHチックで良いのだ。あと青子は通常技の大攻撃がどれも使って気持ちいいですな。思いっきり手足伸ばしてる感じが好き。あとビーム。
 しかし行動やチェーンやキャンセルの自由度が高いゲームになったのう……初代メルブラのチェーンなんてターゲットコンボ(ストIII)の出来損ないみたいな繋ぎしかできなかったからなあ。ところで今作って立ちとしゃがみで同威力のチェーンってできないのかしらん、しゃがみ大→立ち大とか立ち中→しゃがみ中とかみたいな。きっちり確認したわけじゃないが、出来ないキャラのほうが多いような……。しゃがみ大からの浮かせ直しは色々考えるとこありそう。

 それと都古のカットジーンズはやっぱりエロいと思った。細っこい手足がまたエロいと思った。あとレンの「……ッ!」みたいな感じのボイス群もエロいと思った。あとレンの勝ちポーズはちょっと狙いすぎですと思った。ズギューン(狙い撃ちされた音)。

プロペラ惑星にて『洞窟物語』カーリーブレイス絵(トップ→絵→俺とお前の鋼の絆!)

 カーリーさんですよカーリーさんですよ! きちんと例のキーアイテムも胸元に!(ドッグタグってのイカスなあ) そしてぱんつもしっかりと描かれて!
 つーかいいゲームなのでまだ遊んでないって人はきちんと遊ぶように。フリーだし。それで商業ソフトそっちのけで面白いし。てなわけで開発室Pixelへのリンク。


03月30日(水)

 やっぱりゲームはきちんと課題を決めてやらんと、ある程度からは上手くはなれんのう。違った言い方をするならばダラダラやってもダメってこった。
 5機設定黒往生、一応あの後もう一回2周ALLしたんだが、それ以降どーもダメだ。中途半端に稼ぎに手を出して自滅といういつもの悪循環にハマった。稼げるポイントの難易度と自分の力量とを天秤にかけた上で、稼ぐ場所・生き残る場所をはっきり区別つけてやるべきなんだが、つい何も考えずにプレイしてしまう。ううむ。

 とりあえず課題。生存最優先プレイの安定化。稼ぎたい気持ちを抑える意思を持ちましょう。

 昨日の日記を受けてWizXTHの感想も行こう。まあ、基本的なところはえふめものWizXTHページに書いてある通りなんで、特にこれは、と思ったとこに触れていこう。

・錬金と所持金のバランス
 新システムである錬金。廃材・素材を合成して武具を作ったり、また武具を分解して廃材・素材に戻したりできるのだが、これが秀逸。いい武器の廃材があるのに素材が揃わなかったり、また廃材も素材も揃っているのに金がなくて合成できなかったり、金はあるが全員の武具を作ろうとすると足りなかったりしてとても悩む。今までのシリーズでは、ゲームが進むにつれ金がアホみたいに余ったが、今作はちっとも金が足りず、それがまた楽しい。
 また、一回迷宮に潜るといい感じに一人分の武具を作る金が手に入ったりする(←俺の場合。人によってはもっと得られるだろう)。一回潜ることによって得られる経験値と金のバランスは非常にいいと思う。

・バグ
 マイケルソフト製ウィザードリィはバグの多さが有名だが(→『エンパイア バグ』の検索結果)、今作ではどうだろうか。
 現時点で報告があるのはフリーズ・鑑定魔法無制限・アイテム増殖といったあたりだが、フリーズはそこまで多発するわけでもないし、敵バンパイアの攻撃時にソフトリセットで発生する以外は再現性はない模様。少なくとも俺は一度もならなかった。鑑定魔法無制限は……致命的というわけでもないのでまあ、良しとする。問題はアイテム増殖で……これは上記の錬金と所持金のバランスを完全に壊すので、結構な問題。やろうとしなければ起きないタイプのバグなのがせめてもの救いか。

・戦闘バランス
 それなりに良いのではないかと。旧シリーズほどビクビクしつつ進む感じではないし、魔法もマハリトやティルトウェイトのような切り札的な感じのものがないのは残念だが(Lvとステータスによって威力が上がるのでそれ次第では切り札足りうるが)、ゲーム後半になると割と本気で補助魔法を駆使しつつ戦うことになる。それが結構いい感じなのだ。
 ただし、俺はまだEDを迎えたとこで止まっているのだが、この先の迷宮ではインフレが始まるという話もあるので……全体を通してみると、ややインフレ気味なのかも知れない。

 ……まぁ、そんなとこか。


03月29日(火)

 『Wizardry XTH』、エンディング到達。

 終盤のダンジョンでMAP埋めと経験値稼ぎを兼ねて一進一退を繰り返していたが、酒の勢いに任せて既出のマップが出るまでロードに出入り→既出のマップが出たらマロール(旧名)で突入、という流れでイベント出現ポイントまで一気に飛んでラストバトル。そして勝利。そしてED。

