RAP両用回路 作成編 第4回

09/06/01 アップ

作成編 第3回へ RAP改造のトップへ戻る 作成編 第4.5回へ
色々に戻る
トップに戻る 



前回基板の真ん中の1列半田付けが終わりました。その続き。


残ってる側の抵抗とコンデンサの足をこんな感じにお互い曲げてくっつけます。
曲げたらニッパーで余分な長さは切ります。


1k抵抗を写真の位置に挿します


基板中央に近い側の足を曲げて、さっきのトランジスタと10k抵抗の足とくっつけ、余分を切ります。


足3つが繋がるように半田付けします。1回の半田付けで1箇所をまとめてやるのではなく、
3本の足それぞれ半田付けするとキレイに出来ます。


最後の部品、ダイオードを挿します。
ダイオードは取り付け方向があるので、写真をよく見て確認して下さい。

トランジスタ←---(1k抵抗)---(ダイオード 【帯】)---→スイッチ
の向きです。


ダイオードの足を1k抵抗の残った足とくっ付ける様に曲げて余分を切ります。


半田付けします。最後にダイオードの残った足を外向きに曲げて切って


半田付け。基板にしっかりくっ付けるためにダイオードの足は2箇所に半田付けしました。


トランジスタの真ん中の足を、配線を半田付けするために必要な分だけ残して切ります。

これで配線8本分の完成ですー。基板をひっくり返して、残り7本分も同じ様に作ります。

残りの回路は線対称にこう作ります。トランジスタの向きが逆になる事に注意。
真ん中の赤い線で全ての部品が繋がってます。ここが+1.8V線になります。



最後に1.8V線に電線を1本生やしたら完成でーす。

次回、パッドとレバーに配線します。




作成編 第3回へ RAP改造のトップへ戻る 作成編 第4.5回へ
色々に戻る
トップに戻る
inserted by FC2 system