RAP両用回路 作成編 作成上の注意事項(重要)

09/06/01 アップ

解説編 第4回へ RAP改造のトップへ戻る 作成編 第1回へ
色々に戻る
トップに戻る 



実際の作業に入る前に注意書きです。

この変換基板で共用が上手くいくかは、当然共用相手のレバー回路にもよります。今回はPS2基板を対象にしているので、相手の共通配線がGNDである、という事を前提にしていますので、共通線がプラス線だったりそもそも共通線が無いレバー基板相手では動作しなかったり、最悪相手の基板を破損する恐れもあります。そのあたり十分な調査と覚悟をしてから改造して下さい。

++++++++++++++++++++++++++++++

相手のレバー基板の共通配線がGNDかどうかの調査方法

テスターを用意します。

●導通チェックで各ボタンで繋がってる線があるか探します
→共通線が無いよ:残念ながら諦めて下さい。

●共通線があったら、基板剥き出しのままレバーをゲーム機本体に繋いで電源を入れます

●適当なスイッチの足にDC測定モードにしたテスターを当てます。共通線に黒、ボタン線に赤のテスター棒を当てて下さい。
→電圧が+だった:おめでとう。共通線はGNDです。変換基板が使用できます。
→電圧が−だった:共通線は+線です。

こっちも相手も共通線がプラスの場合、どっちにも変換基板を入れてGND共通同士にすれば安全に共用できる。変換基板無しでそのままくっつけた場合、動くかもしれないけどプルアップ電圧の違いでパッド基板が壊れる恐れもあったり無かったり。




解説編 第4回へ RAP改造のトップへ戻る 作成編 第1回へ
色々に戻る
トップに戻る
inserted by FC2 system