 いやあ、もう、面白かった。クリアするまでは言い控えていたが、それでも何度か言ってしまったが、「本当に面白かった」。不満点とか挙げ始めると数え切れないし、他人に無条件で勧めることは絶対にできないが、それでも面白かった。色々と見た目イロモノ臭くなってはいるが、それでも遊んでいてWizっぽい感じはきちんとあった。終盤の展開も良かった、やや急ぎすぎの感はあったがそれでも押し付けがましくないので良し。次回作が出たら余程の改悪がない限り無条件で買ってもいい。

 さて、ウィザードリィはEDを迎えたとて終わりではないのは周知の事実……だが、敢えてここで一旦データを消そうと思う。今回はちと裏技的なことをやってしまった(上記の『ロード出入り→マロール』とか、他いろいろ)ので、次のプレイではそういった手段はなるべく控えつつ、マッタリとプレイしてみたい。
 気が向いたら、今作の良かった点とか悪かった点とか、印象に残った点とかをつらつらと書いてみようと思う。

 繰り返すが、本当に面白かった。人様にお勧めするにはちと不安が残るが、俺は本当に面白かった。

ウィザードリィなんてやってられるか

 というわけで、ウィザードリィとくればこのスレでさあな。誰もが通ってきたあの道を、またはこれから向かうこの道を。

モナードリィ(Monardry) スレ

 こっちも再掲載。この手のスレまた立たんかのう。


03月28日(月)

 なんか2ちゃん家ゲ板の『シャイニング・フォース ネオ』スレが1日2スレという恐ろしいペースで進行中なんだが。これはアレか、世間の売上はともかく、局地的には壮絶に大人気と思っていいのか。ガチャフォースみたいな。

 ちなみに俺はまだWizXTHのほうをメインにやっているので、シャイニングフォースネオのほうは全然進んでないんだが、一応ログは保存しつづけていたりする。何ムダなことやってんだとか思われそうだが、ある程度ゲーム進めてからスレ眺めるとすげー面白いんだよなあ、これが。

     *     *     *

A「3つ目の洞窟で手に入る槍さあ。イベント入手の割に弱いよな?」
B「え? いやあれ属性武器だから相手選べば強いよ、山岳のボス3発で倒せる」
A「何ァ!? 俺あれスゲェ苦労したんだぞ!? もう売っちまったよ!」
C「そんな武器あったっけ? 俺最初にもらえる剣からずっと変わってないんだけど」
B「え、ほらあの槍持ったボス倒すともらえるあの槍」
C「いやだからそれ何。ヘンなハンマーなら手に入れたけど」
A「俺そっちの方知らねえよ、どんな武器だよそれ」

     *     *     *

 みたいな。
 ゲームに関する雑談ってのは、大抵の場合面白いものなんだが、ゲームの絶対数が少ない昔ならいざ知らず、これだけゲームが溢れ返っているとなると、自分が楽しんでいるゲームと仲間の遊ぶゲームとが違うことなど珍しくも無い。それどころか、仲間がもうゲームそのものをやってないことも当然のようにあるわけで。そういうときに、2ちゃんみたいに気軽に雑談ができる場所があると非常に有難い。

 「別に普通の攻略サイトの掲示板とかでもいいじゃん」とか言われそうだが、2ちゃんは匿名でカキコできる分普通のサイトよりも『何気ない雑談』をしやすいとこがあって、それがなんだか居心地いいのよな。まーそれでもNGワード的な一言であっと言う間に荒れたりするから、スレ住人の傾向とかスレの雰囲気とかを見定める能力は必須だし、気軽に雑談できるとは言っても相応のルールってのは存在するんだが。それを守れない輩がウザがられるのは、普通のサイトでも2ちゃんでもいっしょ。


03月27日(日)

 ちと前の日記の訂正。新潟市の武器屋である『Mr JUNK』ですが、この店、通販専門の無店舗形式オンラインショップとのこと。直接来店でも歓迎はしますが、外回りや買い付けのため留守のことも多いそうで、それ故に通販専門という形式を取っているそうです。というわけで、来店などする場合は事前に連絡お願いします、とのことでした。

 ところで俺は花粉症で死にそうです。

 そんな状態だったので今日はずっと寝たりWizXTHやったり家の手伝いしつつ過ごしました。ゲーセン行こうと思ってましたがそれも断念しました。『りんね天翔あどばんす』も届いたし『五月雨』もやりたいし『シャイニング・フォース ネオ』もやりたいとこですが、とてもじゃねえが動的ゲームなんてできやしねえです。

 ところで『シャイニング・フォース ネオ』ですが、これ開発がネバーランドカンパニーだったのな。SFC『エナジーブレイカー』とかDC『ロードス島戦記』とかSFC『エストポリス伝記』とか『カオスシード』とかDC『アスカ見参』とか作ったとこ。
 個人的にこのメーカーは好きなので安心して遊べそうだ。

 あとネットをフラフラしてたら『ふしぎ星の☆ふたご姫』という作品を見つけたのだが、絵柄の可愛さがダメ系お兄さんであるまはまんさんのハートをガッチリキャッチ。
 つーか普通に可愛い系の絵柄がたまんねえ! あざとい感じが全然ねえのがたまんねえ! 色使いがやわらかでたまんねえ! ほっぺたやわらかそうでたまんねえ! 頭身低めで(以下10万文字削除)!!

 なんでもアニメ版ももうすぐ放送らしいな。テレビ東京のほうのサイトで予告を見たが、なんとなく『夢のクレヨン王国』を思い出したのでこっちも観たい。新潟では放送しねえけどな! ちくしょう!

 ちくしょう……放送さえすれば全話居間にあるDVDレコーダーで録画して焼いて部屋のPCで1週間に3回は観ること間違いなしでドハマりするのに! 少なくともそれだけのポテンシャルは感じ取れるのに! ちくしょう! ちくしょう!!

 それと、『戦闘の監獄』は買ってなかったりするのです……気にはなるのですが、外伝IIIの偉い人が今作にも関わっているとのことで、今は様子見の最中です(『外伝III』は前半ダラダラ後半インフレというゲームだったので印象が悪い)。XTHが面白いから後でいーやと思っているのも大きいですけどね。

 明日は剣振って攻撃するタイプのアクションゲームの話でもしようか。


03月26日(土)

 先日紹介した『Mr JUNK』だが、いざ行く段になって予約してないことに気付き、また誰も正確な場所を憶えてなかったため行くのを断念。
 その代わりというわけではないが、『鉄と日本刀』展に行ってきた。

 この展覧会は悪友白楽が存在を教えてくれたもので、つまり俺は展覧会についての詳しい情報を何一つ得ていなかったのだが、いざ行ってみて展示物のクオリティの高さにビビる。素人目に見ても明らかにこう、何か違う。何がと言われると困るが、とにかく違う。
 と言いますかですね、展示されている刀を打った人というのが人間国宝の天田昭次という方だったんですが、どの刀も見ていてグウの音も出ないようなオーラ放ってました。言葉も出ないというやつでした。場の雰囲気というのもあるんでしょうが、決してそれだけではなかった。

 そいで展示されていた刀の中に『小烏丸』があったのがWiz好きとしては嬉しかった、天田氏の写作だそうなのだけれどそれでも上記のようにクオリティは並大抵ではなく凄かったです。日本刀なのに切先から峰の途中まで刃がついていて(つまり刀の真ん中あたりまで両刃)、少し変わったつくりじゃのう、と思ったのですが、解説文に『古代の剣から日本刀への転換期の間に作られたことが伺える』てなことが書いてあって成程と思った次第。

 他にも七支刀や、直刀の七星剣なども展示されていて見応えありました。いや眼福だった、次があればまた行きたい。

 ところで。俺は今日『シャイニング・フォース ネオ』を衝動買いしました。理由はまあ以下参照、2ちゃん家ゲRPG板のシャイニングフォースネオスレ11章より転載。

172 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2005/03/25(金) 21:09:07 ID:YfG9nUuY
>>159

だな。
一つだけ誤解無いように言っとくけど、みんなが面白い!と言ってるのは
システムとかバランス、まさしくゲーム的な部分。
物語とかキャラクタはあんま重要視してない。
ぶっちゃけFFのように物語を進める事に意義があるようなゲームじゃない。
だってみんな、寄り道しまくってるからねぇ。しかもサブイベントとかではなく、
ただただ成長とアイテム集めの為に。
あと瞬殺されたら普通は投げ出したくなる所を、笑いながらもう一回とやる
意欲にさせる絶妙なバランスとか。

いや物語部分は糞とは言わないけど、そこら辺は可も無く不可もなくです。

 あと公式サイトのダウンロードページで見れるプロモーションムービーを見て、こう、ズガーンと。
 つーわけでこれから遊びます。


03月23日(水)

 花粉症が酷いのと情緒不安定で上がったり下がったりが激しいのと他にも色々なんか不安定なのでとっとと寝ようと思ったが、ちとローカルながら愉快なニュースが入ってきたので更新。

新潟県新潟市に武器屋オープン『Mr JUNK』

 この店、元は古物商をやっていたらしいのだが、何をトチ狂ったかレッツボルタックということでこの手の商品を扱い始めたらしい。新潟在住の方は行ってみてはどうか。

 なお、この店の情報は悪友白楽からのもの。某所で店の人がチラシを配っていて、それを白楽が貰ったのだそうだ。ちなみに白楽は俺なんぞ目じゃないほどの鈍器大好き人間なので、店の人に「鈍器ありますか鈍器!?」と訊ねたそうな。すると店の人、ニヤリと笑って「ほうらこんなに」と鈍器が羅列されたチラシを見せてくれたそうであり、店の人もかなりの好きモノの模様なので、また新潟はダメオタの聖地に一歩近づきました

 次の土日に仲間引き連れて行ってきます

 『五月雨』は進展なし、とりあえず1ボスのブレス攻撃に対してバリア吶喊したがる癖をどうにかしましょう俺。


03月22日(火)

 ちと前に、通販で『りんね天翔あどばんす亀有発電脳晩餐会)』と『五月雨Amusement Makers)』を注文した。で、今日行きつけのゲーセンに行ったら、店長アイカリー氏が「みやげ」と言ってCDを渡してきた。ブツは『五月雨』。

「あの。俺これ通販して多分今日届くんですが」
「……バカ! バカあっちいけバカ!!」

 ものすごい勢いで罵られました。俺悪くないのに。

 そんな経緯はともかく、『五月雨』である。結局通販のほうは届かなかったためある意味好都合であった。
 家に帰って早速プレイしてみたのだが、ぬう。店長曰く「バリアがあるから『ギガウィング』っぽいけどあれより面白い」とのことだったが、確かにそうだ。つーか『ギガウィング』はバリアが強すぎて少々ダラダラした感じがあった(タクミお得意の派手なだけの弾幕もその感じの一因)が、こっちはバリア展開による防御と、ハイパーによる攻撃との切り替えがテンポ良くって気持ちいい。一見すると弾幕シューティングだし確かにそういう遊び方もできるが、実際プレイしてみると敵の攻撃が切り替わる瞬間を狙って接近→大量に吐かれる敵弾を一気に吸収→そのまま張り付きハイパーで速攻、となる。『ひたすら避けながら撃つ』んでなくて、『避けきってその隙に手痛い一撃』てな流れ。近接攻撃を狙う感覚が近い。

 弾幕シューの体裁を取りつつも、敵の攻撃の途中に接近するための隙がちゃんとあるのがいいのだ。丁度初期から中期にかけての彩京シューに近い……気がする。個人的には『戦国ブレード』のハガネを思い出した。詳細は過去の日記参照

 それにしても難易度高いのう。最初は1面の中ボス越すのがやっとだったわい……今は2面中ボスに突入できるかどうか。コンティニュー使い切れば3ボスまでは行けるが、2ボスの攻撃でどう避けたらいいのかわからんものが幾つかあって困っているところ。なんとかクリアはしたい&EXもクリアしたい。

 あと書き忘れていたが、オプション画面の演出が凝っている割にウザくないのがすげえかっちょええ。オプションモード時に左下に出る時計とか、サウンドテスト時の画面構成&演奏時のウェーブとか、エフェクト関係で結構色々やってるのに見づらいとか邪魔とかそういうのが全然ない。センスいいなあ。

 あー、本当は今日はWizXTHの錬金関係の感想とか、ヤングガンガン買ったから漫画の感想とか、あとdat落ちしたかぼパンスレの1レス目の序文がすげえイカすものだったから転載しようと思ったとか、そういうつもりだったが、まあそれらはそのうちやろう。


03月20日(日)

 WizXTH、全滅のその後。
 何気なく作っておいたサブメンバー(とか言ってるが、人によっては『かんていくん』『ぎんこう』『ああああ』などの名前を与えられるメンバーだ)の活躍によりどうにか全滅パーティを救出。しかし全員石化による全滅だったにも関わらず、救出時は全員が灰になっているという有様で、保健室で蘇生を試みるものの戦乙女と盗賊が天に召されました。つまり消失でありロストです。青空に笑顔でキメです。
 ……あいつら、Vit無かったからなあ。

 今はその穴を埋めるべく、くノ一と魔法使い(後に盗賊に転職予定)を入れてレベル上げの最中。そろそろ終盤戦の予感がしてまいりましたよ。

 ところで最近俺は『ヤングガンガン』なる雑誌を立ち読んでいるのだが、この本に連載されている『すもももももも』というタイトルの漫画が中々良い。何が良いって主人公がデコっ娘なのが良い。つーかそもそも俺がこの雑誌を読むようになったきっかけが、この表紙を本屋で見かけたからなのだ。セーラー服のデコっ娘がちょっとキリっとした目付きで正面見据えてますよ! 俺が読むのは必然ですよ!!

 ちなみに他には『BAMBOO BLADE』という剣道漫画と、短期集中連載の『コスちゃ』なる漫画を読んでいるのだが、これら3作品に共通する要素を考えてみたらどの漫画も主人公がちびっこ女キャラであることに気付いて、ああ、俺だなあ

 他の漫画は適当に流しているのだが、折角だからそのうちきちんと読む予定。でも今号の読み切りの『シールオンライン』はぱんつぱんつないむねぱんつ、といった感じの傾向がわかりやすい漫画だったのでちょっと引きました

『Diablo』PKリプレイまとめサイト『正常快楽殺人』(注意:音出ます)

 『Diablo』のPK(プレイヤーキル、またはパーティキル。他のプレイヤーを殺し、アイテムや金を奪うプレイヤーのこと)として有名だった(らしい)、『D』なる人物の独白形式で語られる物語。衝動的なPKに始まり、裏切り、効率の良い殺し方・奪い方、そして『同類』との出会い・殺し合いなどが読めます。人によっては嫌悪感を抱くかも知れませんが、一気に読み進めるほど面白かったので紹介。

とってもダメダメTRPG紹介『あなたとわたしのアサイレム』 (→馬場秀和ライブラリ

 ダメダメなTRPG(システムとかゲームとしてダメってんでなく、もっと根本的に『人としてそれどうよ』的なダメダメ)といえば、俺としては『パラノイア』が有名どころだと思うのですが、このゲームその比じゃねえよ……。紹介文読みながら目眩がするなんて初めての経験ですわい、たすけてくださいたすけてください。
 なお、リンク先では『アサイレム』のキャラクターシートを見ることができるのですが、……このシートをデザインした方はキチガ……じゃねえ、天才だと思うので、どっか人里離れた施設に隔離……いや、保護しておくべきだと思います。人っ子一人会うことができないように厳重な警備の上で。

 ちうかこのサイト、コスティキャンのゲーム論が掲載されてるサイトだったのな。他のもきちんと読むことにしよう。


03月19日(土)

 WizXTH、宝箱の罠を調査→悪魔の目玉→解除→おおっと→全員石化

 とりあえずセーブしてXbox起動して衝動買いした『キングダムアンダーファイア』に逃避しました。
 どうしようこれから……他のメンバー全員レベル低くて助けに行けねえ……。


03月16日(水)

 ちょっと色々あって気分が滅入ってしまったのだが、家に帰ってサイトのアクセス解析を眺めてみたら当サイトにリンク張ってくださった方がいたようでなんだか報われた気分。ありがとうございます。
 過去にも何度も書いたことですが、わざわざリンクを張ってもらえるというのはそれだけで有難いことです。それ以前にサイトに訪れてもらえるだけでも嬉しいことなのは言うまでも無く。読者の皆様には感謝。

 さて昨日の予告に沿って『Diablo』話。
 ちと前にハードオフのジャンクで『Diablo』が投げ売りされておりまして(ソフトのみ315円)、購入したのですよ。ちなみに古い読者の方は覚えておられるかも知れませんが実はこれ2枚目だったりします。つまり今俺の手元には2枚の『Diablo』が!

 2枚あっても意味ねぇじゃんバカじゃねえの、とか思われるかも知れませんが、しかし例えばですよ、俺が誰かに『Diablo』を布教するため貸し出したとしましょう。首尾良くその人はハマり、マルチプレイにも興味を持ったとしましょう。ですが、今現在、ロビーに該当するBattle.netは廃墟と化しており(未確認だがほとんど誰もいないらしい。まぁ既に昔のゲームだしな)、ネットで一緒に潜ってくれる人を探そうにもやっぱり誰もプレイしておらず、一人で黙々と迷宮に潜る日々。そして……

     *     *     *

「やあ、こんにちわリスくん。どうだい『Diablo』は、楽しいだろう?」
「うん、とても楽しいよ! 数年前のゲームとは思えないよ、すごく面白いんだ! でも……」
「どうしたんだい? うかない顔をして」
「あのね、マルチをやってみたいんだけど、いっしょに潜ってくれる人がいないんだ。みんなMMOばっかりで、目もくれないんだ、しくしく」
「おやおや、それはかわいそうに。でも泣くのはおよしリスくん、ぼくがいっしょに潜ってあげよう!」
「ええっ、本当かい!? ……でもダメだよ、まはまんさんの『Diablo』は、いまぼくが借りているから……」
「はははは、大丈夫さ! こんなこともあろうかと、じつはもう一枚買ってあるんだ!」
「わあ、すごいやまはまんさん!! 衝動買いバカも、たまにはやくにたつんだね!!」
「リスくんは何気に毒舌だなあ。まあいいや、みんなでさっそく迷宮に行こう!」
「え? みんなって?」
「はははは、こんなこともあろうかと、実はウサギくんやキツネくんにも衝動買いした分を貸してあるんだ!」
「わあ、すごいやまはまんさん!! もう本当にバカじゃねえのって気がするけど、とってもうれしいよ!」
「リスくんはやっぱり毒舌だなあ、ははははは」

     *     *     *

 てな感じで遊べるわけですよ。素晴らしいじゃないですか。

 まーそんな妄想はともかく、身内でマルチをやりたい気分がちょっと湧いていたりして、その上で都合いいよなと思って2枚目を購入したのは事実だったりする。
 確か1年くらい前に悪友白楽と一緒にマルチをやったことがあったのだが、当時は互いにネット環境がナローでラグが酷かったし、ゲームしつつ会話するのに手間取ったし、俺はやたら火薬ダルに突っ込んでダメージ受けるし、白楽はナチュラルに俺に矢を射掛けてくるしで非常にトホホなゲーム内容だったのだ。

 今は俺も白楽もADSL環境だし、会話は事前に合図を決めておけばいいし、タルや同士討ちはそうならないよう頑張ろうってことで、再度プレイしてみたかったりするのだ。できればもう一人くらい身内を巻き込んで。
 つーことで身内の誰かに『Diablo』貸すかも知れぬ。

 微妙に私信めいた内容になってしまったが、まあ許せ。


03月15日(火)

 残念! 今日は『更新頻度が明らかに低下した絵師サイトについて<不名誉なリンク集>』の話で盛り上がろう! と嫌なベクトルのやる気を出していたのに、当のページが消え失せちゃったよ!! いや残念!! ホント残念!!
 つーかあんなに他所様に向けて堂々とケンカ売るなら、せめてもうちょい頑張って欲しかったんだがなあ。面白いから

 一応何があったか、かいつまんで説明しておくとだ。
 まず、mixi(ミクシィ)と呼ばれるコミュニティがある。これは招待されることにより参加できるという形式を取っており、参加しないと輪の中で何やってるかは見えないしくみになっている。
 で、上記のリンク集を作った人は、「お前等mixiばっか更新してサイトのほうはほったらかしかよ! ムカつく!! 潰してやる!!」てな具合に、テメエ勝手なカンチガイ正義感を炸裂させて、mixiのほうにかまけてサイトの更新が滞っていた連中を片っ端から晒していたわけです。「悪意で動いてる」とか堂々と公言して。
 それがあんまりに愉快痛快だったから今日はいいネタが手に入ったなあと思っていたのに、上記のように消えちゃってもうトホホだ。重ね重ね残念!!

 しかし件のリンク集を消したのは、本サイトの雑記を読む限り、『自分のやってることが如何に不毛で我が侭な行為であるかを理解したから消した』んではなく、『怖くなって逃げ出した』だけにしか思えないあたり、どーにもこーにも救いが無え。バカじゃねえのこいつ

 この後彼はきっとサイト閉鎖→そして伝説へ→伝説から神話へ→神話からお笑いへ、というシナリオを辿ることになると思いますが、いつの日か、彼がこのことを振り返ったときに『あの頃は俺も若かった……』と笑えるようになることを願ってやみません。まぁアレだ、若いっていいよネ!!

 で、明日はXTH話の予定。もしくはディアブロ話を予定。迷宮ゲー楽しいー。


03月13日(日)

 5機設定黒往生。2周ALL達成。残1ボム0。

 残6で2-5突入、道中で2機失いつつ嘘避けの神様の力を借りて黄流ジェット蜂ノーミス突破、残4ボム0ハイパー1で緋蜂突入。開幕ハイパーでオーラ撃ち→死亡、画面下部に逃げてボム2発使って高速弾を凌いで(既に避けなんて言えない)螺旋状弾に対し正面を陣取りながらの撃ち込みでレッツ洗濯機。後は画面下に逃げて撃ち込みつつ弾が来たら避けずにボム×2、ボムが切れたら気合避け&ハイパー待ちという流れで勝利。
 5機設定でスタートして残1での勝利なので、出荷設定だったら緋蜂戦で終わっていたわけだがまぁ勝ちは勝ちだ! 頑張った俺! よくやった俺!!

 それにしても、疲れた。普段まずないレベルで集中していたせいか、終わった直後なんて腹は痛いわ吐き気はするわで何が何やら。とは言え面白かった。
 つーことで次は残2以上でのクリアを目指したい次第。その次は白往生ALLを。でもその前にケツイ裏2周もやりたい。まー、頑張りますわい。


03月11日(金)

 5機設定黒往生。残2で緋蜂突入→残体力1割まで、残3で緋蜂突入→残体力8割まで。
 緋蜂開幕はハイパーが無かったら画面下部でボム使って生き延びる方向で。無敵時間フル活用。

 当たり前な上にとてつもなく今更だが、自分に対して念のため。
 正直俺の実力では白は無論黒緋蜂にも勝てない。いずれは勝てるかも知れんが今は勝てない。ついでに言うとジェット蜂も怪しい。よって嘘避け・超反応ボムなどの運を引き寄せること、そしてそのために戦略レベルで勝ちに行くこと。実力は最後の最後までとっておくこと。負けを認めるようではあるが。

 黒緋蜂を墜とすかXTHがEDを迎えるまではこんな調子の日記が続きそうな予感。

 と思っていたらニュースですよニュース。
2005年発売予定『The Legend of Zelda(仮称)』動画公開

 うん、いいから観ろ。理屈は抜きだ。話はそれからだ。


03月09日(水)

 5機設定黒往生。残3ボム0ハイパー1で緋蜂突入、残体力2割ほどまで。

 俺の直前に先日の日記に書いた人がプレイしていたんで、折角だからとその人のプレイを拝見したんだが、色々と安定度の高さが伺えて面白かった&勉強になった。頑張ろう。

 あと酒呑みながらシューティングはやっぱダメっぽいですな。ただ酔ってるときは確かにダメなんですが、俺は過去経験からして酔いが覚め始めたときが一番調子良い(気がする)から不思議なとこです。

 世の中には、酔拳みたいに酔えば酔うほど弾避けやパターン構築が上手になる人とかもいたりするんだろうか。もしかして。

 あと週刊ヤンマガで隔週連載してる『みなみけ』という漫画が面白いのでお勧め。同じ作者さんの『今日の5の2』はなんか合わなかったんだが、こっちはすげーツボにハマった。


03月08日(火)

 PS2大往生、それなりにプレイを重ねてはいたがどーも先に進めず、一体何が悪いのかを考えてみた結果、ゲームするときに常に酒を側に置いておくのが一番悪いと気が付いた。
 俺はただゲームを遊ぶだけだと妙に口寂しくて困るので、大抵何か飲む物を用意しておくのだが(ゲーセンでも)、家ゲーというのは休日でもない限りは夜に遊ぶわけで、そうなると呑んだくれ人間にとっては晩酌というのが基本であって、ステージクリアの合間に注いで呑んで注いで呑んでを繰り返せば当然進めば進むほどに酔いは回って操作は怪しくなるわ敵弾は把握できなくなるわ軌道は読めなくなるわ反応は鈍るわでさあ大変だ。当たり前だ

 よってプレイ中にはちと酒を控えることにしてみたらすんなりと2周目突入。それでも5機設定でクリア時残2だったし(つまり出荷設定なら残0)、2-1道中でうっかり被弾→即ゲームオーバーであり2-1ボスにも到達ならずだったが、まぁ先に進めたので良しとする。

 あと少し思うところあって部屋のゲーム機やらモニタやらの配置変えを兼ねて掃除なんぞしてみたんですが、何時買ったのかわからない本や貸したままどっかいったと思っていたゲームや存在を完全に忘れていたCDやらが出てきて楽しかったですヒャッホー!! 地層発掘のヨロコビをここに!!(死ね)

 ところで存在を忘れていたわけではないのだが、掃除の最中久しぶりに読んだ、木城ゆきと氏の『灰者』がすげー面白かった、引き込まれながら読んだ。そしてそれと同時に『銃夢 LastOrder』はやっぱりつまらんよなあ少なくとも『銃夢』にはずっと劣るよなあと思って切なくなった。

 ついでに言うと絵もこの頃のほうがかっちょええと思う。影の使い方がイカスのだよ。
 ……ただ木城作品は、一度読んでから時間を置いてまた読むと評価がプラスに跳ね上がることが多々あったから(『銃夢』もそうだった。元々かなり高評価だったけどな)、もしかしたら『LastOrder』も時間を置いて読むと面白く感じるのかも知れぬ……知れぬ……。


03月06日(日)

 結局緋蜂は墜とせず終いでした。こんなモンだちくしょう

 『Wizardry XTH』、メインパーティが13レベルに到達。ゲーム内の展開からしてそろそろ中盤戦かと思われる。呪文やスキルもいい感じのが揃ってきた。
 さてこうなってくると今度は転職(XTHでは転科となっているが)を考えたくなるが、なんつーかウチのパーティはおしなべて能力値が低くトホホである。そもそも俺はレベルアップ時にステータス上昇を狙ってのリセットをやらん人で(Wizではレベルアップ時にステータスが上がったり下がったりする)、それは今作でも同様だったんだが、今作は妙にステータスが下がるのだ。少なくとも今までからは考えられないほどに下がりやすい。ホビットの盗賊なんて素早さと運以外全部6とか7とかいう有様で、もうこいつ一生盗賊貫くしかねえのかなあとか思うと泣けてくる。ちなみに素早さと運は23だか25くらい。
 リセットも已む無し、かなあ。

 また、今作では職業によって憶えていられる呪文の数が決まっていたりする。
 例えば僧侶で全呪文を憶えて戦士に転職した場合、今までならば僧侶の呪文は全て使える戦士になれたが、今作ではレベル毎に1つずつしか憶えていられない(他の職業ならもうちょい憶えていられる、例えば君主ならばレベル毎に3つずつ憶えていられる)。その他の分は忘れてしまい、しかも憶えなおしたりしてくれない。一応どの呪文を残すかを選択することはできる。
 そのため、今作では転職に対して考えることが色々と増えたということができる。

 しかしこの呪文数制限のシステムは結構いいシステムだと思う。俺は所謂万能キャラがあまり好きではないのだ。魔法使いと僧侶の呪文を全て使える能力値オール18のLv600ニンジャとかに全然魅力を感じない人なのだ。多少クセがあるとこを上手く遣り繰りして自分好みにするのがいいのであって、最終形態は全部同じとかだとちょっと萎えたりする人なのだ。そして、『XTH』ではこの呪文数制限により単純な万能キャラを作りにくくなっていて、そのあたり好感が持てる。

 まー、Wizは『万能キャラを作らずとも進めるけど、作りたい人は手間暇かけて作ればいい』という遊びの広さも魅力だったので、それが狭まったという考え方もできるんだけど。よって、このあたりは好みの問題という気もしないではない。
 余談だが、このあたりを考えるたび思う、初代Wizは本当に遊び方の幅が広いゲームだったのだなぁ……と。やるなロバート・ウッドヘッド。和訳するとロバート木頭

 『XTH』は欠点も相当あるし総じて微妙なゲームではあるので、手を出すのを躊躇っている人は素直にスルーしたほうがいいと言ってはおくが、俺は買って正解だった。久しぶりにRPGが楽しくてしょうがねえ。


03月04日(金)

 昨日の話だが、行きつけのゲーセンにて大往生黒版(5機設定)を2周ALLしている人物を発見。常連の人なのだが以前からクリア寸前のところまで行っていたので、何時クリアしても不思議ではなかったが……先を越された感じだ。ぬう。

 でもこういうことがあるとモチベーションを維持できて良いですな。なお俺の本日の成績は緋蜂戦突入まで。この土日にはなんとかクリアしたい、でなくとも2周目道中の安定を狙いたい。

 ……とか言いつつ家では『XTH』やるんですが。今月末に出る『戦闘の監獄』や『サマナー』も期待半分不安半分で見守っております。『戦闘の監獄』はパワーゲームになってなければきっと買う。


03月02日(水)

 『Wizardry XTH』、敵を倒して拾ったクズ武器を分解してその素材でいい武器を合成して遊んでいたらゲームが全然進まなくなった。合成楽しい。

 

 さて、割と品薄感のあったこのゲームも明日になれば再出荷されると思われるので、現時点での感想でも書こうと思った……が、先月の27日と28日に書いた分がほぼ全てなんだよなあ。
 俺は最後まで楽しめると思うが、他の人が楽しめるかというと正直疑問だ。だって俺自身全然期待してなかったから。遊ばなくなったゲーム売って臨時収入があったことと、先月のクソ詐欺業者ワールドレックスフューチャーズのせいで衝動買いでもしないと腹の虫が収まらない状態であったが故に手を出したんだ。「ネタ程度にでもなればいーや」ってなノリで。

 そんな気持ちでプレイしたために楽しめている可能性が高い。下手に期待していたらプレイ数分でソフト売りに行ったかも知れん。よって、これから買ってみようという人は期待するな。お兄さんとの約束だ。

 ……でも個人的には当たりだった。正直不満点を解消して続編を出して欲しいくらいだ。

2ちゃんXTHスレまとめ『えふめも:ウィザードリィ エクス 〜前線の学府〜』(→えふめも FFXI

 2ちゃんスレで出た合成情報やレビューなどのまとめが載っております。購入の判断や攻略のお供に。

カオスブレイカー お絵かき掲示板(→カオスブレイカーまとめサイト

 長く望まれていたカオスブレイカーのお絵かき掲示板が! ついに!

 しかしこのゲーム本当に面白いと思うんだがなあ。地上戦での遣り取り(所謂差し合い)が意外と丁寧に作ってあるんだぜ、シューティングの合間にでも遊ぶことを推奨。


2月分 ← 一覧 → 4月分

戻る
inserted by FC2 system